そして平和が訪れて、勇者でない僕に出来ること。

作者 木林藤二