青嵐―誠の未来へ―

作者 初音

26

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

また途中まで読了したのでコメントです。
歴史好き、とくに幕末好きならば文句なしに楽しめる!
主人公の思考にフフッとわらえるところも多く、またとにかく兄上のキャラがかわいらしい・・・大好きです。
出来ないことをがんばっていく主人公の姿に惚れ惚れします。
ぜひおすすめです!

★★★ Excellent!!!

第二章までのレビューです。
幕末の京都に紛れ込んだ女子高生が、ひょんなことから新撰組で暮らすことに。歴史上の人物やエピソードをベースにタイムスリップというSF要素がミックスされストーリーは進みます。
本作の面白さは第一章と第二章が複雑にからみあって進む事が大きいと思います。それまで偶然に思えた事柄がそうでも無いとわかり、謎が解けていきます!