二十四節 「泥濘」

Ep.24‐1 約束と想い出

 その日のことを、今でもよく覚えている。群青色の空を縦横無尽に駆け巡る色とりどりのネオン。暗闇の中、希望を照らし出すように金色に光り輝くソーサーや箱舟。そして何よりも、あたしの両手を握って時おり高く上げてくれる両親の手の温かさ。まるで夢の世界に迷い込んだようだった。絵本の中のお姫様になったかのようだった。

「パパ! ママ! あたし、次はあれ乗りたい!」

 遊園地の真ん中のメリーゴーランドを指差して、幼いあたしは言う。

「あれはまだ早いよ。もっと大きくなったらだな」

 そう言ってパパはあたしを肩車する。世界がさあっと開けていく。

「さあ、もうそろそろ帰りましょうか」

 ママが時計を見て呟いた。幼いあたしは名残惜しくて、まだ全然遊び足りなくて、

「ええ、帰るの? もう帰っちゃうの? やだよ、あたしパパとママともっと一緒にいたい」

 パパとママは困ったように顔を見合わせる。

「いつか好きな男の人が出来たら、その人とまた来なさい」

「ええ、そんなの出来るわけないよ。だってパパとママより好きな人なんていないもん。作らないもん」

 幼いあたしはふくれっ面をして抗議する。両親に突き放されたようで悲しくなったのだろうか。あたしは目を伏せた。

「ダメよ、そんなんじゃあ。春にはお姉ちゃんになるんだから、もっとしっかりしなきゃ。お腹の子にもあなたの優しさを分けてあげてね、約束よ」

 ママは大きく膨らんだお腹を愛おしそうに撫でて言った。

「うん……わかったよ。約束する! あたし、優しいお姉ちゃんになる!」

「よし、良い子だ」

 パパがあたしの頭を撫でる。あたしは嬉しそうにキャキャッと笑った。……ああ。あの頃は、あたしはパパをパパと呼んでいたんだった。

「名前はもう、決めてあるの?」

 あたしは恐る恐る尋ねる。

「そうねえ、お姉ちゃんの名前とお揃いで、生まれた月の名前にしようかしら」

「ええ、何それ。いい加減」

「自分の名前は気に入っているんだから良いじゃないか」

 パパが笑った。あたしもつられて笑う。

「早く生まれてきてね」

 あたしはママのお腹へ向けて言った。

 そして色彩鮮やかな遊園地を眺めながら、幼いあたしは思ったのだった。こんな時間が、ずっと続けばいいな――、と。


       ◆


 目を醒ますと時計の針は十二を回っていた。半日近く寝てしまったなんて、余程疲れが溜まっていたらしい。向かいのソファーベットでも、葉月が微かな寝息を立てて眠っていた。

ふう、と溜息をつく。

「どうしたのですか、溜息なんてついて」

 マリヤが抑揚のない声で尋ねてくる。

「いや……何か少し安心しちゃって」

 今日は恐らく、ゲームに身を投じてから初めて落ち着けた日だ。

「無理もないな。ゲーム開始から十二日。ずっと戦い詰めだったからな」

 葉月の悪魔、ベリアルはそう言ってマリヤと僕を交互に見る。

「しかし周よ、お前の悪魔は随分とまた風変りなんだな。この毒気のなさ、悪魔と言うよりかは天使の方がお似合いだぞ」

 内心ぎくりとしたが、マリヤは相も変わらず僕の代わりに淡々と受け応える。

「問題がありますか? 私は悪魔として十全に機能しているつもりですが」

「いや、何というかな。人形っぽいんだお前は。作られたモノ独特の精巧さがある。そりゃあ俺たちは創られた存在だから、多少はそうなんだけどよ」

 ベリアルの言葉は、思い出したくもない過去の記憶を僕から引きずり出そうとする。やめろ、やめてくれ。僕はもう、悪魔に戻りたくないんだ――。


 僕がベリアルに静止を促そうとしたそのとき、葉月がのそのそと起き出した。

「ふわあ、おはよう……」

「やっと起きたか」

 契約者に呆れるように悪魔は言う。どうも僕は葉月とベリアルの関係性が掴めないところがある。どちらも思ったことをずけずけと言うタイプに変わりはないが……。葉月は一体彼に何を願ったのだろう?

「あれ、法条さんは?」

 辺りを見回し、思い出したように葉月は訊く。

「出掛けたみたいだ。妹さんのところじゃないかな」

 法条結花――麻里亜の友達だった子だ。彼女は麻里亜の辿った運命を知ったら、どう思うのだろうか? きっと心配しているに違いない。でも、彼女に会って全てを話すのは得策ではない気がした。第一信じてくれはしないだろうし、僕の正体はまだ隠しておいた方が良い。 

「そっか。何か気が抜けちゃったね」

 葉月は不意に切り出す。

「ねえアマネくん、どこか行きたいところとかってない? ほら、記憶、少しは戻ったんでしょう? 何か手掛かりはあった?」

「……ううん、特には」

 嘘だった。麻里亜の部屋に朱鷺山ビル、訪れたいところは沢山ある。けれど僕は気が進まなかった。僕と麻里亜の問題に、葉月を巻き込みたくなかった。

「それじゃあさ、ちょっと一緒に街に出てみようよ」

「え?」

 その申し出は予想外だった。

「いい機会かな、と思って。今まであちこち引っ張りまわしちゃったけど、街の全容を把握する意味でもいいと思うんだ」

 心なしか、マリヤとベリアルは顔を見合わせ、何か合図を送りあっている気がした。

「少し羽を伸ばそうよ。あたしさ、行きたいところがあるんだ」

 ……これは、デートにでも誘われているのだろうか?

「う、うん……。でも、他の悪魔憑きに見つかって戦闘にでもなったら……」

「それは問題ないと思うぞ」

「それは問題ないと思います」

 ベリアルとマリヤが声を揃えて言う。

「魔力感知で半径二キロ内なら悪魔の居場所はすべて把握できるし」

「いざとなれば空間転移で離脱することも可能です」

 息ピッタリじゃないか。何を相談していたんだお前たちは。というかマリヤの能力は僕、ネヴィロスのものを受け継いだ形になっていたのか。何故か少し感慨深いものがある。

「だからさ、大丈夫。空間転移って、触れているものにも効果が連動するんでしょう? 、どこから敵が来てもすぐにここに戻って来れる。法条さんにも怒られないよ」

 葉月がウインクして僕に微笑む。外堀はすでに、埋められていたのか。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます