コラムその6

登場人物紹介その3(第三章読了後にお読みください) 


5.

名前:加賀美かがみアリス

年齢:8

性別:女

誕生日:3/7

所属:美桜市立病院

趣味:絵本を読むこと/空想

容姿:茶髪三つ編み

備考:夢想主義者/純粋


サイン:第二宮「双魚宮ピスケス

権能イノセンス:「奇怪な童話イマジナリー・フレンズ」……自らが想像した幻想生物に実体を与え、使役する能力。召喚された動物は一定のパターンに基づいた攻撃・防御形態しかとれないが、どれも人智を越えた能力を保有する。生物はアリスの想像力によって編まれているため、意識が一瞬でも途切れると能力が解除される。


能力評価:「造物支配系」 A+


願い:「自由になりたい」


悪魔:第八位「大天使アークエンジェルズ」:オリヴィエ


概要:夢想を追い求めるあまり、自分自身が夢想になることを選んだ少女。年の割に頭は良く、葉月たちを翻弄した。彼女は純粋であるが、それは善悪に無頓着であるという意味の純粋さであり、そこに「楽しい」ものが見出せるのならば人殺しも辞さない。かといって全く残忍なわけでもなく、周と友達に馴れたことは心から喜んだり、自分が人から必要とされた時は嬉しさを覚える。彼女の精神は非常に不安定なバランスで成り立っている。



作者コメント……純粋にして残酷を体現したような幼女。本作は外人が出てこないので、今思えばロシア人のロリータとかにすべきだったような。名前はフランチェスカとか。割りと書いていて楽しかったキャラ。十九節はお気に入り。もっと書きたかった。強烈なキャラを意識したんですが、うまく伝わりましたかね?







__________________________________________________________


「作者からのお願い」

この先重大なネタバレを含むので「interlude:少女の夢、少年の祈り」まで読んでいない方はブラウザバックしてください。


作品を最大限楽しんでもらうための作者からの配慮です、どうかよろしくお願いします。


__________________________________________________________







6.

名前:あまね

年齢:??????

性別:男

誕生日:??????

所属:如月家(居候)

趣味:??????

容姿:麻里亜によると、整った顔立ちの青年。

備考:特になし


サイン:第十三宮「虚無宮オフィウクス

権能:「蒼天の光はすべて星インヘリット・スターズ」……他人の権能を再現コピーする権能。条件は①その能力者の顔と名前、能力名を知っている、②能力について情報を得る、③権能の効果を推測して当てる、④実際に能力を発動する場面を見、③の答えを確認する。死んだ人間の能力は再現できない。再現した権能はコピー元より性能が落ちる。


能力評価:「特殊効果系」EX


願い:??????


悪魔:階級なし:マリヤ



概要:十三番目の契約者イレギュラーの正体は、巨蟹宮キャンサー三神麻里亜みかみまりあが自身の権能「わたしを別離さないでネバーエンディング・ストーリー」に願うことに因って人間となった悪魔ネヴィロス。人間化によって悪魔としての能力は失われたが、悪魔に対しては悪魔として判定されるため、概念悪魔、憑依系悪魔にとって天敵となる。性格、気質に特に変化はないが、無意識に「人間でいよう」と気張るあまり、法条には不審がられた。頭でっかちなところがあり、行動が思考に追い付いていないことがままある。三神麻里亜に対する感情は恋愛感情ではなく、親愛に近い。



作者コメント……一応は彼が本作『Desire/Disaster』の主人公となります。ここまで長かった。正直やりすぎなくらい伏線を張っていたので分かった人も多かったとは思います。因みに一番最初に喋ったキャラなので実は麻里亜よりも主人公適性があったという。なお、人間名「周」はヴィロスから来ている。




おまけ


名前:三神麻里亜


宮:第六宮 巨蟹宮キャンサー


権能:「わたしを別離さないでネバーエンディング・ストーリー」 ……自らの命と引き換えにを実現する能力。「願いを叶える」という能力の特性上、願いに基づいた他者の権能を再現コピーできる(再現自体は命を引き換えにせずともできる)。また、術者である麻里亜の精神は「実現した他者の願いを観測するための概念」(言うなれば叶えられた願いも能力の一部である)として麻里亜に願いを叶えて貰った他者に縁のモノへと受け継がれる。


能力評価:「特殊効果系」 EX


願い:「ネヴィロスの願いを叶えたい」


作者コメント

:し、本作の主人公の片割れは間違いなく彼女です。彼女を忘れないであげて下さい。Ep.7-1「そして少女は(死んだ)」は個人的に今までの話の中で一番の神回です。この回を超える回を生み出せるよう、頑張ります。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます