interlude:少女の夢、少年の祈り

 人間である周、悪魔であるネヴィロスの意識は夢の中で溶け合い、一つの情景を形作っていた。彼女を巡る物語の中で綴られた、奇跡とも呼べる邂逅。それは夢が見せた幻惑だったのかもしれない。それでも、今の彼にとっては本物に違いなかった。


       ❖


「お久しぶりですね、ネヴィロスさん」

「麻里亜……」

「どうしたんですか、暗い顔して?」

「麻里亜、ごめん。ずっと謝りたかった。僕が君を巻き込まなければ、こんなことには」

「でも、。葉月さんに暁さんにしぐれちゃん。素敵な仲間に巡り合えて、よかったじゃないですか」

「でも、本来なら僕は……」

「人間とか悪魔とか関係ないです。私にとってあなたの願いを叶えらえたことは、喜びなんですよ。だから否定しないでください。今を、肯定してください」

「ありがとう、麻里亜。僕は君のためにも……」

「駄目です、全然わかってないですよ。私は私。あなたはあなた。仇討ちなんて考えないでくださいね、ネヴィロスさん。あなたはあなたの、あなただけの戦いをすればいい。だって、あなたの願いはたった今、叶っているんだから――――。有効活用しないと損でしょう?」

「わかった、わかったよ麻里亜。僕は」

「……そろそろ本当にお別れみたいです。短い間だったけど色々とありがとうございました。これからもこの物語を、続けていってくださいね」

「麻里亜!」

 それはほんの一瞬の再会。夢の断片が見せた、彼にとっての細やかな贈物こうふく


       ❖


 視界が開ける。見知った仲間の顔がそこにあった。だから僕は歩き出す。今はまだ、現実うんめいが受け入れられなくても。一歩一歩、少しずつでも。


       ◇


 三神麻里亜は死んだ。彼女の物語は終わった。


 けれど。


 彼女の夢は、願いは彼の中で生き続ける。


 物語は再度、始まりへ至った。


 これからは――彼の物語だ。


 かくて悪魔は、少女と出逢った。




/第三章 「Alice in Murdergame」――了



  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます