Ep.9‐2 桜杜自然公園にて(後編)

 皆が皆、黙り込んだ。考えていたのは彼女の提案に乗るか乗らないか、だけではない。罠ではないかと考える者もいた。ただただ怯える者もいた。全員が集まる場で不意打ち、二、三人仕留める好機だと考える者もいた。最初から行く気などない者もいた。

 だが、誰しもが、葉月の言った場所に心が向いていた。ゲームの初動は、そこに行かなければ解らない。いわば桜杜自然公園は最初の分岐点。ゲームの、勝敗の行く末を左右する第一の決定打。葉月の休戦協定に賛同しない者たちの心さえ、傾きかけていた。他の悪魔憑きの顔を一目見、寝首を掻く算段を練るだけでも、行く価値はある――――。

「私は、獅子宮レオさんを信じます。彼女は嘘は言っていないと、私は思います」

 宝瓶宮アクアリウス――――朱鷺山しぐれは安堵していた。殺し合いなど起きないのだと、良識のある人がいて良かったと、彼女が安心しかけていたところに、

「忘れたのかい? お姉さんは巨蟹宮キャンサー天蝎宮スコーピオのどちらかを殺してるんだよ? ひょっとして両方かもしれない。僕たちはやっぱり信用できないな」

と、双児宮。

「罠だ、罠に決まっている。行ってたまるものか。その女にみんな殺されるぞ」

 白羊宮は怯え切っているのか、錯乱さくらんして言った。

「大の大人が情けないな。言わせておけ。君に非はない。礼を言おう、君のおかげで私は自分の使命を全うできそうだ」

 天秤宮は葉月に理解を示したのか、少し嬉しそうに言った。

「そろそろお開きで良いかな、ボクはもう眠いんだ」

みかげは欠伸あくびをして言った。

「君たちに与えられた最初の試練は獅子宮レオの提言に伸るか反るか、に決まったわけだね。各人よくよく考えておくといい。楽しみにしているよ、誰が生き残るのか。それじゃあ今日はここまで」

 以上が初回のイントロダクションの全容だった。

 葉月の大立ち回りが、これから更なる波乱を巻き起こすことに、彼女はまだ気づいていなかった。


       ◇              


 葉月と周が家を出た所から時は少し遡って、七月三十一日、午後十時三十分。

 深夜の桜杜自然公園中央広場に、ふたつの影があった。

 一人は年端もいかぬ少女。右手には絵本を持っている。髪をおさげにして纏めており、愛くるしい服に身を包んだその姿は、穢れを知らぬ姫君を思わせる。彼女は双魚宮。傍らには彼女を守るかのように佇む少年の悪魔。

 対するのは異形の人間だった。いや、彼は一人ではなかった。彼は腰のあたりでもう一人と繋がっている。シャム双生児――――結合双生児と呼ばれる、身体の一部を共有したタイプの珍しい双子である。紛れもなく、彼の位階クラスは双児宮だった。


「来ると思っていたよ」

 双児宮が言った。

「あのお姉さんの言うことが本気であれそうでないあれ、困るんだよね。折角手に入れた権能をさ、捨てるなんてとんでもないよ、君もそう思うだろう、双魚宮?」

「ええ、そうね。あたし、この能力のおかげでやっと友達が出来たのに、困っちゃうわ。また一人になるのはいや」

 彼女は少し表情を曇らせて言った。

「そうだろう、だからさ、あの怖いお姉さんが来る前に戦おうじゃないか」

「受けて立つわ。ねえおかしなお兄さん。その隣にくっついているお人形さんはなに?」

 途端に、双児宮が激した。

「姉さんを、人形って呼ぶな!」

「きゃあ、怖い、あはははは、おかしなお兄ちゃん。安心して、すぐに殺してあげる!」

 右手に持った絵本をぱらぱらと広げ、彼女は唱える。

権能イノセンス――――『奇怪な童話イマジナリー・フレンズ!』」

 瞬間、彼女の持った絵本が光を放ち、ページが裂けた。その亀裂から現れたのは、一頭のドラゴン。幻獣の頂点に君臨するといっても過言ではない、神秘の具現。彼女の権能は、「自身が想像したを絵本を媒介にして召喚する能力」である。無論、ドラゴンそのものは実在しない。だが、。彼女の権能は、そういった想像上の生き物を現世うつしよへと喚び起こす。想像上の概念を汲み取り、実態を与える権能である。無論、幼い少女特有の豊かな想像力は彼女の権能に絶大な追い風を与えていた。

「いっけえ、消し炭にしちゃえ!」

 竜のあぎとが重々しく開かれ、翠緑すいりょくの炎がほとばしった。成すすべなくほむらの中に飲み込まれる双児宮。彼女が勝ちを確信した次の瞬間、常識では考えられないことが起きた。双魚宮は目を見張る。信じられない、というように。

「嘘、だよ、そんなのありえないよ」

 

 双児宮は凍った炎を避けて、焦げ目一つないまま再び彼女の許へ姿を現していた。口許に勝ち誇ったような笑みを浮かべて。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます