interlude: 長い夜の終わり、新たな始まり

            

 気付けば、あてどなく道を歩いていた。自分の名前を思い出そうとして、何も浮かばないことに気付いた。自分がどんな顔をしているか、どんな境遇だったかの記憶さえ、綿あめのように溶けてしまった。僕は――何だ?


「やあ。久し振り」

 声を掛けられた。視界がぼんやりとしているせいで、相手の相好も判らない。

「いやあ参っちゃったよ。まさかこんなイレギュラーが起こるなんて完全に予想外。どうしようか悩んだんだけどねえ、決めたよ。ボクは君を認めよう。君の存在を許そう。おめでとう、君は

 十三人目? 僕が? 一体なんのことだ?

「ま、本当はルール的に限りなくアウトに近いグレーなんだけども。君は面白いからね。面白いっていうのは、大事だろう? 少なくともボクはそう思ってる。それじゃあ、残り十一人、頑張ってね。応援してるよ!」

 好き放題に話した後、相手はどこかへ消えてしまった。

 どこか懐かしいその声を頼りに僕はまた道を彷徨さまよい始めた。


       ◇             


「ちょっと、君大丈夫?」

 突然、揺り起こされた。

「平気? 頭とか痛くない? 駄目だよ、こんなところで寝ちゃあ」

 どうやら本気で心配されているらしかった。

「あたしは如月葉月きさらぎはづき。……ほら、さっちゃん。あなたも挨拶しなさい」

 きさらぎ? はづき? 変な名前だ。

「如月、皐月さつきです」

 傍らの小さい人影がそう言った。

「あなたの名前は?」

 鋭い頭痛。僕は……。僕の名前は……。

「あ……ま……ね……」

「アマネ? なんだか女の子っぽい名前ね。まあいっか。それじゃあ、ついてきて。うち案内するから」

 彼女はそう言って、僕の手を引き歩き始めた。まだ頭の中のもやは晴れる気配を見せない。それでも、どうやら僕の物語じんせいは、ここから始まるらしい。

               


        /第一章 「三神麻里亜の五日間」――了


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます