浅葱色の桜

作者 初音

70

25人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

新撰組×女主人公モノながら、恋愛面に重点を置くのではなく、一人の武士として生きようとする主人公の成長を丁寧に描いた作品は珍しいのではないでしょうか。文章は読みやすく、登場人物の心理描写や時代背景の説明もしっかりしているため、誰でも抵抗なく物語に入り込めると思います。とても面白い作品なので、是非読んでみてください。

★★★ Excellent!!!

『新選組にもし、女性の隊士がいたら』—――創作では、繰り返し書かれているテーマでですが、丁寧に描かれていて心に迫ってきます。史実に準じているストーリー展開ゆえ、安心して読めます。性別や身分、時代を越えて共感すること必定。
ていうか、作者さまの勉強度、半端ない! 

いくつもの試練を乗り越えて前に進む主人公の姿に、ぎゅーっと惹かれます。何歳になっても応援したい。『がんばれ、さくらちゃん!』。

また、事件の間の日常パートでも、登場人物の個性が際立っていて、なごみます。自分は土方さん推しですが、近藤さんも総司も井上さんも永倉さんも左之さんも平助くんも、みんな素敵。芹沢さんだってかっこいいんですもの。捨てキャラ皆無。

最新話では、山南さん脱走シーンまで進んでいますが、果たしてどこが着地点でしょう。見届けたい!

★★★ Excellent!!!

主人公さくらの思想と成長を、まるでさくらと同じ目線で見守るような物語の在り方が読んでいて堪らなく面白かった。
文章も読みやすく綺麗で、浅学な私の目線ながら時代背景にそぐわない妙な点もなく、楽しく読めた。展開も山あり谷ありで決して飽きさせない。
時代物が広い範囲で好きだという人にとてもオススメです。

★★★ Excellent!!!

 新選組を題材にした物語ですが、主人公は近藤勇でも土方歳三でも、沖田総司でもありません。これは「新選組の中に剣術に優れた女性がいたかもしれない……」という発想(一つの説として存在しています)から生まれた、「近藤さくら」という女性が主役なのです。

 確かに「近藤さくら」という女性は、本来は存在しません。しかし彼女は、この物語の中で本当にその時代に生きているかのように感じます。それだけでなく、緊迫する戦闘シーンや、この時代に生きた人たちの息遣いを丁寧に描いているところがこの作品の魅力でもあります。

 文字数が30万字をこえておりますが、ダイジェストもあります!
 「長いから……」と敬遠せずに、さくらが幕末に生きる志士たちと共にこの世界を駆け抜けて行くところを、読んでみてはいかがでしょうか!

★★★ Excellent!!!

文句なく面白い大河小説。その一つの解答がここにあります。

幕末を描いた作品は数多く、武士や剣士の活躍が中心に据えられることが多い。この作品も、新選組の面々を主役とする武士と剣士の物語です。

でも、この作品は他の幕末小説とは一味違います。それは、主人公の近藤さくらが女性剣士として新選組に関わってゆく、という斬新な設定だけが理由ではありません。

第一に、登場人物の心の機微の描き方が素晴らしい。喜怒哀楽、年齢に伴う変化、時代の影響。すべてが確かな筆力で表現されています。

第二に、すべてのエピソードが重要な意味をもち、彼らの人生の一部を成している。読者は彼らのすぐそばに立ち、幕末を生きる彼らの日々を追体験できる。まさに大河小説の醍醐味です。

第十話時点では、有名な人物が続々と登場しつつあり、彼らの成長とともに物語も広がりを見せる予感がしています。

これからの展開が楽しみな、ぜひお薦めしたい作品です。