浅葱色の桜

作者 初音

24

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

文句なく面白い大河小説。その一つの解答がここにあります。

幕末を描いた作品は数多く、武士や剣士の活躍が中心に据えられることが多い。この作品も、新選組の面々を主役とする武士と剣士の物語です。

でも、この作品は他の幕末小説とは一味違います。それは、主人公の近藤さくらが女性剣士として新選組に関わってゆく、という斬新な設定だけが理由ではありません。

第一に、登場人物の心の機微の描き方が素晴らしい。喜怒哀楽、年齢に伴う変化、時代の影響。すべてが確かな筆力で表現されています。

第二に、すべてのエピソードが重要な意味をもち、彼らの人生の一部を成している。読者は彼らのすぐそばに立ち、幕末を生きる彼らの日々を追体験できる。まさに大河小説の醍醐味です。

第十話時点では、有名な人物が続々と登場しつつあり、彼らの成長とともに物語も広がりを見せる予感がしています。

これからの展開が楽しみな、ぜひお薦めしたい作品です。