鳥籠の中

目覚めれば、見慣れた天井。

重苦しい香の匂い。

気怠い体をゆっくり起こせば鍵が外れる音がして、扉が開く音が聞こえる。

ああ、また朝が来たのだ。


「おはよう、黒貂。よく眠れたか?」


……はい。貴方様のお陰で。

そう言えば目の前の男は至極、嬉しそうに笑った。

そんなはずないのに。

この男は知らないのだ。

朝も昼も夜も変わらず、この窓さえない部屋で過ごしている私の気持ちなど。


「君は相変わらず美しい」


悦に浸った笑みで私に近付き頬に触れる。

そして軽い口付けをする。

もはや日課。いつも通り。

そこに愛もなければ、心すらない。

ただ空虚に過ぎる。


「すぐに朝食を用意するからね」


その言葉に私は仮面を貼り付けるかのように微笑んで頷く。

それに満足したのか男は私に背を向けるが、扉に手を掛けたところで振り返った。


「そうだ。今度ね、うちのチームに新しい子が来るんだ」


思い出したように言う彼の言葉に、私は耳を傾ける。


「オルディネが狙ってる子だけど関係ないよね。君と年が近い女の子みたいだから、話し相手になるかと思って」


話し相手……それはなんて悲劇なんだろう。

自分のような者がまた一人増えるなんて。


「ん?あぁ、安心して黒貂。僕は君しか愛してないから」


私の表情を見て何を思ったかは知らないが、この男はつくづく愚かで低能だと思う。

そしてそんな男に囚われた私もまた、愚か穢らわしいと思う。


それでも願わずにはいられない。

誰かが来てくれるのを。

こんな私の手を取り、ここではないどこかへと連れ去ってくれる人を。

叶うはずはない夢だど知っていても。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます