第39話 動き出す世界

 アデニ氏の墓前に花を手向けてから凡そ2時間後、TwelveThinkr代表クロウから連絡が入り、アキラ、ユラナ、マリア、サクラが食堂へと集まる。


 サクラは私がダウンロードしておいた絵本をアキラとマリアに読んでもらいながら、じっとしている。


『皆揃ったようだな』


 その一声と共にホログラムウィンドウが展開される。相変わらずクロウは烏の仮面を被り、素顔を表に出そうとしない。しかし仮面の下からでもよく分かる。相当頭にきているな。


『アキラ、ユラナ……お前達やってくれたな。好き勝手に暴れまくって……使っただろう? 〈天照〉と〈太陽天〉を』


「悪りぃ。やっちまった」


「出力は最低に押さえていたわよ? 何か不味かったかしら?」


 どうやら各所の天文台から微弱ながらガンマ線を観測したらしい。D.Dのガンマ線レーザーと二人のオブジェクトによるものだと推測されるが、微弱で済んだのはD.Dが散布した分子マシンの影響だろう。厄介な事になるという事はこう言うことか。


『そのせいで核兵器が使われたのではないかと、ちょっとした混乱になっている。悪いが二人には少しの間、ほとぼりが冷める謹慎してもらう』


 妥当な判断だ。アキラとユラナは肩を竦め合う。屁でもないのかそれとも甘んじて受け入れているのか。


『お前達、私とラスティの苦労を何とも思っていないだろう? まぁいい。それよりもだ、これを見てくれ』


 今にもはち切れそうな白いTシャツを着て、筋骨隆々のボディビルダーが音楽に合わせて次々とポージングしていく映像。〈その強度、まさにモンスター〉などと女性声優の声と共にテロップが流れる。


 繊維のトミオカのCM。ゲノム編集により蜘蛛の糸を生成するかいこを開発し、モンスターシルクという繊維で世界シェア90%を誇る一大企業。アキラ達が着る服の繊維もトミオカ社製だ。


「繊維のトミオカがどうした? かいこがどうかしたか?」


「……やめてくれる? 私が虫嫌いなの知っているでしょう?」


「お母さん、かいこってなーに?」


「蚕っていうのはね。糸をはく虫さんの事で、その糸がお洋服になるんだよ」


「変なの? ゆー姉ちゃん、虫嫌いなのに、お昼ごはやん、美味しいって食べ――むぐっ!」


「ち、ちょっと何言ってるのかなっ!? サクラちゃんっ!?」


 無邪気にも虫料理の件を危うく口にしそうになったサクラの口をマリアが咄嗟に塞ぐ。だがそれも虚しく――


「……お昼……って、あんた達まさかっ! またなのっ!? またやったのっ!?」


『やかましいっ!! 話が先に進まんだろうがっ!!』


 青ざめたユラナが血走った目でアキラとマリアに迫り、騒がしくなった食堂をクロウの一喝が静める。


「今は虫などどうでもいい。問題なのは、このCM明けの映像だ」


 途中からであってがCM明けの映像は、

例の培養肉に関するニュースであった。知らずとはいえ、幾つもの慈善事業団体が利用していた。人肉という言葉を伏せているのは報道規制だろう。異常プリオンによる健康被害とだけ伝えている。、解説者コメンテーターは多くの慈善事業団体の信用が損なわれたと報じていた。


 次のニュースに移ると、これにより各地での暴動やストライキが取りだたされた。


 それは概ね培養肉を卸していた企業を含むAPHRPAアジア・太平洋人類種保護連合系企業全般に対するものであり、ある地域では鎮圧に当たったTHAADとの武力衝突により多くの犠牲者が出ている。


 また別の番組ではリアレートで起こった事件についての討論番組を行っており、評論家達がTHAADの体制批判、そして一連の事件がERCU地球環境保全連合に対するテロではないかとの見解を示すなど、結構まとを得た議論を白熱させている。


『まぁ、こんな具合だ。情報筋によればTHAAD内でもかなり混乱が生じているらしい。それに伴って海洋都市M.Uで毎年再来月8月に行われるチャリティフェスティバルについて、自粛という話も出ていたのだが――』


『それについては、わたくしからお話しします』


 画面の端から現れた一人の白いワンピース姿の女性。ウェーブのかかった金髪のショートボブが少しあどけない印象を受けるが、その気品に溢れた落ち着いた物腰は、資産家の令嬢を彷彿させる――というより、そのものなのだが。


 ツェツィーリエ = シュヴァイガー。


 温室効果ガス削減事業を生業とする大企業、シュヴァイガー・グリーン・フィールド・インダストリー社の現社長で、Ercu連合評議会への出馬を気に一線を退いた父親の後を継いだ。我々との関係は、生前カーナが通っていた大学の後輩で、決して人を色眼鏡で見ないカーナを慕っていた。


 当時カーナが大学を辞めてTwelveThinkerを創設する際に出資して貰った経緯があり、以来身内同然の付き合いだ。


「ツェツィーじゃねぇか? 久しぶりだなっ! っても、旅立つ前にあったか」


「久しぶりね。ツェツィー、元気だった?」


『ええっ! アキラさんっ! 四ヶ月ぶりですっ! それとユラナさんもお変わりないようで』


「……それと? 私はついでか……」


 やはりと言うべきか、扱いの差に眉を潜めて、ユラナは肩を落としている。


『お前達、仮にも彼女は内のスポンサーだぞ。言葉使いに気を付けろ』


『いいんですよ。むしろアットホームな感じが私は大好きなんです』


「……ツェツィー……」


『あら? 貴方は……?』


 思わず懐かしさのあまり、彼女の名前を溢してしまったのだろうな。


 マリアは全員の視線を浴び、一際ツェツィーの怪訝な視線を浴び、哀愁が募る間もなく当惑する。


『マリアさん……ですよね? 医師団から来た。私と同じ戦場成れしていない育ちの良い方には大変だったでしょう?』


 ――始まったか。


 ツェツィーの照準はマリアに合わされている。言葉の一つ一つが刺々しい。


 2、3年前になる。アキラがTHAAD辞めてカーナに誘われM.Uに来る時、クラスは違うが偶然乗り合わせた航空機内で起きたハイジャック事件で、事件事態はアキラと私がものの数分で犯人達を無力化してしまったのだが、その際人質になったツェツィーを救って以来、彼に好意を抱いている。


 アキラとカーナが結婚を期に諦め、そして亡くなってからも、傷心に付け入りたく無いと自粛していたのだが――


「いえ、医師団でも危険な場所に派遣されまし、それにお陰でこの子と会えましたから」


 マリアがサクラを抱き上げ、ツェツィーに見せ――否、見せつけて不適な笑みを見せた。


『え~と、その子は?』


「私とこの人の娘です」


 場が一瞬で凍りつく。


 てっきりマリアは大人の対応であうらうと思っていた私にとって、逆に徹底抗戦の構えを見せ正直驚いた。


『なっ!? なんですってぇぇ!? いつの間にそんなっ!? 尻込みしている内にっ! これがNTRネトラレっていうものなの?』


 発狂して訳のわからない事を口走り始めるツェツィーに、呆れた果てたユラナが溜息混じりに、間に入って今までの経緯もサクラを引き取る件も含めて説明する。


「――というわけだから落ち着きなさいツェツィー。マリアもそんな意地の悪い事を言わないっ! 特にアキラ、ちゃんとフォローしろっ!」


「ちょっと何を言っているのか分からねぇが、娘なのは事実だけどな」


 アキラは何が起きているのか分からない様子。その鈍感振りにユラナは頭を抱えている。私も抱えられる頭が合ったら抱えたいものだ。やれやれ……


『もういいか? さっきから話が進まん。ツェツィー嬢、続きを』


『……そうですね。アキラさんの娘なら私の娘も同然、誰が母親になるかは追々決めるとして――』


 未だ火花を散らしているマリアとツェツィー。この二人、本当に仲が良かったのか?


『チャリティフェスティバルの件についてですが、例年通り行います。ただその裏で各国の革命家や思想家達で会合がもたれることになりました。内容は現THAADの体制に対する対応と、暗躍する執行者の存在についてです』


 経緯は違うがD.Dの思惑通り、リアレートの一件が烽火となったという事か、チャリティフェスティバルなら、人権保護や環境保護を唱う革命家や思想家が集まるのに打ってつけだ。むしろろ自然と言える。それを隠れ蓑に監視を逃れ、秘密の会合がもたれるのか。


『TwelveThinkrの皆さんは、不幸な事に執行者との遭遇回数、交戦回数ともに多い、そこでアドバイザーとして、その会合に参加してもらいたいのです』

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます