【ボーンデジタル特別施策】素敵の距離÷2”朗読・台本版”


 電撃文庫のYoutubeチャンネルで堀江由衣さんが朗読される内容です。

 ”素敵の距離÷2”は短編ですが、ハイライト部分を編集し、単独で一作に

なるようにしてあります。朗読の味を感じる一助として頂ければ幸いです。


↓動画視聴はコチラから↓

https://youtu.be/lvE3dbo5UFI


==================


 

 朝、彼が向いの木の下で一息を吐いているのを見ると、うれしい。

 300メートルくらい離れた位置に、木があるんです。そこに毎朝彼が上がって来る。

 向こうはこっち知りません。こっちも向こうを知りません。

 だけど私は彼を見てる。私は朝、それなりに着替えて勾配こうばいの上に行ってますけど、彼の方は同じジャージ。ジャージと結婚するんですか君……、ってくらい学校でもずっとジャージですが。

 そう思う自分を自覚するようにはなりました。

 

 ●

 あー。

 どうなんでしょう。

 コレ、アレですかね。

 勘違いだといいと思います。

 私、そういうの、すっごくけてるはずで。

 

 ●

 参った。参った。参りました。

 いや、勘違かんちがいでしょう。だって、ろくに話したこともない。

 飛び越えすぎです、と、心の中で警告けいこくが出っぱなし。

 だけどこれはいけない行為。推しが近くにいるからと言って、答えを求めてはならない。

 踏み込んで、というか、そこをすっ飛ばして、どんだけダメージ食らったのか憶えてます。

 今はえられるのか。

 それとももっとひどくポッキリ行ってしまうのか。

 

 ●

 朝、勝手な思いをはべらせます。

 昔のことをよく思う。

 ずっと昔、勝手な思い込みの恋というか、本の真似事をしたとき、どれだけ手痛い目に遭ったのか。

 あれと同じ事になったら駄目です。

 あれと同じ事になったら、同じ結果になります。

 同じ事になったら駄目。

 

 ●

 でも、この状態は、何の真似事まねごとでもないでしょう。

 

 ●

 参ってしまった。

 

 ●

 そして最終日。私が学校に最後に行く日。

 私がいつもいる場所に、彼が立っていました。

 もう既に始業のかねが鳴っているのに、そこにいます。


「……え?」


 何故。

 いえ、解る。解ってる。だって私がここにいるのは何故か。

 

 ●

 彼が、私が来るのを待っています。

 

 ●

 でも何故。

 解りません。だけど、始業のかねが鳴り終わっていって、


「あ」


 何をすればいいか。

 私がまだしていないこと。

 しなければならなかったこと。

 それは、


「……!」


 声を上げました。

 驚くほど大きな声が出ました。馬鹿みたいに、子供みたいに声を遠くへと

 

 ●

 届いて。

 これまで見ていただけだった貴方あなたに、私の意気地いくじよ届いて欲しい。

 


 ●

 すると、彼が手を振ってくれました。私の声に気付いて、手を振ってくれている。

 ああ。

 何てこと。

 何てこと!

 何てこと……!

 私の思い込みで、勘違かんちがいで、一方的な何もかもは、届きもしていなかったです。

 だけど通じていました。

 300メートル。

 その距離きょりを今、詰めていく。

 あちらとこちらで、私達はそれぞれ応援し合って、それは多分、奇蹟きせきで。

 

 ●

「うん」


 急ぎましょう。

 多分、彼の方が足が速いので、こっちに先に来ます。

 でもそこから手を引いて、行く場所は決まってます。

 今、私、すごく人生ハッピーな世界の住人の顔してますよ。

 さっきの声に驚いて、通りの人達が窓やドアを開けるのも、祝福しゅくふくに見えるくらい。

 空いていた300メートルを詰めていく。

 ああもう、恥ずかしくて死ねます。

 死にたくなるほど素敵すてき


==================





「電撃文庫ボーンデジタル」から初登場!「朗読してみた」特別編!!


 電撃文庫のボーンデジタル作品『川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り』は、川上稔が贈る最高にハッピーでグラッとくる珠玉のラブコメ短編集。

 小説投稿サイト「カクヨム」にて連載された短編をまとめた短編集で、本作は電子書籍のみでの配信となります。



◯作品名

『川上稔 短編集 パワーワードのラブコメが、ハッピーエンドで五本入り(1)』


◯収録短編

「素敵の距離÷2」


◯あらすじ

 恋愛成就の「告白の木」が三本もある町。

 その一本をお気に入りスポットにしている私と、ある日、対岸の丘にあるもう一本の木の下に現れた黒のジャージ少年。

 300メートルの、安全な、卑怯な思い。


▼作品詳細や購入はこちらから!

https://dengekibunko.jp/product/powerword/322007000302.html

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

川上稔がフリースタイルで何かやってます。 川上 稔/電撃文庫 @dengekibunko

★で称える

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

フォローしてこの作品の続きを読もう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ