ダメサーの王子達”年末の光”

●どんな話よ●


 東京、八王子の山奥にある八王子山の上大学にて、勝手に作られた”ダベるメンズ・サークル”通称ダメサーの面々が、毎度テキトーにダベったり学生生活をして行く話をテキトーにザッピングで。



●登場人物●


■王子・総志:男。二年。リーダー。王子グループの次期頭首。製紙関係。世界の中心系。今回不出場。


■白川・鳳凰:男。二年。ゴダイゴ。ホーちゃん。元ヒッキー。情報収集系。泊と付き合ってる。今回不出場。


■四方山・隆:男。二年。ヨモ、サル。修理工場。チンピラ系スポーツマン。長身イケメンだが残念系。


■女王・桜子:女。二年。花子。女王グループの次期頭首。レジャー系。泊の後輩。学連副長。名字は”めのう”。名字の読み方は”めのう”。


■泊・寬美 :女。三年。カンミ。会長。イッパク。やるときゃやる元会長。白川と付き合ってる。名字の読み方は”とまり”。今回チョイ役。


■郷里・祐理:

 女。二年。ゴリ。ユリ。スポーツ特待生枠。桜子の友人。意外とまとめ役。


---------------------




●今回は放課後に正門近くのロータリーで、というあたりです。



「あら、祐理、どうしましたのこんなところで。また”潮騒”で被害に遭いましたの?」


「いや、私そんなに金欠に見えるかな……」


「あら、これは失礼」


「それ、ゴリのこと思い切り金欠に見てたってことだぞ?」


「いえ、そういうのを含めて失礼って言いましたのよ?」


「つーかヨモ君、私のこと、どう見える?」


「うちの学校の平均的住み込み学生」


「四方山君、そんな酷いことを女の子に向かって……!」


「いやいやいやいや桜子、全然フォローになってないんだけど」


「あら、これはまた失礼しましたわね。でも、うちの平均的住み込み学生って、どういうビジュアル的特徴ですの? 祐理はそれなりに服装とか気をつけてますわよね?」


「そんなこと無関係に平均気温が麓より二度低い格好を好む」


「アイタタタタタタ」


「言われてみると祐理、確かに私、今日は”あ、マフラーしてきたら良かったですわね”と思ったら、貴方の方では完備してますわね」


「しかもコートのポケットからフリース手袋がハミ出てるとか。しまっとけよ」


「ヨモ君、私のカーチャン……?」


「でも実際、言われてみると重装備ですわね」


「いや、日が暮れるとこっちは急激に気温下がるから、ヘタすると帰宅途中で凍死する」


「何言ってんだ、と思ったけど、マジで冷えるからなあ」


「そうなんですの?」


「うちが車とか納品したり、しくじったのを回収とか修理にいくときあるだろ? それで学校の方の坂上ってると、いきなり窓が白くなったりする」


「気温差……」


「気温差もだけど、山の中の気流があって、フツーの道とかに見えても特定範囲だけ冷気が降りてくるところがあるのよね。流石に一年半も住み着いてると”あそこがダメージゾーンだ”とか憶えて身構えるようになった」


「何処のRPGだよ」


「祐理、完全に他人事ですけど、秘境生活は大丈夫ですの?」


「あー、私、歩きだから大丈夫だけど、事故凄く多いんだって。窓がいきなり凍結したりするから」


「あー、麓の小学校の教員がよくやらかす」


「そうなんですの?」


「ああ、この前、軽音の小崎がPV第二弾を下の野原で撮影したら、家庭訪問中の教師が視線を奪われて車ごと用水路に落ちてな」


「あー、永遠の十八歳案件。最近また午後二時半くらいに下で集団下校放送入ってるのソレの影響か」


「あのPV、小崎先生の後ろを右から走ってきた車が、先生の後ろに入ったところで左に出なくなったのは、編集で消えたんじゃなくて落ちたんですのね?」


「それそのまま証拠物件になってない?」


「というかよく考えたら窓の結露の事故じゃありませんわよ、それは」


「まあ最近のホットなニュースだからな。とはいえ実際、窓の結露がいきなり来て脱輪するの多くてな。場合によっては木とかに激突して事故る」


「あー、下の川にベンツ落ちてるのが橋から見えるとこあるよね。あれも?」


「いや、あれは小学校の校長が深夜に脱輪して事故ったとき、別業者が出たせい」


「二重事故にでもなりましたの?」


「いや、家まで運ばせた校長が回収費用踏み倒そうとしたから、業者が笑って同じ場所持って行ってクレーンで投げ落とした」


「まさかのダイナミック案件」


「不法投棄ですわよ……!」


「まあそういうの多いんだ。ゴリはどういう土地に住んでるかちょっと自覚しとけ」


「いや、私、あまりそういうの無関係で行きたいなー、というか、免許そろそろ仮免入るんだけどね」


「あら、御目出度う御座います。車の用意は出来てますの?」


「実家の方で買い換えるっていうから、古くなるの貰うつもり。これで学校との行き来で二度低い服装から脱出出来るかなあ」


「聞いてると、寒さは相当ですわねえ」


「んー、私、静岡の出だから寒さ強く感じてるだけかもしれない」


「静岡とそんなに差があるか?」


「いや多分四度くらい差があるんじゃないかな。でも全然平気な人はいるし、やっぱり私が寒がりなだけかも」


「平気な人って、どういう風にですの?」


「いや、幅跳びのレギュラーやってる三年で、知ってる? 鴈田先輩、ガンダって読む名字のアレ」


「あー、北海道から来たウガンダ」


「何ですのそれ」


「いや、名前が鴈田・憂なんだけど、ウガンダからの帰国子女で、名前書くときYU・GANDAって書いておいて”ユガンダ呼ばれるとキヅツキマース”って無茶言うから皆でもうウガンダ呼んで本人も納得してる」


「アレはそういう話だったのか……」


「一時期ガンダルフって呼ばれてたけど映画見せたら”レゴラスいいですネー”って言うから部内の女子が”レゴラス×ガンダルフは有りかどうか””いや逆””ガンサウよ! 心の目が合ったの!”とか無茶苦茶になって関東大会出られなくなりかけたからウガンダに戻ったけどね」


「どういう話ですの?」


「コーチが述懐して”徳の高さを間違えた”って言ってたけど、そういうものかも」


「陸上なんだからそこら間違えんなよ。――で、そのウガンダが何だって?」


「うん、冬でもノースリーブだったりするから、”ウガンダ先輩、寒くないんですか”って言ったら”暖房ーキグあるからダイジョウブ!”って」


「文明あんのか」


「うん、話聞いてみたら、野菜とか貯蔵出来るヒーターがあるって」


「それ冷蔵庫の裏面じゃありませんの?」


「アー、そんな気もしてきたかな。話聞いてるときは変な機械想像してたけど。でも部屋の真ん中置いてあるって言ってた」


「御神体かよ」


「やっぱり寒さは感じてるんじゃないかな?」


「というかウガンダからの帰国子女で何で寒さに強いんですの?」


「いや、日本での実家が北海道だから。でも本人、ルックス凄い色白美人で、高跳びの筈が幅跳び得意だったから、何かすり替わってる疑惑がチョイチョイある」


「もう何が何だか本人以外に解らねえな……」


「無茶苦茶ですわねえ……。って、話すごく戻しますけど、何で二人ともここに?」


「ああ、だから”浜辺”の年末メニューで”ビーフシチュー”が半端なくマズくてな。それで”浜辺”出るときにゴリと鉢合った」


「ヨモ君が”おい、ビーフシチューがマズいぞ!”って、挨拶ソレかい、って感じで」


「そしたらゴリが”え!? じゃあ、ちょっと試してくる! 待ってて!”ってな」


「それでホントに試しましたの?」


「うん。何だろう、アレ、どう考えてもマズくなる筈がないものがマズいと、ちょっと驚くよね」


「”潮騒”の方だと何らかの化学変化が生じたとか、そう言えるんだが、”浜辺”だからな……」


「どういう味でしたの?」


「うん。ルーの半分くらいを、間違えて黒砂糖突っ込んだような味」


「それホントにそのままじゃありませんの?」


「うーん、そうかなあ。やっぱそうかなあ。私、”潮騒”に一般学生より行ってるから、自分の舌に自信持てないんだよね」


「そんな味覚壊れたヤツにも伝わるマズさか……」


「いやアレはちょっと上手く言えないけど何考えてるんだろ。でもまあ、”浜辺”出たらヨモ君がこっち待ってて。何してんの? って言ったら怒られたわー」


「お前、”待ってて”とか言っておいて、お前……」


「祐理もそういうとこありますけど、四方山君もそういうとこありますわよね……」


「でまあ、私、教習所に行くのにバス待ちで、ヨモ君も何か暇だったのか付き合ってさっきの感想戦」


「そういうことでしたの。でもまあ、まだ日の出てる内で幸いでしたわね」


「うちの学校、山に囲まれてるようなもんだから、冬期の日の入りが二時半だからなあ……」


「そういや、まだロータリーのライトアップとかしないのかな? 昨年はやってたよね」


「あら、よく憶えてますわね。確か、高尾山の大テラスから見えますのよね?」


「うん。冬場の構内ランニングの際、凍死しかけたらロータリの照明を抱きしめて暖とってたからよく憶えてるんだよね。あっちの柱の赤いライトが凄く具合良くて”赤い恋人”って呼んでたら、砲丸投げの太い先輩に彼を奪われちゃって……」


「祐理! 祐理! 虚空を指さしても何にもなりませんのよ!」


「ああ御免御免。去年の厳冬を思い出して意識トブところだった」


「照明で暖房とか、冷蔵庫とあんまし変わらねえ文明レベルだな……」


「先輩達、早いから先にセミみたいにしがみついてて卑怯なのよねー……」


「うちの陸上部、かなり強い筈ですけどビミョーに信憑性が無くなってきたような……」


「でも今年はライトアップないのかな? 去年はアレだよね? 協賛みたいなのついて、ケーキ屋の双子人形とか、フライドチキンのオヤジ人形がクリスマスツリーの格好して立ってたけど」


「アレ、今年は確か、中止だぞ?」


「え? どうしてですの? 暖をとって感電でもした馬鹿が出ましたの?」


「桜子、何でこっちから目を逸らして言うかな?」


「いや、ここ、山梨側から無茶苦茶強い風が吹くだろ? だから去年、ロータリーとあっちの経済A棟と薬学棟の三点で吊してた電飾と照明が、風に煽られてブッ千切れて落ちてな」


「危ないですわねえ」


「ああ、やっぱ電飾もケーブルは中に電線入ってる訳でさ。それが風に煽られたのと張力で鞭みたいになったらしくて、下にあった双子人形やオヤジ人形が両断されてたって」


「両断」


「協賛は大丈夫でしたの?」


「聞いた話だが、両断された人形、美術部に持ち込まれてな? 何とか貼り合わせて修復しようとしたら接着剤の溶剤が強すぎてちょっと中央の接面がトロけて中央寄り目の左右幅が狭くなったとかで」


「それ、駄目な修復じゃあ……」


「ああ、でも美術部、作業支度金貰ってたから焦っちまって、クライアントの事務課に”大丈夫です! 写実派から印象派に時代が変わっただけですよ! あ、大丈夫です! 溶剤吸ってません! 正気ですよ!”って言ったら今年の予算が大幅削減されたらしい」


「後半が無ければ少しは聞いて貰えたかもしれませんわね……」


「いや、駄目だと思う」


「でな? それとは別で、風で寄せられた電飾と照明がこのロータリーでピカピカ光ってたんだけど、高尾の方からだと、こう、円形? 何かデカいミステリーサークルが光ってるとかで通報されてな……」


「ああ、去年の冬、会長がこんなこと言って騒いでましたわねえ……」


--------------


「ねえねえ桜子ちゃん! 昨日の儀式見た!? UFO三台くらい呼べそうな派手なヤツ!」


--------------


「呼べたの?」


「消防車は八台くらい召還出来たらしいが、また草野の嫁が放火したのかと思われて警察までやってきてな」


「何かまたろくなことになってませんわねえ……」


「うーん、じゃあ今年は暖がとれないかー……」


「いや、照明や電飾はそういうためのもんじゃねえから。違うから」


「まっとうな意見が貴重に感じるのは何故ですの……」


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る