ガンバルローグ

作者 水野 藍雷

473

166人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

チートに寄らない痛快なストーリーと主人公の抱える設定はチョロ読者である私にはクリティカルだった。
キャラの個性が際立っていてそれを見事に表現するものだから、登場人物達が動く様が目に浮かぶ。
他のレビューを見るになろうからの追っかけも多く、現在更新が再開されたこの作品が、かつて書きかけのまま止まってから数年経ってなおファンがついてきていることからこの作品の良さがうかがえる。
また、作者様がこの作品の更新を再開する前に長編を完結させているのも好印象。
是非とも追いかけていきたい作品である。

そして最後に一言。
汚い!ローグ汚い!

★★★ Excellent!!!

姉に無理矢理ぎみに誘われたVRMMO。
パーティに居ないからと不人気ぎみのローグでプレイさせられて
コソコソとシーフ(コソ泥)プレイをする羽目に。

だが素早く回る気転と鍛え上げられていたプレイヤースキルで
ゲームを進める内に、その仮想世界の中で自身が諦めかけていた望みが
実現できる可能性に気付く。

そこから彼は自重を捨てて突っ走り始める。
PCかNPCかに関わらず、多様なスラングを使い煽りまくり
不意をついてブン殴り全てを奪い去るローグ(強盗)プレイに走り出す。
兎に角ペラの回し方が秀逸で、粋で景気良い前向きな挑発がステキな作品。


数年前になろうで読んだ時の記憶で書いているので不正確かも知れないが
主人公が吹っ切れる辺りからの啖呵の軽妙さと派手さにワクワクさせられる秀作。

★★★ Excellent!!!

「中途半端だった3章を削除して、キリの良いここまでの投稿にします。

続きはいつか、カクヨムに投稿すると思うけど、今は全く計画を立ててないので、何時になるかは分かりません。」(小説家になろう)

こう書き残し、止まっていた作品の時が再び動き出す……!

楽しみ!