魔道師スレンと宿命のディストピア

作者 ふじさわ嶺

20

7人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

学園もののファンタジーという王道のジャンルではありますが、読み進めるうちに独自の世界観に引き込まれました。
登場人物と魔法の設定がしっかりと組まれていて、親近感が湧きます。
人々の出会いや冒険の要素も丁寧に描かれ、「守り人」シリーズや『デルトラ・クエスト』などが好きな私としては、大満足の作品です。
こんな作品を待っていた!
読後の感想はこの一言に尽きます。
一気読みの爽快感がたまりません。

★★★ Excellent!!!

非常に平易で淡々とした文体ですが、自分はそこが気に入りました。
読んでいて情景が浮かびやすく、読ませる文体だと思います。
他の方も言っていますが、ストーリーの方は変に奇をてらう作品が多くなった昨今には珍しく、ド直球の王道という感じです。
親代わりの狼と主人公の会話で、某ジブリ作品を思い浮かんだのは自分だけでしょうか?
人間に興味のある無知な少年が、垣間見る前世の記憶に悩みつつも、人とふれ合って自分を見つめ直しながら成長していく。
実に原点回帰という呼び方の似合う王道ファンタジーです。

★★★ Excellent!!!

狼に育てられた少年が素っ裸のまま、町に出てしまう。そこで様々な人とのふれあいによって、本来の人間性に目覚めていく。魔導師としては異質の身体能力を持ち、まわりを取り巻く人々とのふれあいで人として成長していく物語です。
ぜひ一読あれ。