睡ること、生きること。

作者 木子あきら

たえなる故郷は」への応援コメント

このエピソードを読む

  • 故郷ってこういう場所ーーというのが想像できて、雄大な気持ちになれました。

    すべてが、こんな風に書けるなんてすごいなと思ったのですが、

    “ねむれる夜に 落とした羽根があることを ながれて西へとゆくことを”
    のところの発想にはとりわけ驚かされました。

    作者からの返信

     cypressさん
    ありがとうございます。
    いろいろな、おとぎの種をくれる故郷のことを書いてみました。
    “ねむれる夜に~”は、(夜だからか)自分でも気に入っているところです。

    2018年5月23日 22:21