ヒカリ輝く新事業①

始まりは清倫の提案からだった。






「新事業の立ち上げ・・・?」


「ええ。」


「だから、今はそれどころじゃないだろって。人手足りてねぇんだから。」


「人手はほとんど必要ありません。」


「・・・どういう内容だ?」


「今まで私達がやってたことを動画サイトでやるってことです。」


「私の子会員に見所のある男がいます。彼をプロデュースし、動画経由でカモを集めるんです。」


「なるほど、動画か。商材は?」


「投資関係の情報商材にしようと考えています。」


「投資ィ?何で?」


「人生に失敗している連中が希望を見出すものが二つあります。」


「ギャンブルと、投資です。実際、情報商材にはそういうものがかなり多いでしょう。」


「確かに。」


「ギャンブルや投資というのは、失敗者達の「一発逆転思考」を突いた商材なんです。高確率でハメられます。」


「まぁ分かる。ただ、投資つっても色々あんだろ?」


「正直何でもいいですね。株でも為替でも不動産でも。彼らの人生を変えられるような“匂い”を出せれば。」


「搾取の方法は大きく三つあります。一つ目は、投資情報を販売する。二つ目は、仕手を含めたゴミ株、ゴミ通貨、ゴミ物件を販売する。三つ目は、自分達の作った取引所を利用させる。」


「どれが一番儲かるんだよ。」


「そうですね。まず投資情報を売りつけ、自分達の作った取引所で取引手数料を取り、ゴミ投資案件を売買させればいいと思います。」


「いいじゃねぇか。商材は儲かりそうだ。それに、確かに動画サイトは伸びてるし、注目度も高い。」


「でしょう。」


「だが、軌道に乗るまで時間がかかるんじゃねぇの?」


「そこをどうにかするのが、私のノウハウですよ。多分、堂徳さんの得意分野も必要になります。」


「あっそ・・・。じゃあ、やってみるか。」


「実はもう、その子会員を待たせてます。紹介しても?」


「用意がいいな。はいどうぞ。」


「輝村!こっちに。」














「輝村です!よろしくお願いします!!!」



「ああ、よろしく。」


昔どっかの本屋に、「面接は入室後5秒で決まる」みたいな就活本が平積みにされていたのを思い出した。

なるほど。第一印象ってのは、確かに大事だ。


歳は20代中頃だろうか。

細身で、顔はそれなりに整っている。

そしてこいつの目。目を見れば、頭の回り方も大体分かる。

馬鹿の目はもっとおぼろげだ。





「・・・なるほどね。」


「結構良いでしょ?」


「まぁ、良いんじゃねーの?詐欺のことは詳しくねぇけど。」


「詐欺じゃありませんよ。」


まぁつまり、人間を騙すためにも能力は必要ってことだな。

清倫が有望視するだけはある。



「それで?輝村クンをどうプロデュースするわけ?」


「堂徳さん、私の方からご説明させて頂きます!」


「・・・あ、そう。じゃあ輝村クン、教えてくれるかな。」


「はい!」







「まず、私が効率的に情報商材を販売していくためには、多くの動画再生とフォロワーが必要になります。」


「まぁそうだろうな。」


「しかし、動画投稿を始めたからと言って、すぐに数字が急伸するものではありません。

ブログやウェブサイトと同様、長期間にわたってコンテンツを投稿し続ける必要があります。」


「なるほど。動画もそうなんだな。だが、俺はそんなに待てないぞ。」


「はい。そこで、堂徳さんと清倫さんにご協力頂き、“ブースト”をかけてスタートします。」


「“ブースト”?」


「つまり、フォロワーや再生数を購入し、人気があるように見せかけるという方法です。」


「ああ、そっちの世界にも、そういうのを販売している業者がいるのか。」


「はい。視聴者というのは不思議なもので、そのチャンネルのフォロワーが多いほどフォローしやすくなるようです。また、動画の再生数が多い方が、再生されやすくもなります。」


「もちろん、数字だけ購入したところで意味はありません。注目度の高いコンテンツを投稿する必要もあります。」


「具体的には?」


「二つ考えています。一つは大金をかけた企画。もう一つはプレゼント企画です。これらに必要な資金も投資して頂きたいです。」


「ちょっと説明が欲しい。プレゼント企画ってなんだ?」


「人気の動画投稿者がたまに行う企画です。視聴者にゲーム機などをプレゼントするんですよ。テレビがやっているのと同じイメージです。」


「へぇ。」


「これはインパクトが重要です。最低でも数百台はプレゼントすると言った方がいいと思います。」


「数百台?やりすぎだろ。いくらかける気だよ。」


「いえ。実際には数百台の用意があるという“絵”が撮れればいいので、ゲーム機の空箱を大量に集め、積み上げるだけです。」


「ただ、実際にゲーム機が配られていることを世間にアピールする必要はあります。」


「・・・ああ。なるほどな。じゃあ、こっちのライター使って、画像付きでSNSやブログあたりに投稿させりゃいいわけだな。「ゲーム機が届いた」って。」


「はい。仰る通りです。」


「こちらも話題性を意識した動画を投稿しますので、その度にまとめサイトなどで取り上げて頂けると助かります。」


「それならもう、動画投稿者専門のまとめサイトでも立ち上げちまうか。」


「素晴らしいと思います。それだけの準備があれば、後は勝手に広がるはずです。」


「しかし、茶番だな。」


「茶番も大規模にやれば、実態があるように演出できるってことです。」




こりゃ清倫二世だ。

よく仕込まれてる。




「情報商材の窓口サイトは清倫さんが既に。」


「清倫、見せてくれ。」



「こちらです。」




「・・・・・・。」





「・・・なぁ、情報商材サイトのデザインってのは、何でどれも似たような感じなんだ?もう少し変えればいいじゃねーかよ。」


「つまり、新規の馬鹿は毎年供給されるってことですよ。このデザインに既視感があったり、疑ったりするような人間は最初からターゲットじゃありません。」


「この手のサイトにはテンプレがあります。馬鹿馬鹿しく見えますが、使い古されるだけあって、文字色やサイズ、文章などは合理的な作りになってるんですよ。」


「テンプレなんてあるのか。」


「まとめサイトにもあるでしょ。記事タイトルの書き方とか、サイトの作り方とか。アレと一緒です。」


「なるほどね。」













ターゲット層が同じの商売は、本質も同じってことか。

輝村クンのお手並み拝見だな。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます