亀裂③

「おはよう。」







・・・。








・・・。








「・・・あぁ?」


「・・・何だ今日は。グループ集会か?こんな狭い事務所に社員が集まっても、全員は座れないぞ。」


「おい清倫、何でお前までこっち来てんだ。AIjyoはどうした?」


「ちょっと食にうるさいオジサンが飲食事業を始めると聞いて、皆不安らしいんですよ。脱サラ飲食店みたいな末路になるんじゃないかって。」


「何だよ。自分がカモにしてるからって脱サラ起業家を馬鹿にしてやんなよ?あいつらだってあいつらなりに一生懸命頑張ってんだから。」


「で、そんな嫌味を言いにこんな社員集めてきたのか?ご苦労さん。じゃ、業務に戻ってくれ。」


「命数が尽きたってことですよ。あなたに、モラル・サクセス・ホールディングスの社長辞任を要求します。」


「はいはい要求だけな。ホールディングス株の50%は俺が握ってんだぞ?そんなの通るかよ。」


「通らないなら、この場にいる社員達がストライキを起こすだけです。あ、もちろんAIjyoは平常運転ですけどね。」


「・・・なるほどね。こっちの社員を唆して、一生懸命駒を集めてたのか。」


「ええ。あなたが新事業の妄想垂れ流してる間にね。」


「はいはい。それで、俺に辞任を求める社員はどいつだ?ん?」




「はい・・・?」


「俺には見えねーな。どこのどいつが俺に辞任を求めてる?どいつがお前の支持者だ?」


「何を言ってるんですか。だから、ここにいる全員が・・・」


「ばーか。」


「・・・!?」


「知ってんだよ。お前の手口なんて。頑張って周囲を固めたつもりだろうが、俺が潜入させた社員達から情報はダダ漏れ。」


「今じゃお前を支持する奴なんて、ここにはほとんどいねーよ。」


「そ、そんな・・・。」


「今日、こいつらは俺を辞任させるために集まったんじゃない。お前に、AIjyoの社長を辞任させるために集まったんだ。」


「・・・。」


「じゃ、今からここにいる全員に聞くぞ?」








「清倫はAIjyoの社長を辞任した方がいいと思う人~?」










・・・。









・・・。










・・・。









「・・・あぁ?」






「おい。お前ら、何だ?どうした?」







・・・。








・・・。










「僕達は今日、お二人の争いに巻き込まれに来たんじゃありません。」






・・・。






・・・。






「正田・・・か?」




「もうこのグループに未来はありません。大人しく看板を下ろす日が来たんだと思います。」




「正田、お前何言ってる。」




「長年アルバイトとして働かせて頂きましたが、僕は本日から2週間後に退職します。ちゃんと引継ぎはしますから、安心してください。」


「お、俺達も退職します。」


「俺も。」


「私も。」





「おい!正田!お前ら!」


「皆さん、落ち着いてください。退職して、どうするっていうんですか?」


「何か労働条件に不満でも?相談に乗りますよ。あ、もちろん、AIjyoの方で。」


「おい、グループ社長は俺だぞ。勝手な真似すんな。」






・・・。







・・・。








「・・・なぁ、正田、考え直せよ。長い間一緒にやってきたじゃないか。」








「・・・堂徳さん、お世話になりました。」












 ***













あの日からキッチリ2週間後、正田は退職した。

正田だけじゃない。多くの従業員が一斉に。


奴ら、俺と清倫の策謀に乗ったフリをしてたってことか?

ってことは、誰かが裏で取りまとめをしていた?

一体誰が・・・。



今は新事業や派閥どころじゃない。

ほとんど全ての事業において、人手が足りなくなっている。

グループの事業縮小は避けられない。


それにしても、正田は何で辞めたんだ。

俺以外の人間に乗せられるような奴じゃないと思っていたが・・・。



「・・・あの、話聞いてます?」


「聞いてねぇよ。」


「はぁ・・・。状況分かってるんですか?全事業が滞ってるんですよ?」


「状況は分かってるよ。まぁ、しばらく規模を縮小させて、人員増やしていくしかねーだろ。」


「だから今その話してるんですが。」


「・・・はいはい。ちょっと、飯行くわ。」


「またですか・・・。あの、今本当にシビアな状況なんですけど。せっかく私が各メディアで上場を匂わせてたというのに、これじゃ面子が丸潰れですよ。」


「ストレスだよストレス。じゃ、行ってくる。」









 ***










「いらっしゃいませー!」


「牛丼特盛り、汁だく、キムチ、ネギ玉。急ぎでね。」


「はい!お待ちください!」




・・・ストレスには違いない。

会社の売上が落ちると、俺は異常な不安に襲われる。昔っからそうだ。


“また”、飯が食えなくなるんじゃないかと。

考えたくなくても考えてしまう。


一生この不安を抱えないために、会社を大きくしたかった。

何を食いまくっても尽きないくらいの金を得たかった。

財布の中身を考える日々から脱したかった。

安定したかった。



「ウッ・・・」



やべやべ・・・変なもんがこみ上げてきた。



「お待たせしましたー。牛丼特盛り、汁だくです。こちらキムチとネギ玉です。」



正田、なぜ退職した。

あんなに期待をかけていたのに、お前も結局馬鹿の一員か。


うちのグループに就職すれば、役職にだってつけてやるつもりだった。

金だってもっと・・・。


・・・金か?

金が不満だったのか?

もっと金をやれば良かったのか?



・・・。



今さら、考えても仕方ないことか。

落ち着け俺。


まぁ、会社の収益が完全に失われたわけでもない。

従業員を集めれば、また元通りだ。









・・・あ、そうだ、自宅の冷蔵庫がそろそろ空になるな。

また一杯にしねーと。


今日は買い溜めだ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます