夢を!諦めるな!②

「失礼しまーす・・・。定期清掃に参りましたぁ・・・。」



「誰もいませんよねー・・・。早朝ですもんねー・・・。」




数週間前、堂徳社長は僕に言いました。

「管理会社の清掃員としてあの会社に潜り込んで、顧客データをコピーし、時間差で1週間後に元データが削除されるようにしろ」と。


僕は珍しく反対しました。

「僕のリスクが高すぎます!」と。

そこまでは僕もまともでした。


堂徳社長はボソっと言いました。

「残念だ。50万円の特別手当が出る仕事だったんだが・・・」と。





ああ、自分の性格が恨めしい。






「えーっと、パソコンパソコン・・・。無いですね。デスクの中でしょうか。」


デスクトップは無いと聞いていますから、ノート型なんですかね。




ジャラジャラ・・・





なぜ僕がデスクの鍵を持ってるのか、僕もよく分かりません。

清倫さんに渡されました。一体何者なんでしょう。

このカギを用意したのは清倫さんの“知り合い”らしいです。一体何者なんでしょう。

考えれば考えるほどヤバイ臭いがするので、考えるのは止めましょう。


今はとにかく、パソコンを探すこと・・・。






・・・。






・・・。






「多分、ここが一番偉い人のデスクでしょうか・・・。まずはここからですね。」




ガチャ・・・




ガラガラ・・・






「えぇ~・・・。」





どういうセキュリティ感覚をしてるんでしょうか。

ノートパソコンがゴロっと入ってます。

いやでも、意外とこういうのあるらしいんですよね。零細企業とかだと。




「じゃあ・・・やりますかね・・・。」









 ***








「で、これが正田がコピーしてきたデータ。」


「大漁ですね。」


「ああ。」


「たとえ別会社を立ち上げたところで、この顧客データが無ければ、収益化までには長い時間がかかるでしょう。」


「元データは1週間後に削除されるようになっている。」


「仕掛けるなら今ですね。」


「じゃあ、そろそろドリーム・チャレンジャー潰しするか。」


「私は被害者達の洗脳を解いてきますよ。」


「俺はあの企業の悪評をネットに投下させまくる。」


「正田にはボーナスをくれてやらないとな!ハハハ!」









 ***










「はいみなさーん!ドリーーーーーム!」



「「「「ゲット!!!!」」」」



「はい!熱意のあるドリームゲットありがとうございます!」


「今日のセミナーで、また一歩夢に近づきましょう!!!」



マルチをやっている僕が言うのも何だが、よくこんなもので騙される人間がいるものだ。

常人ならば30分と聞いていられないようなセミナーだと思うが。



「今日のドリームプランは!この空気清浄機です!!!」


「ある優良メーカーが3年の歳月をかけて開発したスーパー多機能空気清浄機!」


「なんと!空気を綺麗にするだけでなく!マイナスイオンやナノイーを噴出します!」



「「「おぉ~~~~・・・。」」」



「さ・ら・に!水素水を作ることまで可能です!」


「この空気清浄機は通常1台30万円ですが・・・何と!今なら定価の5割引で販売権を獲得できます!」


「つまり!これを1台売るごとに!皆さんは15万円も儲かるのです!20台も売れば!すぐに加盟金もペイできます!!!」



「「「おお~~~~~!!!!」」」



「しかし残念ながら、この販売権を得られるのは先着10名様のみです・・・。」



「「「はい!はい!はい!はい!」」」



「積極的なご応募ありがとうございます!しかし困りましたね。応募者の定員を超えてしまいました。」


「ここは公平に、福引で抽選とさせて頂きます!外れても恨みっこ無しでお願いします!」




サクラを使って応募者を多く見せかけ、カモを釣る古典的な手法だ。

福引で抽選と言っておいて、実はカモ達しか当選しないような仕組みになっている。

カビの生えたやり方だが、定員以上の応募者がいる様子を見せることで安心感や同調を誘い、焦らせることで思考時間を奪う。

まぁ、使い古された手にはそれだけの理由があるものだ。



えーっと、本当に騙されているカモは・・・



彼と彼・・・、あと彼女・・・。



とりあえず、あの3名から再洗脳していくか。








 ***









「こんにちはー!」


「えっ!?」


「あ、すみません!さっきのセミナーに参加されてた方ですよね?僕も参加してたんですよ。」


「は、はい・・・。」


「セミナー参加者で集まって、カフェでもどうかって思って。あと二人にも声をかけてるんです。」


「そ、そうなんですか。」


「もし良ければ参加されませんか?無農薬野菜のサラダが美味しいお店なんですよ。それに、こういう仕事って人脈も大事じゃないですか。」


「はぁ・・・それじゃあ・・・。」








 ***









「いやぁ、さっきのセミナーは衝撃的でしたね!」


「そ、そうですね!」


「はい。私、これで心機一転頑張ろうと思ってて。」


「僕もあの空気清浄機はイケてると思います。」



「・・・馬鹿ですかお前ら。」


「「「!?」」」



「私が衝撃を受けたのは、皆さんの馬鹿さ加減にですよ。」


「な、何なんだあんたいきなり!」



「騙されてますよ。」


「えっ!?」



「さっきのセミナー、皆さんのことを騙してます。」


「馬鹿な・・・。」


「だって、あの人はいくつものグループ企業を統括している社長さんですよ?」


「そうそう。どっかの零細企業ならともかくねぇ?」



「グループの統括ね・・・。確かに違いありません。従業員1名の企業を数社取りまとめてるだけでも、グループの代表取締役ですからね。」


「ええええ!?」



「法人なんて、数十万払えば簡単に作れますよ。それを5~6社作ったところで、別に大した金額じゃありません。「グループの代表取締役」なんて、少しの金があれば誰でもなれるんです。」


「「「・・・・!?」」」


「そ、そんなことを言うあんたは何者なんだ!」



「申し遅れました。私はこういう者です。」


「NPO法人日本詐欺救済協会・・・?」



「はい。皆さんのように、詐欺や詐欺まがいのビジネスに騙されかけている方を救済するNPO法人です。」


僕のような人間は、いくつもの名刺を常に持ち歩いている。

こういった「NPO法人 日本○○協会」といった類の肩書きは、非常に使い勝手がいい。



「そうだったんですか・・・。と言うことは、やっぱりアレは詐欺・・・?」



「正確に言えば、詐欺ではなく、詐欺まがいのビジネスです。間違いなく皆さんは金を取られるだけで、儲かりませんよ。」


「しかし、あれだけの空気清浄機が定価の5割引!15万円で販売できるんだぞ!?」


「そうそう!こんな利益率の高いビジネスが他にあるか!?」


「今さらサラリーマンになんて・・・戻りたくありません・・・。」



「はぁ・・・。定価から5割引って仰いますけど、その定価は誰が、どうやって決めたんですか?」


「それはメーカーが、原価とか人件費とか色々計算して・・・。」



「あのメーカーの名前聞いたことあります?どんな会社か調べました?」


「いや・・・。」



「私、さっき企業名をネット検索してみたんですけどね、それらしい企業が無いんですよ。実在しないか、あるいはホームページすら作ってない企業か。」


「そ、そんな・・・。」



「そんな名前も知れぬ企業の作った製品の原価?人件費?何ですかそれ。信用に値しませんよ。」


「・・・。」



「皆さんはただ単純に、「定価の5割引だから」って理由でお得だと感じてるだけでしょ?」


「恐らくアレは、最初から値引きすることを前提に、ドリーム・チャレンジャーが吹っかけてるだけです。似たようなスペックの製品はもっと安く売られてます。」


「ど、どうしたらいいんですか?さっき契約書を書いてしまいました・・・。」











「大丈夫ですよ。私は皆さんが救われる方法を知ってます。いいですか?私の言うことを、よーく聞くんですよ・・・。」

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます