道徳 in 倫理の巣①


おかしいですよ。


今朝から、おかしい。


僕の狭い狭い交友関係が、更に狭くなりそうです。


大学の貴重な友人達が、今朝からおかしいことを言います。


曰く、「一緒に夢を実現しよう」とか、「毎月安定的に200万円稼げる」とか。


いやいや、それマルチでしょって話です。

分からないもんですかねあのバカチン達は。


確かにお金は稼ぎたいけど、僕は堂徳社長の下でエンジニアとしての

経験を積ませてもらってますし、時給2,000円とは別にボーナスも頂いてます。


そんな怪しげなビジネスに乗るわけがありません。

次また同じような勧誘をされたら、ビシっと言ってやるつもりです。




「ねぇ君、今時間ある?」


「はひょっ!?」


「突然なんだけど、将来の夢とか聞いてもいいかな?」


「ショ、将来の夢!?イヤ・・・あの・・・」



まただ!

ここはビシっと・・・!



「夢、無いの?それはダメだよ。夢を持たないと。」


「あの・・・エーット・・・」



ビシっと言え!



「ス、スミマセン!次ノ講義ガアッテ!」


「あ!ちょっと!じゃあ連絡先だけでも・・・」


「サセン!シャセン!」



ああ・・・この性格が恨めしい・・・。





 ***





「・・・そんなことがありまして。」


「マルチねぇ。アレって儲かるんか?」


「エェ・・・。」


「何だよ。俺の会社だって堂々と言えるような仕事してねーだろ。従兄弟分みたいなもんだ。」


「アッ、確かに・・・。言われてみたらそうデスネ。」


「マ、マァ、僕が大学に入学した頃からマルチの勧誘はありましたし、それなりに流行ってるんじゃないデスカネ・・・。」


「ふーん・・・。」




・・・。




「ド、堂徳社長?」


「それって、お前んとこの大学に行けば経験できる?」


「ハ?経験?」


「勧誘されるか?」



何考えてるんでしょうかこの人は・・・。



「うちの会社はこれだけのメディアを抱えてんだ。自社でマルチまでやれたら、さぞかしシナジーがあると思ってな。」



お母さん、僕は拝金主義者だと思いますが、この世界にもランキングがあるようです。



「・・・で、どうなんだ?」


「わ、分からないですけど、社長の顔つきだと話しかけられないような・・・。」


「俺20代だぞ?」


「ソ、ソウイウ意味じゃなくてですね・・・。何かその、カモっぽくないというか。もっとナヨっとした顔してないと・・・。」


「そうか。じゃあ一緒にお前の大学行くぞ。」


「エェ~~~~~!」


「安心しろ。お前が勧誘されたら俺が駆けつけてやる。」


「ボ、僕は釣り餌ですか!」


「なるほど。上手いこと言うな。」






 ***









正田という男は、金が好きでモラルの低い見所のある奴だ。

しかし、あのヘナチョコな見た目と言動のせいで、随分と人に舐められるらしい。


校門からここまで100mくらいだろうか。


サークル勧誘2回、宗教勧誘1回、そして今まさにマルチの勧誘を受けている。

釣り餌としては最高級だが、今後も苦労するだろうなあいつ。



「・・・さて、そろそろ行ってやるか。」








「デ、デスカラ、僕ハモウ講義ガアッテ・・・」


「正田君!おはよう!」


「ヴぇ?アッ、堂徳サン・・・。」


「あれ、その人知り合い?」


「イ、イヤ、今話しかけられたところで・・・。」


「へぇ~。あ、俺堂徳って言います。初めまして。どんな話されてたんですか?」


「・・・えーっと、人生で成功する方法についてですよ。」


このマルチ野郎、俺を品定めか?

ちゃんとカモを演じるのも大変だ。

ナチュラルカモネギの正田が羨ましい。


「え!?人生で成功する方法!?興味あるなぁ!聞かせてくださいよ!」


「アッ、ソレジャ僕は講義があるんで!」


「そうかぁ。残念だな。またね正田君!」




「・・・。」




「・・・。」





「すみませんね。正田君は行っちゃったみたいですから、俺にだけお話頂けます?」


「い、いいですよ!じゃあ、あそこのカフェでランチでも取りながら。」


「はいはい・・・。」







 ***









・・・ダメだ。

マルチの勧誘っていうのは、こんなに頭の悪い話を連発されるもんなのか?

笑いを堪える努力を強いられるせいで、内容がなかなか頭に入ってこない。



「世の中には、もっと自由に生きてる大人もいるんです!労働に縛られるなんて馬鹿のやることですよ!」



自由な大人・・・ね。

まぁ、頭の緩い現実逃避馬鹿を釣ることはできるかもな。


自由に生きていくということを正しく理解している人間は、軽々しくそんなことを言わない。


そもそも、完全に自由な人間なんて存在しない。

ある自由を手に入れたら、それを維持するために別の不自由を覚悟する必要があるからな。


こんな話を真に受ける馬鹿は、要するに、隣の芝が青く見えてるだけだ。

自分が今持っている自由を無視し、人が持っている自由を羨んでいるに過ぎない。


そうだな・・・。現在窮しているか、将来に明るい展望を見出せない奴。

現状を簡単に変える方法をウロウロと探してるような、主体性の無い奴なら、良い感じにハマるかもな。



「堂徳さん!聞いてますか!?」


「もちろん聞いておりますとも!」


「“大変”とは、“大きく変わる”ことなんです!」


そもそも、話してる内容が抽象的過ぎて、筋が見えない。

こんなセールストークで勧誘のつもりか?

こういう時は、まず相手の話を聞いて、悩みを引き出すところからじゃないのか?

どういうマニュアルになってんだよ。

これじゃクロージングにならないだろ。





「「こんにちはー!!」」





「はい・・・?」





「あ、紹介します!チーフの小森さんと、林さんです!たまたまこの近くにいたので、呼んじゃいました。」


「小森です!こんにちは!」

「林です!よろしく!」


「はぁ・・・。よろしくお願いします。」


なるほどね。

目の前のボンクラはアポインターで、この男達がクローザーか。


確かに、クロージングする人間までの繋ぎなら、どんなボンクラでもできるわな。

それに、これで1対3。

場の空気も制圧できるってわけか。


少数対多数の状況を作るのも、ポイントの一つっぽいな。




「ねぇねぇ、アルバートキヨハラ著の「リッチファーザー ポヴァティファーザー」って読んだこと無い!?」


「いやー無いですね。」


「え!?それはダメだよ!あれを読めば僕達が言ってることも納得できると思うよ!」


「いつまでも労働だけに縛られてはダメだ!夢なんて達成できない!」


「夢ですかぁ。失礼ですが、お二人はどれくらい稼がれているんですか?」


「んー、あんまり大きな声では言えないけど、毎月車が1台買えるくらいかな。」


「へー!凄い!500万円くらいですか!?」


「ん!?あ、いや。そこまではいかないけど。まぁサラリーマンの月収の5~6倍は稼いでるよ。」


「・・・凄いデスネー。」


仮にそれが本当だとしたら、月百数十万円ってとこか?

それで買える夢って何だよ・・・。

俺の手取りよりも遥かに下だ。


「あ、実は来週ホームパーティーがあるんだ!もし良ければおいでよ!」


「いいですねぇ!行きます行きます!」


「じゃあ、連絡先教えてくれる?」


「もちろんですとも!よろしくお願いします!」











“ホームパーティー”ね。

今度はちゃんと勧誘してくれよ。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます