倫理的な家庭



「清倫さん、またその食い方ですか・・・。」


「この方がいい。飯が冷めて、すぐ食べれるから。」


「そりゃそうでしょうけど、飯に水ぶっかけたら味もクソも無いですよ。」


「それそんな重要?」


「まぁ、普通は重要ですね・・・。」


「僕は飯なんて仕方なく食べてるんだけど。頭回らなくなるから。」


「ご家庭でもそんな食べ方されてたんですかぁ?」


「・・・。」


「早く食べな。待たないよ。」


「食うの早っ!ちょ、ちょっと待ってください・・・。」






「ご家庭」ね・・・。

確かに、違う食べ方をしていたな。







 ***






「また潔(きよし)が成績を落としたのか?」


「ええ、そうなの・・・。」


「あと数ヶ月で受験だと言うのに・・・馬鹿息子め。このままでは清倫家の恥だ。ちゃんと、“いつもの”はやったのか?」


「もちろんよ。罰として、昨日の夕食は“いつもの”にしました。」


「そうか・・・。いや、それだけじゃ足りない。今日の夕食もそうしなさい。」


「そうね。ちゃんと懲りてもらわないと。」


「きっとあいつもいつか分かってくれる。私達に感謝する時が来る。」


「そうよね・・・。」
















「お母さん、おかわり。」


「はいはい。」



バリ・・・ボリ・・・



「あ、俺も。」



ボリ・・ボリ・・・



「はーい。」



「潔は?おかわりいる?」



ポリ・・・



「遠慮しなくていいわ。お腹が空いたら勉強できないですもんね?」





カラカラカラカラ・・・




「召し上がれ。」



「お母さん、ありがとうございます・・・。」



ポリ・・・ポリ・・・



「ドッグフード、いつものと変えてみたんだけど美味しい?」


「はい。美味しいです・・・。」


「そう。」


「潔、飯なんてさっさと処理して勉強しろ。兄弟の中で落ちこぼれはお前だけだぞ。もっと努力しないとダメだ。」


「はい・・・お父さん。」













「またお父さんとお母さんを怒らせてしまった。次はちゃんとやらないと・・・。」


「毎日こんなに勉強しているのに、何で成績が伸びないんだろう。」


「ここ最近、模試を受ける度に偏差値が落ちていく。何でだろう。」


・・・この頃の僕は、確かずっとそんなことを考えていた気がする。


成績を落とす度に、罰としてドッグフードを食べさせられた。

それを疑問に思わなかったのは、僕の交友関係が皆無だったからだろう。


僕は、所謂エリート家系に生まれ育ったのだと思う。

父親は医者だし、母親も結婚するまで医者だった。

祖父も祖母も、親戚も、みんな、世間からは一廉の人物と見られている。


そんな僕の家系が認める大学は、日本に一つしかなかった。

兄二人も、ちゃんとその大学に現役で入学している。





張り詰めていた。





毎日。





学の無い両親のもとに生まれ、低次元な人間に囲まれ、程度の低い中学・高校に行き、塾などの教育環境も満足に与えられなかった人間にとっては、些細なことかもしれない。


しかし、その真逆の環境で生まれ育った人間は違う。


両親や兄達は、勝って当然という顔をしている。


その大学以外はゴミだと、心底そう考えている。


そんな中で、負けなど万が一にも許されるはずがない。


もし負けたら、僕はどうなるんだろうか。


そういう恐怖と、毎日戦っていた。









数ヶ月後。

失敗した僕に対する両親の態度は露骨だった。

アレは、我が子を見る目なんだろうか。

以来、話すどころか、目を合わせることもほとんどなくなった。


僕が失敗した反動だろう。兄二人は、更に溺愛されるようになったと思う。

まるで、枝を1本切り落とした木のようだ。


罰のドッグフードも出なくなって、渡された金で外食することが増えた。

他人からしたら不思議だろうけど、僕にとってはドッグフードの方がマシだった。

飯の味なんてどうでもいい。

それより、期待されたかった。認められたかった。兄達のようになりたかった。



結局僕は、世間では「一流」、僕の家系では「その他」扱いの大学に通うこととなる。

“失敗作”が一人暮らしを申し出た時、両親は心底安堵したに違いない。

これで、毎日顔を合わせずに済むと。


兄達が同じことを言っても、あんなに快諾されなかったと思う。

いや、絶対に許されなかったはずだ。




僕は今でも実家から貰い過ぎなくらいの仕送りを受けている。「いらない」と言っても、送られてくる。

それを“厄介払い料”だと思うのは、穿っているだろうか。






僕が欲しいのは金じゃない。

経済的に何不自由無く生きてきた人間は、経済的豊かさなんかに執着しない。

生まれた時から満たされている欲求なんて、どうでもいい。


きっと、両親の中で僕はもう“無かったこと”にされているのだろう。

大学の成績にも関心は無いようだし、会社を立ち上げた時も、急成長している現在も、気の無い反応しかされない。

そんなことよりも、今は兄達の就職にご執心だ。


僕はそれが悔しくて、寂しくて、羨ましくて・・・。

今でも、いつかこっちを見て欲しいと思っている。



受験に失敗したあの時からずっと、僕の心は一滴の水も飲んでいない。

その渇きを満たすため、僕はもっと多くの人間から評価を得ないといけない。










そのためにどれだけの人間が犠牲になっても、仕方ないじゃないか。


  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます