エピローグ



 六一八年 十一月十一日。


 少女は、嵐の中でひとり母となった。

 生まれてきた子は健康な男児で、彼女に似た髪と目を持っていた。

 リゼットは半日にも満たない短い時間、息子を抱いて過ごし――そして、迎えに来たクヴェンに彼を託した。

 彼女は城には戻らない。しばらく父の知り合いの元で体を休めて、その後は名前も知らなかった街に嫁に行く予定だった。相手は随分と年の離れた人で、子供のいない裕福な家の後妻に入ることになるそうだ。まだ会ったこともない人だけれど、父を信頼しているので、そのことは何も心配はしていない。

 預かったまま、渡しそびれていたいつかの人形は、二つとも連れていくことにした。これは、想いが届きかけたあかしとして、自分で持っていようと決めた。

 この思い出があれば、私はどこでだって生きていける。




 愛するゲオルグ様。

 大切なことを手紙で伝えることになってしまって、ごめんなさい。

 優しいあなたはきっと引き留めてくださるので、この手紙を、お別れのご挨拶として父に託します。アヴァロンを出て暮らすことにしました。父にはこの件について色々と無理を言ってしまいましたので、どうか責めないでください。

 この一年、あなたから頂いた真心と優しさを、私は生涯忘れることはありません。あなたと出会えたことが、私の人生で最も素晴らしい出来事でした。

 けれど、私はこれ以上お側に留まることはできません。

 友人として、あなたの孤独を癒やすことができないのは悲しい。けれど、それが私とあなたの道だと信じます。

 大切な役目を背負って生まれてくる、私とあなたの子。どうか、良い名を授けてやってください。

 遠く離れていても、いつまでもあなたとこの子のことを想っています。

 どうか、いつまでもお元気で。

リゼット・パーカー




 その後ゲオルグは、しばらく執務に手を付けなくなったが、やがて、再び摂政としての務めを果たすようになる。耐えたのだ。

 リゼットとゲオルグの息子は、ジェラルドと名付けられ、まもなく、クヴェンの手で姉の元へと送られた。

 成長した彼が、姉マーゴットと共に父の元へ戻ってくるのは、これより十年の時間を経た後のことである。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

真夜中の虹 二月ほづみ @fsp

★で称える ヘルプ

この小説が面白かったら★をつけてください。おすすめレビューも書けます。

カクヨムを、もっと楽しもう

この小説のおすすめレビューを見る

この小説のタグ