巌窟にて

作者 雪車町地蔵(そりまち じぞう)

26

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

感覚を奪われた闇の中で主人公の思考が、意識がどう変化するのかは氏の筆致を楽しんでいただくとして。
暗黒神話に慣れ親しんでいる読者であれば、すんなり状況が理解できるであろう、舞台装置。
掌編、という文字数は短い、というのではない。
全ての文字列が狂気を孕んだインパクトを持つならば、それ以上読むのは致死毒でしかない。
まぁ、主人公はあっさりと正気を手放してましたが。
読者もうっかり追随しかねない。気を付けないと。

これは復讐譚でもあり、食屍鬼譚でもある。
肉に食らいつく擬音がたまらなく愛おしい。ぞぶり。

★★★ Excellent!!!

 暗闇というのは、人が最も恐怖する物と言われています。暗闇に何時間もいると発狂すると言われますし、まさに恐ろしいですね……。

 そんな場所に閉じ込められた主人公の悍ましさが、まるで侵食するようにこちらへと伝わってくるよう感じがします。そして最後の衝動は、人だった主人公が暗闇のせいで人外となってしまった……そんな感じを思わせます。

 まさに「恐怖」という文字を、具現化していると言っても過言じゃないはず。