草姫

作者 小鳥屋エム

402

142人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

生まれてすぐに呪いを受けてしまった王子は、それでも健やかに愛らしく育ち、そしていつしか草姫と呼ばれるようになりました。

いずれ待つ呪いと。それを明かすことが出来ず見守る者と。
何も知らず女性の格好をしていた草姫を待つ結末とは……。

残酷な童話や寓話が多い中、草姫には多くの優しさがあふれています。
一歩ずつ進んで行くかのように自分の気持ちと周囲のことを考えていく草姫の、温かい物語をどうかお楽しみください!