アナタのそばに付喪神を

作者 湯煙

25

9人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 戦争の世紀と呼ばれた20世紀から時代は欲望の世紀へ。社会は混迷を増し物を使い捨てにする感覚は荒んだ人心を象徴しているかのようにも思える。
 だがそんな現況でも、祖母から受け継いだ鞄や洋服をリメイクして孫が使う等の行動が見直されているというニュース番組の特集などを見ると、変わらなければいけないと動き出している人たちがいることが分かる。
 ほんの少し、みんなで意識を変えるだけで良い。たとえば質の良い文房具や服飾品。飽きたら捨てるのではなく、大切に長く使うことを考えてみませんか。かわいらしい付喪神が訪れるかもしれません。

★★★ Excellent!!!

大量生産大量消費、そしてテクノロジーの発展。

私達はたくさんものを捨てるようになりました。

それでも、大切なものってありますよね。

そしてその思いは付喪神を宿らせる。

このもの語りはそんな、『ものへの愛着』を思い出させてくれる作品です。

今の時代だからこそ、付喪神を宿らせるようなものを一つや二つ持っていたい。読後そう思わずにはいられませんでした。