外伝4 「追放の影響」

 

 ノンがパーティーを追い出されてすぐのこと。

  

「せ……やぁぁぁぁぁ!」


 魔大陸の草原に、マリンの叫びが響き渡る。

 彼女が聖剣を振りかぶって魔物に飛びかかっていくと、同じく剣聖のルベラも剣を構えて前に出た。

 二人とも一撃で魔物を両断する。

 マリンとルベラの実力ならば、そこらにいる魔物たちは軽く倒すことができるだろう。

 魔王軍の幹部クラスだって目ではない。

 それが魔王を倒す使命を託された『勇者』であり、その彼女に実力を見込まれた『剣聖』なのだ。

 

 しかし、いくら二人が強いとはいえ、ここは予測不可能の大地ーー魔大陸。

 戦いに夢中になるあまり、そこらに生えている木の枝などで、体を擦り剥くことなどが多い。

 そして今回も、戦いがひと段落した後に、二人は体についた小さな傷に気がついた。


「テレア、回復お願い」


「……うん」


 そんな傷を癒してくれるのは、最近勇者パーティーに加入した新たな回復役テレアだ。

 彼女は『聖女』という珍しい天職を持っており、そこらの治癒師とは別格の上級の回復魔法を扱うことができる。

 ゆえに『聖女』は特異職の一つとして数えられているのだ。

 そんな彼女もまた、勇者マリンに実力を見込まれてスカウトされたパーティーメンバーの一人である。

 テレアはマリンに言われた通り、小さな擦り傷を治すべく二人に歩み寄っていった。


「木漏れ日よりも淡き希望の光よ。眼前の傷者に天罰ではなく慈愛を。すべての人々に等しき癒しを……」


 魔法には絶対に欠かすことのできない詠唱が始まる。

 回復魔法を使用する際も、攻撃系統の魔法と同じ詠唱が必要になるので、基本的に魔法使いはその隙を敵に狙われることが多い。

 しかし今は、マリンとルベラの活躍により魔物がいないので、安全に詠唱を行うことができる。

 ……立ち止まる必要はあるが。


「伝手となりし我が手に集え、ヒール」


 詠唱が終わり、テレアの小さくて白い手に、一層真っ白な光が淡く灯った。

 彼女はそれをマリンとルベラの傷口にそっとかざす。

 するとおよそ“数秒”で完全に傷が塞がってしまった。

 傷跡など一切残らない、完璧な仕上がり。

 それを目の当たりにして、男勝りの女剣聖ルベラが口を開いた。


「さすが聖女の回復魔法だな。これならウチらは存分に暴れることができる。もう勇者パーティーは安泰だな」


「……」


 まるで誰かと比較するような物言い。

 その台詞に、後方で戦いを見守っていた女賢者のシーラもこくこくと頷いた。

 激しく同意と言わんばかりの首振り。ちなみに彼女は男が大嫌いなのである。

 そしてシーラと同じくマリンも頷いていると思って、ルベラが視線を向けると……

 どういうわけか彼女は、テレアに治してもらった右腕に目を落とし、何か言いたげな顔で固まっていた。


「……? どうしたんだマリン?」


「……ううん、別に」


 マリンは艶やかな青髪を揺らしながらかぶりを振る。

 そしてルベラに背中を向けると、そのまま魔大陸のさらに奥へと進み始めてしまった。

 しばし疑問符を浮かべながらその後ろ姿を眺めていた三人だが、やがて慌てて勇者の後を追いかけていった。




 それからある日の飯時。

 炊事係、というか、勇者パーティーの身の回りの世話をしていたノンに代わり、ご飯を作るのはシーラの役目になった。

 いつもは感想などまったく口にしないルベラだが、またも誰かと比較するように大きな声を上げる。


「シーラの作る飯は相変わらず美味いなぁ!」


「そ、そう? ならよかったわ」


 素直な賛辞をいただき、女賢者のシーラはエプロン姿のまま頬を染める。

 実際は手を抜いた……いや、上手く時間を短縮した料理を出しただけなので、正直なところ耳が痛いと思うシーラだったが。

 それでも褒めてもらえたことに少なからずの嬉しさを感じた。

 なぜなら今まで料理などしたことがなかったし、急遽担当することになった炊事係に自信がなかったから。

 一般的な魔法使いに比べて数多くの上級魔法を扱う、魔法のスペシャリストの『賢者』も、料理だけは思うようにできない。

 それでも一生懸命作ったし、ルベラも美味しいと言ってくれたのだから、きっとマリンも……そう思って勇者に視線を移してみるが……

 

「こう、なんつーか、シンプルな味付けがいいっつーか」


「……」


 変わらず賞賛を送ってくるルベラとは違い、なぜかマリンは難しい顔をして、シーラの作ったご飯に目を落としていた。


「ど、どうしたのマリン?」


「……ううん、別に」


 またしても何も答えなかったマリンは、そのまま眉を寄せてシーラ特製の時短料理を食べ進めたのであった。




 また、ある日は……


「あれっ? ウチのパンツどこ行った?」


「ルベラあなた、自分で畳むとか言っておいて、カバンの中にそのまま突っ込んでたでしょ。ダメでしょ、衣類はちゃんと分けておかないと」


「な、なはは、悪い悪い」


「……」


 洗濯物の始末がおざなりだったり……


「ちょっとルベラ、馬車の中でお菓子を食べ散らかさないでくれないかしら? ゴミもちゃんとまとめて……」


「えぇ、ウチだけじゃねえよぉ。シーラだってよくつまみ食いしたのこぼしてるじゃ~ん」


「そ、そんなことしてないわよ!」


「……」


 生活スペースの掃除が行き届いていなかったり…… 


「あれっ? 水ってもうなかったっけ?」


「そういえば町で買い足すのを忘れていたわ。すぐ近くに村とかあるかしら?」


「……」


 誰も買い物に行かずに度々消耗品を切らしたり……

 

「ちょ、虫よ虫! 黒くて光ってるのが出たわ! 誰か早く退治して!」


「いやいや、ウチも虫とかちょっと無理で……行けテレア!」


「私も……無理」


「……」


 上級の天職を持っているとはいえ、誰も虫退治ができずにパーティー内がパニックになったり……

 しばらく前まではまるで見えることのなかった小さな亀裂が、最近はしょっちゅう表に出るようになっていた。

 その度に勇者マリンは複雑そうな顔をして、口を噤んでしまう。

 

 そんなマリンの様子を見て、パーティーメンバーは不思議そうに声を掛け続けた。


「どう、したの? マリン?」


「……ううん、別に」


 それでも彼女はなんでもないというように、やはりかぶりを振るのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます