第53話 「姉妹」

 

 しかしすぐに二人は、ポニーテールとツインテールをピンと立たせる。

 そして怒りを思い出したように、僕のことをビシッと指差してきた。


「「と、とにかく、私たちと勝負しなさい! 高速の癒し手!」」

 

「はいっ? 勝負?」

 

 僕は首を傾げる。

 なんとも穏やかならない台詞だ。

 喧嘩腰で詰め寄ってくる二人に、たまらず僕は問いかけた。

 

「勝負って、いったい何するつもりだよ? かけっことか?」

 

「子供扱いしてんじゃないわよ!」

 

「私たちは治癒師なんだから治癒勝負に決まってるでしょ!」

 

 まあ、そうなりますよね。

 当然の返答に密かに納得する。

 でも、治癒勝負って具体的に何をするんだろう? と不思議に思っていると、トトとロロの二人が勢いよく続けた。

 

「三人の中で誰が一番の治癒師か、それを決める戦いよ!」

 

「ついでに、お客を奪って稼いだその治療費、それを勝負に賭けなさい!」

 

「えっ? いや普通に嫌なんだけど」

 

 僕は胸に抱えた貯金袋を、一層大事そうに身に寄せる。

 なんでこれを賭けなきゃいけないんだよ。

 貴重な生活費なんだぞ。

 こればっかりはさすがに渡したくなかったので、警戒心を強めてトトとロロを睨みつける。

 そして今さらながら、疑問に思っていたことを二人に聞いた。


「ていうか、なんで二人は別々の治療院で活動してるんだよ? 姉妹なら普通は一緒にやるもんだろ? それならさっきみたいな行列も捌けたかもしれないのに。もしかして、そうやって勝負勝負って対抗心ばっか燃やしてるから、姉妹でも治療院がばらけちゃったんじゃないのか?」

 

「そ、そんなのあんたには関係ないでしょ!」

 

「これは、私たちが『治癒師』の天職を授かった時から始まった勝負なの! 誰にも文句は言わせないわ!」

 

 やっぱりそうか。

 姉妹で別々の治療院を開いているので、何かあると思ったら……

 睨んだ通り、その刺々しい性格が災いした結果だったか。

 勝負事が好きな二人なんだろう。

 

 もし二人で一緒に治療院をやっていれば、あんな大渋滞を起こさずに済んだかもしれないのに。

 と、内心呆れていると、再びトトとロロが叫んだ。

 

「いいからとにかく勝負しなさいよ! この際治療費なんてどうでもいいから!」

 

「あんただって、もし自分の開いている治療院の近くに、別の治癒師がやってきて、そいつにお客さん取られちゃったら悔しいって思うでしょ!?」

 

「むむっ……」

 

 それはまあ、確かに。

 もしノホホ村に別の治癒師がやってきて、その人が治療院を開いたとしよう。

 それで、そっちの方に村人たちが流れて行ったとしたら、僕は我慢していられるだろうか?

 

 ……いや、難しいだろうな。

 そんなの耐えられるはずがない。

 文句を言いに行くまではしないけれど、居ても立っても居られず、様子を見に行くくらいはすると思う。

 という気持ちがわかって、二人の言い分を少しは理解することができた。

 

 まあ、お客さん取っちゃったのは事実だし、罪悪感もそれなりにある。

 でも正直、争いごととか嫌いだからなぁ。

 でもでも、二人の言いたいこともわからないではないので、勝負くらいはしてあげてもいいかなぁ。

 なんて頭を悩ませていると、不意にアメリアがトトとロロに訊ねた。

 

「ところで、そちらは何を賭けるのだ?」

 

 それを聞いて、僕もそういえばそうだと思う。

 さっき治療費とかどうでもいいとか言ってたけど、もしこちらが何かを賭けるなら、もちろんあちらも何かを賭けることになるだろう。

 となると、彼女たちはいったい何を賭けるつもりなのだろうか?

 不思議に思っていると、トトとロロは自信満々そうに答えた。

 

「そうね。ならそっちが勝ったら、その袋の中の治療費と同じ金額を支払うわ」

 

「同じ金額を賭け金として支払うなら文句はないでしょ?」

 

「えっ、マジ?」

 

 思わず僕は目を見開く。

 この貯金袋の中身と同じ額? 

 えっ、マジでそんなの賭けてくれるの?

 もしその治癒勝負とやらに勝ったら、これが倍に……

 

 僕は内心でにやりと頬を緩めた。

 そして気だるさを装って、ため息混じりに答える。

 

「はぁ、わかったよ。勝負すればいいんだろ勝負すれば」

 

「えっ? いいんスかノンさん?」

 

「あぁ。このまま付きまとわれでもしたら敵わないからな。んで、何すればいいわけ?」


 僕の問いかけに、トトとロロはふっと笑って答えた。

 

「冒険者たちがクエストから帰ってきて、またギルドに集まり始めているわ」

 

「中には怪我人もそれなりにいるようだし、彼らを集めて、『先に十人治療した人が勝ち』っていうのはどうかしら?」

 

 僕はちらりとギルド内を一瞥する。

 確かに、また人が増えてきているようだ。

 クエストから帰ってきたばかりなのか、体に傷を残している冒険者もいる。

 あの人たちを集めて、先に十人治したら勝ち、か……

 僕は頷いた。

 

「あぁ、いいよそれで」

 

 それに対してトトとロロは、まんまと勝負に乗ってきたと言わんばかりに薄ら笑いを浮かべた。

 そんな彼女たちに、逆に勝ち誇った笑みを返したいところではある。

 しかし我慢して、僕は渋々と勝負に乗ったように振舞った。

 ……それからふと、何となしに提案した。

 

「何なら、二人まとめて掛かってきてもいいぞ」

 

「「えっ……?」」

 

 少女二人の疑問の声が重なる。

 その驚きはトトとロロだけでなく、プランとアメリアも同様に感じているようだった。

 四人がぎょっと目を見開く中、僕はギルド内に目を向けながら続けた。

 

「冒険者の人たちも治癒師がたくさんいたら混乱するだろ。それに三人で三十人も怪我人を集めるのはさすがに困難だ。だから二対一で戦おうって言ってんだ。それなら二十人集めれば済むし。このお金に関しては、後で二人で勝手に話し合いでも勝負でもすればいい。そっちが有利になるだけなんだから、別に文句はないよな?」

 

「「……」」

 

 提案の意図を聞き、トトとロロは黙り込む。

 勝負好きの二人だ。正々堂々ではないこの提案にはさすがに乗らないか?

 とも思ったが、意外にも二人は僕の申し出を受け入れるようだった。

 

 否、正しく言うなら、舐められたことに激しい怒りを覚えているようだった。

 

「「後悔するんじゃないわよ」」

 

 絶対に僕を負かしてやるという、強い心意気を感じた。

 

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます