第4章

第43話 「看板娘」

 

 朝。

 小鳥のさえずりが目覚ましとなり、僕は微かに目を開ける。

 治療院の室内は窓辺から射し込む朝日に照らされて、僅かに白く輝いていた。

 その光に目を細めながら、僕は再び毛布を被る。

 

 布団の誘惑には抗えない。

 それがたとえ、ソファと毛布だけで作られた簡易ベッドだろうとも。

 すっかり寝慣れた寝床で、二度目の睡魔に襲われていると……

 ふと、部屋の端から声が聞こえてきた。


「いいッスか後輩くん? 今日からさっそく接客に入ってもらうッス。心の準備はいいッスか?」


「無論だ」


 二人の少女の声。

 一人はアルバイト1号の元盗賊プラン。

 もう一人は、先日新しく入ったアルバイト2号の魔王軍元四天王アメリア。

 こんな朝早くからいったい何を? と布団の中で不思議に思っていると、再び彼女たちの声が聞こえてきた。


「じゃあまず最初に、先輩であるアタシがお手本を見せるッス。それに倣って続けてくださいッス」


「了解した」


 何やら接客の練習をするらしい。

 つい昨日アルバイトになったにしては、なかなか気合が入っているではないか。

 そう感心する一方、必要以上に先輩風を吹かせるプランに、お前もまだ入ったばっかだろと心中でツッコミを入れていると、早々に練習が開始された。


「いらっしゃいませこんにちは! さん、はい」


「い、いらっしゃいませ、こんにちは。……お、おい、これは治療院の挨拶として正しいのか? 何か違和感が……」

 

「先輩であるアタシが言ってるんスよ。間違いないッス」


 間違いだらけじゃねえか。

 と、注意したいのは山々だったけど、二度寝の誘惑には抗えなかったので聞き流すことにした。

 後で言えばいいだろ。

 彼女たちの練習は続く。


「いらっしゃいませこんにちは! さん、はい」


「い、いらっしゃいませ、こんにちは……」

 

「もっと腹の底から声を出すッス! いらっしゃいませこんにちは!!!」

 

「い、いらっしゃいませこんにちは!」


 なんか段々うるさくなってきたな。

 さすがにこんな状況で二度寝ができるはずもなく、僕は毛布を被りながらイライラしていた。

 やがてプランがテンションを最高潮に高めて言う。

 

「そんなんじゃお客さん帰っちゃいますッスよ! それでもいいんスか!?」

 

「そ、それは困るな。私のせいで客が帰ったら、ノンに叱られてしまう」

 

「そうッスよ! だからもっと大きな声で挨拶をするッス! いらっしゃいませこんにちは!!!」

 

「いらっしゃいませこんにちは!!!」

 

「いらっしゃいませじゃねえんだよ! 朝っぱらからギャーギャーうるせえ!」

 

 客が帰る帰らないにかかわらず、思わず僕は怒声を上げた。

 朝っぱらから本当にうるさい。

 バカなのかこいつら。

 

「あっ、ノンさん。おはようございますッス」

 

「おはようじゃねえよ。朝っぱらから何してんだ」

 

「何って、今日から現場入りする後輩に、先輩として一つ助言をしていたんスよ」

 

「助言って……あれが?」

 

 ただ騒いでいたようにしか聞こえない。

 もしあれが挨拶の練習のつもりなら、こいつの意識を変えておく必要があるな。

 そう考えて僕は伝えた。


「あのな、ここはレストランとか居酒屋じゃなくて、怪我人がやって来る治療院なんだぞ。それはわかってんのか?」

 

「そんなの知ってますッスよ。アタシがどれくらいこの治療院にいると思ってんスか?」

 

「ほんの数週間だろうが! ていうかわかってんならあんな挨拶の仕方教えてんじゃねえ! 怪我人は静けさを求めてんだよ」

 

 と教えてやると、”えぇ、賑やかな方がいいと思うんスけど”とプランは納得できない様子を滲ませた。

 そりゃ、普通のお店なら元気があった方がいいかもしれないけど。

 ここは怪我人が集う治療院なんだぞ。

 騒いだら傷に響くだろうが。

 至極当たり前のことを伝え終えると、その指導を受けていたアメリアにも一言言っておいた。

 

「ていうかアメリアも、こいつの言うことなんて聞かなくていいからな。ただ先輩風吹かせたいだけなんだよこいつは。前までは大人しい奴だと思ってたのに……」

 

「いいや、これは私から頼んだことなのだ」

 

「えっ?」

 

 意外な返答に、僕は眉を寄せる。

 アメリアから頼んだ?

 挨拶の練習を?

 

「初日から迷惑を掛けてはなんだと思ってな、ちょっとした思い付きだ」

 

「そう……だったのか」

 

 てっきり僕は、プランが無理矢理練習させたのかと思った。

 それがまさかアメリアが自主的に言い出したことだとは。

 なんだ、プランのときよりもやる気を感じるぞ。

 

「なかなか見上げたアルバイト魂ッスよね。特に、アタシを先輩として頼ってきたのはポイント高いッスよ」

 

「いや、バリバリのマイナスポイントだろ」

 

 とんでもない挨拶の仕方を教えてたじゃねえか。

 そのことを改めて理解したらしいアメリアが、こくこくと同意した。

 

「あぁ、確かにマイナスポイントだったよ。朝早くからやる気になってみれば、ここのアルバイト1号はまったく使えないではないか。挨拶一つもろくにできずに、よくこの治療院は潰れずに済んだな。もう少し人選には気を遣ったほうがいいのではないか?」

 

「いや、お前も途中まで鵜呑みにしてただろ。ていうか、魔王軍の元四天王がそれ言うのか」

 

 たぶんお前は、世界で一番危うい人選だと思うぞ。

 なんて思っていると、不意にアメリアが微笑んだ。

 

「だがまあ……ふふ、大体わかったぞ」

 

「はっ? 何が?」

 

「治療院の接客についてだ。これから私が、本物の接客というものをお前たちに見せてやろう。人を魅了するのはサキュバスの得意分野だからな」

 

 にやりと頬を緩める、サキュバスの元女王。

 何か挨拶の神髄を掴んだみたいだが、僕は彼女の発言を聞いて嫌な予感しか覚えなかった。

 

「お前、ここはいかがわしいお店でもねえからな」

 

「そ、そんな接客はせんわ!」

 

 本当だろうな?

 訝しい目を向けていると、アメリアが僕の背中を押した。

 

「ほら、客の役をやれノン。実際に体験させてやろう」

 

「お、おう」

 

 僕は押されるがままに治療院を出ていく。

 ていうか、僕がお客さんの役をやるのか。

 ここは普通プランが客の役をやって、その様子を僕が後ろから眺めるもんじゃないのか?

 まあ別にいいけど。

 

 ガチャ。

 

「うぅ、痛いよぉ。死んじゃうよぉ」

 

「そういう小芝居はいらんから普通に入ってこい。ていうかやるならもう少し真面目にやれ」

 

「……あっ、そう」

 

 ちょっと魔が差してふざけてしまった。

 こういうことやるの初めてだから。

 入り直し。

 

 ガチャ。

 

「失礼します」

 

「こんにちは。本日はどうなさいましたか?」

 

「えっ? あっ、えっと……腕を少し擦り剥いてしまいまして」

 

「かしこまりました。では、傷の具合を確認したのち治療に移りますので、安静にしてお待ちください」

 

「……」

 

 治療院に入ってきた僕を、流れるように案内する笑顔の幼女。

 その姿を見て僕は、思わず口を開けて固まってしまった。

 なんだ、やればできるじゃないか。

 というよりこいつ……普通にしてれば結構可愛いぞ。

 さすがはメロメロ大陸の長。

 

「ふふん、どうだ? まだ少し拙い部分があるかもしれないが、そこの泥棒女よりはかなりマシなんじゃないのか?」


「ちょ、誰が泥棒女ッスか!? ちゃんとプラン先輩と呼びなさいッス!」

 

 そんなやり取りも今の僕の耳には入って来ず、ただ呆然とアメリアのことを見つめていた。

 繰り返し言うようだが、僕はロリコンではない。ただ子供が好きなだけだ。

 しかしこれは、認めざるを得ないのかもしれない。 

 よ、ようやく……


「ようやく、僕の治療院にも、華の看板娘が……」

 

「えっ、ちょ、ノンさんここココ! 看板娘ならとっくにここにいますッスよ!」

 

 密かに憧れのあった看板娘を手に入れて、僕は思わず涙ぐんだ。

 プランの声なんて、もう耳に届くことはなかった。

 そこまで看板娘として見てもらいたいなら、少しは後輩にそれらしい挨拶の仕方を教えてやってほしいものだ。

 もしかしてこいつ、わざとあんな挨拶の仕方教えて、アメリアに失敗をさせようとしてたんじゃ……

 どんだけアメリアのこと嫌いなんだよ。

 

 とにもかくにもこうしてアメリアは、家事係のプランと違い、看板娘としての地位を確立したのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます