第5話 「応急師ゼノン」

 

「……ゼ……ゼノン?」

 

 あまりに突然の質問に、僕は目を丸くして呆然とする。

 そして思わず自分の耳を疑ってしまった。

 聞き間違い、じゃないよね。

 

 確かに今、目の前にいる人物は、僕のことを”ゼノン”と呼んだ。

 勇者パーティーで回復役をしていたゼノンと。

 ノホホ村で治療院を開いてから一ヶ月、誰にも伝えてこなかった秘密を、どうしてこの女の子は……?

 

 次第に滝のように溢れてくる冷や汗。

 震える手足。高鳴る心臓。

 黒マントの女性を前に、僕は見事に体が固まってしまう。

 そんな僕に追い打ちを掛けるように、彼女はさらに続けた。

 

「一ヶ月前まで勇者パーティーで回復役を務めていたゼノンさん。今はこのマルマル大陸の最東端に位置するノホホ村で、ノンという名に改名して小さな治療院を営んでいますが、あなたがそのゼノンさんで間違いないッスよね?」

 

 もはや言い逃れできないくらい、正確無比な情報だった。

 彼女の言っていることはすべて正しい。

 どこにも間違っている箇所なんてない。

 しかし、それに対して僕は……

 

「ち、違いますよ!」

 

「……?」

 

 間髪入れずに否定の声を上げた。

 僕は間違いなく勇者パーティーで回復役を務めていたゼノンだが、ここは何がなんでもシラを切らせてもらう。

 だってこれ、絶対に面倒くさいことに巻き込まれるやつじゃん。

 普通に治療の依頼をしに来たなら、僕の名前を暴く必要なんてどこにもない。

 彼女はきっと、このノホホ村で治療院を経営しているノンにではなく、勇者パーティーで回復役をしていたゼノンに用事があるのだ。

 

 僕はもう、その名前は完全に捨てた。

 戦いや面倒事からは極力距離を置くようにすると決めたのだ。

 だからこの場だけは嘘を吐いて逃れさせてもらおう。

 お願いだから、僕の平穏を邪魔しないでくれ!

 僕は固い意志を抱きながら、知らん顔でシラを切り続ける。

 

「ど、どちら様かは存じませんが、自分はこの治療院を経営している”ただのノン”です。ゼ、ゼノンという名前では、ありませんよ」

 

 緊張のあまり裏返った声になってしまった。

 それでもしっかりと黒マントさんの言い分を否定し、さらには帰るように促すこともできた。


「で、ですからどうか、ここはお引き取り……」


 しかし、彼女は……

 

「いえ、あなたは間違いなくゼノンさんッス」

 

「……」

 

 狼狽える僕と違い、はっきりとした口調で断言してきた。

 絶対的な確信を持っている様子だ。

 彼女のどこにそんな自信が……と目を丸くして驚愕していると、その証拠を示すように黒マントさんはさらに続けた。


「勇者パーティーが新大陸に踏み込む直前に、新たに『聖女』のテレアを仲間にして、回復役が交代してしまったのは知ってるッス。その後、元回復役のゼノンさんが姿をくらまして、行方知れずになったことも」


 ……ごくり。

 思わず息を呑んでしまうほどの回答だった。

 まるで実際にその場面を見てきたようだ。

 どこまで知っているんだこの子。


 勇者パーティーで大いに活躍している者ならまだ、情報が出回っていても不思議ではない。

 勇者マリンは当然のこととして、剣聖ルベラや賢者シーラも至る所で噂話を聞くほどだ。

 最近加入した聖女テレアのことすら、このノホホ村にまで伝わってくる。

 しかし僕のことはほとんど噂されていない。

 中途半端な力しか持たず、その上パーティー内ではかなり地味な”回復役”だったのがその原因だろう。

 

 あまり注目されていなかった僕は、勇者パーティーを抜けたことすら知られているか怪しいものだ。

 せいぜい皆が知っているのは名前くらいではなかろうか。

 北のネビロ討伐後の祝賀会に参加していた人たちでも、この冴えない青年の顔を覚えているとは思えないし、容姿まで知っているのは相当のマニアくらいだと思われる。

 この子がその類だとはどうしても思えず、僕は変わらず疑問符を浮かべ続ける。

 いったい何者なのだろうと不思議に思っていると、彼女は再び自信に満ちた声を上げた。


「勇者パーティーの元回復役ゼノンの行き先は、もう誰にもわからないと聞きますッス。でも、アタシにはわかるんスよ。ここで細々と治療院を開いているあなたが、そのゼノンさんだっていうことが」


「……そ、その心は?」


 恐る恐る問いかけてみると、彼女はまるで切り札でも切るように、大きな声で続けた。


「だって、アタシは……」


「……?」


「あなたが無詠唱で回復魔法を使える『応急師』ということを知っているんス!」


「えぇ!?」


 これには思わずびっくり仰天。

 僕の本名のみならず、まさか応急師の天職のことまで知っているなんて。

 

 応急師の天職を持っているのは、おそらく現状で僕だけ。

 世界中を探せば一人二人くらいはいるかもしれないけど、このマルマル大陸に滞在している治癒師の中では、僕以外に考えられない。

 勇者パーティーで回復役をやっていたゼノン以外には。

 だからこそ僕は、この村で治療院を始めたその時に、自作の詠唱文を考えて、それを唱えてから回復魔法を発動するようにしてきた。

 なのにどうしてこの子に、天職を隠していることがバレているんだ?

 

 目を丸くして立ち尽くしていると、不意に眼前の少女が問い詰めるように聞いてきた。


「どうしてあんな真似してるんスか!?」


「あ、あんな真似とは?」


「わざわざ自分で考えたような詠唱を唱えてから、回復魔法を発動させて、いかにも普通の治癒師を演じてることッス!」


「い、いや、あれはその……」


 応急師の天職を持っていることを知られたくなかったんだよ。

 そこから勇者パーティーで回復役をしていたゼノンに繋がってしまうから、知られたらきっと面倒な事になると思ったのだ。

 正直にそう言えればいいのだが、まだ逃げ切りたいという思いがあるのか僕は口を噤む。

 

 ていうかちょっと待て、なんでこの子は僕が魔法詠唱をしていることを知ってるんだ?

 仮に応急師のことを知っているとして、どうして治療院で治療を受けたこともない彼女が、実際に詠唱を聞いたことあるような口ぶりをしているのだ?

 詠唱している姿を見せたことなんてないぞ。

 まさかさっきのユウちゃんの治療を、窓の外から覗いていたのか?

 人知れずぞくりと背筋を凍えさせていると、三度彼女は続けた。


「応急師の力で詠唱なしに回復魔法を使うことができるはずなのに、わざわざ詠唱してから治療を行なっているッス。どうしてそんなことする必要があるんスか? アタシには理解不能ッス」


「そ、それは、面倒な事に巻き込まれたくないと思って……」


「とにかくこれからは、実力を隠すような行為は慎んだ方がいいッス。何事も全力でやらなければ、せっかく治療院に来てくれたお客さんにも失礼ッスよ」


「ま、まあ、確かに……」


 治癒師でもないだろう女の子から、真っ当なダメ出しを受けてしまう。

 そりゃ確かに、せっかく治療院に来てくれたお客さんに対して、治癒師として全力を尽くさないのは言語道断ではあるが。

 それよりなによりも、まず先にあんたには言うべきがあるだろ。


「ていうかそれよりも、どうしてお前は僕の正体を知っているんだよ!? 僕の天職のことも、勇者パーティーで回復役をしていて追い出されたことも、その後にここで治療院をしていることも! お前はいったい何者なんだ!?」


 ビシッと指を差して、勢いよく問いかける。

 すると彼女はしばし硬直した後、はっとなって慌て出した。


「あっ、アタシとしたことが申し遅れましたッス!」


 次いでビシッと姿勢を正すと、目深まで被っていたフードを取り払い、隠されていた素顔を僕に晒した。

 まだ年端もいかない少女の童顔。

 ぱっちりとした青い瞳に、赤ん坊のようなピンク色の頬。

 長くも短くもない真っ白な髪は、少しだけボサッとしているが、決して傷んでいるわけではなく、むしろ透き通っているように僕には見えた。


「お久しぶりッス、ゼノンさん! ひと月前に王都近くの森で怪我を治してもらった、プランと申しますッス! どうぞよろしくお願いしますッス!」


 その自己紹介を受けて、僕は朧気にひと月前のことを思い出すのだった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます