出て行くか、払うか──家賃保証会社の話

作者 0207

第11話 幸せになりたいか?」への応援コメント

このエピソードを読む

  • よくわかります。
    日本語だから100%相手のことがわかるのがかえってストレスになりまし。
    今住んでいるベトナムは私の事を非難していても「わからないから」いいと思っています。
    夫婦間も同じです。

    作者からの返信

    読んでいただきありがとうございます。

    私は胡志明さんの、適度な分量で一話をまとめるスキルが羨ましいです。
    尾上縫さんと谷田融資課長の話は、『こらバブル期の株価は幻影だ』、と、私なりに確信できるお話でした。
    感動しました。


    なんというか、日本は、もしかしたら、いろいろなものが破綻しても、めちゃくちゃ移民がやってきた方が面白いかもね、と時々思います。もう日本人同士でやってくのは、みんな疲れて、嫌なんじゃないかと(笑)
    私は一度それで東南アジアへ逃げ出そうとしましたが、怖気づいて日本にいます。胡志明さんが羨ましいと思います。
    ※もちろん細民の私と胡志明さんでは立場も違いますが、それでも。

    2019年7月4日 19:39 編集済

  • いつも面白く楽しみにしています
    高圧的に開き直る家賃延滞入居者……厄介ですよね

    金なんていらないからさっさと出ていってくれ、と思うことも多いです
    でもそれがそういった無法者を増長させているような気もします

    0207さんのようなお仕事をされている方に、陰ながら支えられていることを自覚していたいです

    作者からの返信

    読んでくださりありがとうございます。
    みんないろいろあるんでしょうけどね。
    ただ、あんまり他人に攻撃的は人は、得することもあるんでしょうが、最終的には損するよなあとは思います。
    今後ともよろしくお願いします。

    2018年10月2日 19:20

  • 「落としどころ」ってなんでも大事だなと実感します。あんまり追い詰めると非合法でもいいからやり返してやるぜ!って身の危険がありますし、生ぬるいとどこまでもつけあがる。加減も難しいし、どのみちクタクタになりますよね。

    作者からの返信

    読んでいただき本当にありがとうございます。
    おっしゃるとおり、落とし所は本当に、大切だと思います。仕事する上でそれが見つかると、本当にストレスが減ります。
    それを探すまでがストレスがたまる部分もあるでしょうが。ガンガンにやりあってばかりでは心が疲れてしまいますね。
    世の中、バーサーカーみたいに戦い続ける人もいますが、普通そうはなれませんしね。少なくとも私は楽がしたいです。

    2018年10月2日 00:21