赤い菊と黒髪がゆれた

作者 華やぎ。

64

24人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

私達の現実は、私達に常に客観性を求め続けますよね。そうして生きて行きなさいって教育もされてきました。
でもね、そこには消しきれない、心の奥底にもつながった情念が渦巻いているんだよね。解っているでしょ?
割り切れない気持ち、抑えきれない怒り、訳も分からず続くイライラ・・・・。
ドロドロしている何かが私たちの本質にかかわっているんですね。怖いですか?
だからこそ、美しいもの、愛しいものにあこがれるのかも知れませんね。変ですか?