第99話 雪の朝

 雪が降り出した。

 雪はあっという間に降り積もり、景色を白く染めた。


(靴を買わなければ…)

 そう思い、外に出ようとした。

 玄関から外を見ると、突然の大雪で皆、除雪作業をしている。


 年老いた両親もヨボヨボと雪を押している。


 私は、近所の輪の中に入れないまま、玄関で立ち尽くす。


 そんな自分がとても惨めに思える。

 皆は冬着を着ているのに、私はアロハシャツを着ていた、足元もサンダル…。


 自分は何をしているのだろう?


 私だけが普通の生活をしていないのだと惨めで恥ずかしく、それでいて、着替えることもできず、ただただ、皆の除雪を眺めているだけ、気づけば、玄関に壁のように、スノーダンプやスコップが壁のように積み上げられていく…。

 それは、私を拒むようで、隔離するようで、あるいは見たくないものを隠すようにも思えた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます