第63話 ツーリング

 バイクに乗っていた、ヘルメットは被っていない。

 いわゆる旧車だと思う。

 風を切るような失踪感が心地いい。


 海岸にバイクを停めて、地図を開く。

 白紙の地図。


 解っていた。

 私はバイクに乗れない…免許も持っていない。

 お金も無い。


 白紙の地図は、私の現実。

 現実には行き着く場所が無いのだ。


 急に不安感に襲われた。

 バイクに跨るのだが、エンジンの掛け方が解らない。

 先ほどまでの失踪感が嘘のようだ。


 手足のように操っていたバイクが、得体のしれない存在に思える。

 泣きそうになりながら私はバイクのエンジンをかけて逃げ出そうとしていた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます