第51話 崖

 車で山道を登っていた、道はどんどん狭くなり峠と思っていたが一向に降る気配はない。

 ついに車で進めないほどに狭くなり、山頂部に着いても降る場所は無く行き止まりであった。

 しかたなく車をバックさせようと後ろを見ると断崖の崖、慎重に車を動かす。


 車を落とした覚えはないが、私は崖の中腹部を車で進んでいた。

 すぐ横は海、波は荒く時折車に掛かる。

 道は狭く、私は車を崖を登りだす。

 ひとつ上の道路へ移動し車を運転する。

 辿り着いたのは何かの建物。

 白く四角い建物が崖の端に建っている。

 私は車を停めて中へ進む、暗い部屋、電気は落とされているようで人が使っている気配はない。

 手さぐりでブレーカーを探し当て、電気を付ける。

 特に何もない部屋。

 外の扉が開いて、白衣の研究員といった風貌の男が2人入っている。


「こちらですよ」


 私は言われるがままに男達の後ろを歩く。


 ココはどこなんだろう…。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます