第50歩: 血の交換

 何もかも、妙にゆっくりに見えた。

 失敗したよな、とアルルはぼんやり思った。

 銃弾のイメージは上手くいった。なにせ自分の体で覚えた感覚だ、上手くいくに決まっている。ヤミヌシの眉間を打ち抜いたのも見えた。だが、勢いづいたその巨体は止まらない。

 そりゃそうか。猪の眉間に針を通したって、すぐに止まるわけないもんな。

 魔法に体力を奪われ、膝から力が抜けていく。

 売り上げ、持って帰れないな。親父に怒られちまうな。

 ヨゾラを巻き添えにしちまった。あの変な黒猫、怒るかな。


 ジャアアアアア!


 ほら、怒ってる。

 猫の鳴き声ヘタなくせに、怒った声は上手いのか。

 そう思うとおかしかった。

 白く汚れた闇色の塊が横倒しで──


 ジャアアアアアアアアアアア!!


 止まっている。

 

 壁にぶつかったようなのとは違う。ぴたりと宙に静止している。ヤミヌシの身体から尋常でない量の魔力が放出されていた。それこそ、ヤミヌシの巨体を放り投げられそうな量の魔力。

 膝元で獣の咆哮を上げるヨゾラの瞳が、紅く輝いていた。

 その輝きが消える。

 ヤミヌシの巨体が、ずん、と地におちる。

 ヨゾラの小さな身体が、こてん、と横向きに倒れる。

「……あたし、いま何か、すごいことやった?」

 横たわりながら緑の瞳で見上げて、ヨゾラが得意げにそう言った。

「やった。とんでもないことやった」

「へへへ。二つ、わかったことがあるよ」

 アルルはヨゾラを両手で抱き上げた。

「魔法をつかうと、しょっぱいもの、欲しくなるね」

 コートの塩袋を探る。

 袋の底の、ごく小さな欠片を口に放り込んでやった。自分の口にも放りこんだ。

「しょっぱい……」

「そりゃ、塩だからな」

 塩ばかり舐めて、そろそろ水が欲しかった。

「あと、もう、一つ」

「なんだ?」

 杖を拾って、アルルはよろよろと立ち上がる。

「魔法って、疲、れる、ね……」

 ヨゾラの緑の瞳が、ゆっくりと閉じた。少しひやりとしたが、その胸が規則正しく膨らむのがわかってアルルは安堵する。

「そうだ。疲れるよ、魔法って」

 森を走り回り、飛び回り、アルルもくたくただった。いつの間にか陽は山に隠れていた。


「ア、アルルさん!」

 ヤミヌシの身体の向こうから、ウーウィーの声が聞こえた。

「アルルさん! ぶ、無事ですか!?」

「無事だよ!」

 ヨゾラを抱えたまま、その巨体を回り込んでいく。広場の様子が見えて、倒れたままのユニオーとヤミモリが見えた。

「アルルさん!」

 ウーウィーが駆け寄ってくる。アルルはどんな顔をしていいのかわからなかった。

「ウーウィー、ごめん」

 ウーウィーも言葉を失う。

「で、で、でも。僕は、僕にも、と、止められなくて。ア、アルルさんの、せいじゃ……」

 お互いがどう言って良いか困っているところに、警邏の笛が聞こえた。


 びびっ、びびっ、びぃ


 役所の屋上からも笛が返り、大砲の砲身が退がっていった。ヤミヌシの身体がゆっくりと夕闇へと溶けていく。ヤミヌシは土ではなく闇に還るのかもしれない。

 終わったか、とアルルは思う。とにかく、終わらせられたか。


 アルルはユニオーとヤミモリをみた。とろりとした粘液にまみれて、どちらもぴくりとも──いや、片方がぴくりと動いた。

「ヤミモリが」

 アルルは思わず声に出した。

 ウーウィーがヤミモリに駆け出す。アルルもその後に続いたが、足取りは重かった。

「生きてる……」

 ウーウィーがひざまずいてつぶやく。

 力なく、尾が、まだ生きている事を主張していた。弾は扁平な楕円の胴の上から撃ち込まれたようだった。傷口からはヤミヌシと同じ白い血がまだ流れ続けていた。


 致命傷に見えた。

 生きてはいるが、もう長くは持たないだろうとアルルは思う。

「僕、た、助けます」

 しかしウーウィーは言って、ポケットからごく小さなナイフを出し、鞘から抜いた。鉛筆なんかを削るのに使う、片刃のナイフ。

「たぶん、僕には、この子なんです」

 ああ、そうか。とアルルは思った。

 出会ったんだな、ウーウィー。

 急に、この少年が羨ましくなった。


 ウーウィーがなんどか深呼吸して、静かに言葉を紡ぐ。古めかしい、言葉を用いる魔法。


  波打つものの 

  血と肉と骨、織りあわせ──


 遠くに馬の足音が聞こえてきた。一団が森から戻ってきたのかもしれない。


  ──綾の間に間に糸を掛けよう

  其は我なり其は君なり

  其は君なり其は我なり

 

 それは最も古くからある魔法のひとつ。そしてアルルには縁遠い魔法だった。

 ウーウィーがヤミモリの傷口に口をつけ、その白い血を啜る。さすがに顔をしかめていた。ついで、左手の人差し指にナイフの刃を当て、おっかなびっくり引いた。

 ふつふつと血がにじむ。

 お社の入口には野次馬ができていた。その人だかりを警邏たちが抑えていた。その合間を縫って、警邏長と、ドゥトーが顔をだした。ドゥトーは、ユニオーの小屋に来た警邏に肩を支えられている。

 その三人に手を振ろうとして、アルルは彼らに緊張が走るのを見た。

 直後、

「動くな」

 後頭部に硬く冷たいものがぶつかった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます