第四章 夫婦どもが夢の跡

第18話 ついに

 テレビで見た通り、離婚届は離婚届だった。薄い紙に緑の明朝体で離婚届、と書いてある。

 

 ただ、まっさらだった。

 

「この離婚届ですが、近いうちに役所へ提出してください。調停で離婚が成立したので記入は七津さんのみで大丈夫です」

 つまり、一人で書いて一人で出せば成立するとのこと。少しほっとした。文字ですら旦那の名前は見たくない。

 いよいよ、本当に、正真正銘の離婚をする時がやってきた。

 パチン、と私の中で変なスイッチが入った。

 なぜだか心が浮き立つ。冒険に飛び出すかのようにワクワクしていた。顔がにやけるのを抑えるのに必死だった。

 離婚だ! ついに終わるんだ!

 調停も五回で済んだが、半年である。長い戦いもこれで終わる。

 走馬灯のように、今までの調停と結婚生活が流れた。友人が結婚式に歌ってくれた中島みゆきの「糸」を背景に……。

 

「年金についての申し立てもあります。二年内に調停を起こせば結婚生活の時の年金を分担できます」


 と、ここで終了ではない。

 まだまだ手続きが山とある。

 扶養時の年金については申し立てをすればいいのだが、私はもうへとへとで出来なかった。本当はやった方がよかったのだが、ここですっぱり終わりたかったのでやめた。賢いやり方ではないのかもしれないが……。

 

 そして、息子の苗字についても申し立てがある。

 ◯◯から△△へ変更をお願いします、と書けば数日で成立して自宅へ書類が届く。

 まあ、その前に離婚して自分の苗字を変更しなくては。苗字は旦那の苗字か旧姓か選べるが、もちろん! 旧姓だ。

 

 最後、書類をまとめるためにしばし待つことになり、初めて申し立てをされた側の待合室で待った。旦那はもうとっくに帰っている。

 部屋は申し立て側の待合室とまったく同じだ。

 と、一人の男性がいた。五十代くらいか。白髪混じりの茶髪を後ろで一つに束ねている。無精髭がなかなかワイルドなおじさんだ。

 おじさんは落ち着きなく、ポケットに手を突っ込んで部屋をうろうろしていた。

 すぐに調停員がそのおじさんを呼んだ。

 すると、おじさんは舌打ち混じりに「あのババァ、まだメソメソしてんのかよ! とっとと帰らせろよ!」と、巻き舌で叫んだ。

 あー!!! 待合室で見たあの親子の親父だー!!!!

 こいつか、困った親父って! そりゃヤンチャだわこれ! むしろよく結婚生活送ってたな!?

 人のことはまるで言えないが、人は選ぼうよと思った。

 

 そして、全ての手続きを終えた私は晴れて裁判所を出たのだった。

 ムショからようやく娑婆に出た気がして、裁判所に向かってうっかり頭を下げてしまった。

 もう来ないように、とは誰もボケてはくれなかった。結局、苗字を変える申請をしに一週間内に行くのだけど。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る