Case4 街中の都市伝説

 翌週、再び高校生活が始まっても、俺は学校帰りに乙波とのデート(?)を繰り返すこととなった。

「――上敷くん、これからちょっとつきあってくれないかな?」

 本日の授業も滞りなく終り、鞄に荷物を詰め込んで帰り支度をすましているところへ、クラスが違うのもお構いなく、乙波が俺の席まで来て唐突にそう尋ねた。

「ああ、別にいいけど……どちらまで?」

 最早、そんな年頃の男子が女子に言われて喜ぶような言葉にも俺は素直に喜べない。その上目遣いで頼む彼女のカワイらしい顔の向こう側になんだかとても嫌な予感がする。

「うーん…先ずはホームセンターへ行って魚取り用の網を買わなきゃね。すっごく頑丈なヤツ」

 やはり、その予感は当たっているようだ。今日、昼飯を屋上で一緒に食べた時には何も言っていなかったが……一体、何を思い付いた?

「じゃ、そういうことで。校門の前で待ち合わせね!」

 だが、密かに怯える俺を他所に、乙波はそう言い残すと明るく手を振ってさっさと教室を出て行ってしまう。

「あ、ちょっと待っ……ハァ…」

 彼女の背に伸ばした手を虚しく空中に留めたまま、俺はガックリ肩を落として、いつものように深く溜息を吐く。

「ほお~。入学早々、もう別のクラスの子と放課後デートする御身分とは、上敷くんもなかなかやり手ですなあ~。しかも、相手はあの超カワイイ天音さんときた」

 すると、そんな俺達の遣り取りを見ていたとなりの席の有尾菜乃子あるおなのこが、イヤラしい目を向けてそう絡んできた。

 有尾はその赤毛のポニーテールもよく似合う、快活で活動的な女の子である。その性格のために男子ウケもよく、俺もそれなりに仲良くやっている。ま、男子ウケする性格かはともかくとして、活動的という面においては乙波も負けてはいないのだが……。

「デートねえ……フッ…有尾くん、男女の仲というものはもっと複雑なものなのだよ」

 きっと「そ、そんなんじゃないよ!」とか、顔を赤らめて動揺する反応を期待していたのだろうが残念。お生憎さまだ。俺はからかう有尾に鼻で笑うと、わかったような顔をして彼女をそう諭す。

 有尾はまだ乙波がどのような人物なのか知らないのだろう。ま、有尾の社交性からして、それを知るのもそう遠い日ではなかろうが……。

「……なにそれ?」

 偉そうに気取った俺の言葉に、有尾はポカンと怪訝な表情を浮かべて呟いた。

 

「――上敷く~ん、そっちはどお~?」

「いや~! こっちもだ~!」

 遥か向こうで側溝をあさる乙波の声に、同じく側溝の水を網でジャブジャブと掻き回しながら俺も大声を張り上げる。

 やっぱり悪い予感は当たっていた……ホームセンターで俺の分まで魚取り用の網を買った彼女が始めたことは、最近、住宅街の側溝で目撃されたという〝ワニ〟探しだった。

 なんでも、例の〝ホッシー〟同様、住民の誰かが側溝の中にいるのを見かけたのだそうで、そのいかにも都市伝説っぽい話に、乙波が俄然、興味を覚えたというわけだ。

 野生のワニが生息しない日本で…しかも、こんな街中でワニなんか見かけるわけがないと俺が反論すると、フフンと得意げに胸を張って乙波は――


「ニューヨークでは、実際に下水道の中にいる巨大なワニが発見されたらしいよ? ペットとして飼われてた子供のワニが下水道に捨てられたんだけど、下水は暖かいし、養分も豊富だし、その上、ネズミとか食料にも困らないからね。それで下水道の中でも生き続けてて、日に日に大きく成長していたっていうわけだよ」


 ――と、その根拠を明快に披露してくれた。

 ま、その説明はいつもと違い説得力があるし、これまでのものに比べれば実際にあったとしても確かにおかしくないようなことではあるが……けど、今回目撃されたのは下水道じゃなく側溝の中だし、ここはニューヨークじゃなくて日本の一地方都市だと思うんだが……。

 しかし、そんな基本的な問題に捉われることもなく、乙波は俺をほぼ強制的に連れ回すと、目撃情報のあった界隈の側溝を日が暮れるまで根気強く捜索し続けた。もちろん、ワニが見付からなかったことは言わずもがなである。


 そうして毎回、無駄な時間と労力の消費にだけ終わる乙波のトンデモ都市伝説調査であるが、その翌日も彼女との放課後デートは続く……。

「――ねえ、やっぱマズイって……もう帰ろう?」

「シーっ! 大丈夫だって。それより静かにしてないと、ほんとに気付かれちゃうよ?」

 この日、とっぷりと日も暮れてから俺達が訪れたのは、市の中央部に建つ商工会議所だった。

 その古代ギリシアの神殿を思わす鉄筋コンクリート造りの建物自体、そこここに〝未完成のピラミッドの上に輝く一つ目〟だの〝古代の石工の使う道具〟だのと、意味ありげなレリーフが散りばめられてるとかいないとか、以前よりトンデモ系の間ではよく話題に登っていたりする場所なのであるが、乙波がどこぞより仕入れた情報によると、今日ここで〝世界の支配を目指す某秘密結社〟の集会があるのだそうだ。

 でも、豪奢なファザード付きの玄関を入ったとこにあるホワイトボードの日程表には「蕗杖市経団連月例連絡会議」と書いてあったけどな……無論、秘密結社の集会などではなく、ま、いたって普通に市の経済界トップ達による情報交換のための集まりといったところなのだろう。

 だが、そのことについて乙波は――


「だから、そういうお金持ち連中が某世界的秘密結社の結社員なんだよ」


 ――とのご意見だった。うーん、今日もトンデモ要素満載に穿った見方しまくりだな。

「何話してるんだろ? よく聞こえないな……」

 てなわけで、現在、俺ら…というか乙波のみであるが、その連絡会議だかの開かれている会議室の引き戸に耳を当て、中の様子をこっそり窺っているのである。

 一見おとなしい、おっとりしたお嬢さま系の女の子に見えて、こと自分の興味あることに関してはこのアクティブにも程がある恐ろしいまでの大胆さ……その目的とやっていることには多分に問題があると思うが、行動力だけを純粋に見れば大したものである。それをもうちょっとまっとうなベクトルに費やしさえすれば……。

 と、引き戸にぴったりと形が歪むほど柔らかな頬を押し当て、カワイらしい眉根を「ハ」の字に寄せている乙波の姿に、思わずそんなことをしみじみ考えていた時のことである。

 ガララ…。

 突然、彼女のへばり付く引き戸が予告もなく横にスライドしたのだった。

「…!?」

 乙波はまるでパントマイムの〝透明な壁〟をやる人のような形で凝り固まり、まん丸く見開いた目をやや斜め上方に向ける……その背後で俺も時が止まったかの如く硬直し、乙波が間近で見上げる人物に目を釘付けにする……。

 開いた引き戸から出て来たのは、高そうな紺のダブルのスーツに身を包んだ、いかにも会社の社長って感じのメガネな中年のおっさんだった。さらにその襟元には自分の会社の徽章なのか? フクロウをデザインした銀色のバッジを議員や弁護士がするみたく着けており、スーツ姿というだけでももう充分なのに、よりいっそう三割増しくらい偉そうに見える。

「……んん? なんだね、君達は?」

 こちらの姿を認めると、相手も少々驚いた様子で眉間に皺を寄せながらそう問い質す。その態度からして、どうやら乙波の不審極まりない行動に気付いて出て来たわけではなく、偶然、トイレか何かに席を立ったのであろう。

「……に、逃げるよ! 上敷くん!」

 一瞬の後、不意にくるりと180°高速反転した乙波は、俺を独りその場に取り残して一目散に走り出す。

「……え? ええ~っ!? あ、ちょ、ちょっと待ってよお!」

 さらに一拍間を置き、俺もこちらを睨むおっさんと乙波の逃げた方向を交互に見比べると、もつれる脚を必死に動かし、転がらんばかりの慌てふためき様でその後を追った――。


「――ハァ……ハァ……危なかったねえ。もし捕まってたら……ハァ……ハァ……口封じのために二人とも消されてたよ……」

 明らかにやましいことしてました感を振りまきながら商工会議所を全速力で飛び出し、さらに百メートルほど突っ走ってコンビニ〝ローンソ〟の影に隠れた後、激しく息を切らしながら、ようやく乙波が口を開く。

「…ハァ……ハァ……ひどいよ、自分だけ逃げ出すなんて……」

「ごめん、ごめん……ハァ……まさか、出て来るとは思わなかったから……ふぅ… でも、なんとか無事に逃げ切れてよかったよ……あ、個人を特定されるような証拠とか残してないよね? もし残してたりなんかしたら、身元を突き止められて消されちゃうよ? なにせ、相手は世界を影で支配している秘密結社……日本政府や警察だって、あいつらの意のままなんだから」

「個人を特定できる証拠って……」

 あんた、さっき、俺の名前思いっ切り叫んでましたやん!

 俺は強張った顔に苦笑いを浮かべ、心の中では声を大にして密かにツッコミを入れた……まあ、もちろん乙波の戯言のような身の危険はまずないだろうけど……でも、リアルな問題として、うちの高校の制服姿見られてるし、学校に苦情とかいったらさすがにマズイな……。

「でも、わたし達の顔知られちゃったかもしれないし、ちょっと用心した方がいいかもね。上敷くんも、事故死に見せかけて殺されたりしないように気を付けてね」

「ああ、そうだね……俺なんか、名前まで知られちゃったしね……」

 なんだか怖いことをさらっと口走ってくれている乙波の傍らで、俺は彼女とはまた違った意味での現実的な危機を真面目に懸念していた……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます