Case3 赤毛山の徳川埋蔵金

「――やあ、おはよう……というか、その格好は……」

 そんなわけで翌日の日曜、俺達は市郊外にそびえる赤毛山あかげやまを訪れることとなり、そこへと向かうバスの停留所に朝っぱらから集合することとなったのだが……。

「え? なんか変かな?」

「いや、変というかなんというか……」

 現れた乙波は、とてもハイキングに行くとは思えない格好をしていた。

古き良き20世紀初頭の秘境探検隊を思わすような白の半袖シャツと短パン、ヘルメット型の帽子に、トレッキングシューズはまあいいとしても、背中にはなぜかショベルとつるはしの突き刺さった大きなリュックサックを背負っている。

 い、一体、何をしに行くつもりなんだ……。

 昨日〝ハイキング〟とは言っていたが、俺とて学習能力がないわけではない。おそらくはただのハイキングには終わらず、またしてもトンデモ系がらみのものになるのは必至と考え、家に帰ってから疲れた体に鞭打ってネットで赤毛山についてリサーチしてみたりしたのだ。

 赤毛山といえば、あの運命の出会いとなった入学式の日、乙波が見たというUFOの編隊が飛んで行った山である。

 無論、その目撃談はあくまで乙波一人の証言にすぎないが、それを別にしても、あの時、彼女の言っていた通り、この山の近辺では以前からUFOの目撃情報が多く、その筋ではかなり有名なスポットとして知れ渡っているらしい。

 また、山中には原始時代の祭祀遺構と思われる人工的に組まれた巨石群がそこここに点在しているのであるが、これについてもトンデモ系の間では、この山が超古代に宇宙人の基地として作られたピラミッドであり、巨石群はその名残りであるとされているようだ……って、ピラミッドって全部石造りじゃないのか?

 ま、そんな俺の素朴な疑問はともかくとして、そうした有名スポットということになれば、「今度のデート(?)の目的も、どうせUFOウォッチングかなんかだろう」と高をくくっていたのであるが……この、どう見ても探検する気満々の装備は一体なんなのだろうか?

「上敷くんこそ、そんな軽装備で行くつもりなの?」

「い、いや、ハイキングといったら普通、こんな格好だと思うんだけど……」

 だが、ガチに探検隊仕様の彼女は逆に俺の服装について、山歩きのインストラクターが如く真面目な顔で注意をしてくる。いや、普通にジーンズにモッズ風のフィールドコートという、いたって良識的なハイキングの格好だと思うのであるが……。

「ダメだよ。洞窟に入ったりするかもしれないんだから、もっと汚れてもいいような格好で来なくっちゃ。掘る道具はわたしが貸してあげるからいいけどさ」

「洞窟? ……あの、話が全然、見えてこないんですが……ハイキングに行くんじゃなかったっけ?」

「うん。ハイキングだよ。でも、やっぱり徳川埋蔵金探しは外せないでしょ?」

 ああ! そうか! そっちの方だったか! ……そうだった。そういえば忘れていた。赤毛山はUFO関連とは別にもう一つ、徳川埋蔵金の隠し場所としても有名な場所だったのだ。

 なるほど。今回はそう来たか……それならば、この彼女の装備も納得がいく……って、いや、デートに埋蔵金探しってのはどうなんだ?

「……上敷くん? 乗らないの? バス出ちゃうよ?」

 こちらの浅はかな予測など、いとも簡単に裏切ってくれる彼女のトンデモ思考パターンに感動すら覚え、思わず呆然自失とその場に立ち尽くしていると、いつの間にやら来ていたバスに乗り込み、彼女が乗降口から俺に声をかけている。

「あ! ああ、ちょ、ちょっと待って!」

 ドアが閉まる寸前、慌てて俺もバスに飛び乗り、こうして栄えある第二回目のデートは、赤毛山で徳川埋蔵金探しをすることとなったのであった。

 そういえば、昨日は記念すべき乙波とのうれし恥ずかし初デートだったはずなのであるが、あまりにも予想を上回るその非常識な展開に、すっかりそんなこと頭の中から吹っ飛んでしまっていた。いや、それ以前に昨日のあれも今日のこれも、果たして〝デート〟としてカウントしていいものなのだろうか?

「――さてと、それじゃさっそく、埋蔵金が埋められてるっていう洞窟に行ってみようか?」

 そうやって俺が人生の哲学的問題について考察している内にも、安全運転のバスは問題なく赤毛山へと到着し、このなにかとトンデモ系属性な聖地に降り立った乙波は、美しい山の景色を堪能する間もなく、早々、無謀なトレジャーハンティングを開始する。

「頃は幕末、川を船で遡って来た謎の集団が何かをこの赤毛山へ運び込んだらしいんだ。それが時の勘定奉行・小栗上野介おぐりこうずけのすけの指示で行われた幕府の御用金埋蔵計画だってわけなんだけど、その額は360~400万両――現在の貨幣価値にして、なんと! 4000億円以上にもなるって話らしいよ?」

 ネットで拾ったと思しき古めかしい宝の地図を両手で拡げ、意気揚々と目の前を行く秘境探検隊仕様のトレジャーハンター乙波が、無知蒙昧なる俺のためにわざわざ埋蔵金伝説の概略を話してくれる。

 格好はアマゾンの奥地にでも臨まんという本格的に探検隊な彼女だが、進むのは遮る密林もつまずく岩石もまるでない、いたってフラットで安全なよく整備された林道だ。

 赤毛山には山頂まで遊歩道が整備されており、麓には観光用の牧場なんかもある。一方でトンデモ達の聖地であるのとは別に、ここは家族連れに人気な行楽地であったりもするのだ。また市内小学校の遠足場所でもあり、俺も小さい頃に何度か来たことがあるので懐かしい。

 とまれ、今日は日曜ということもあり、清々しい山の澄んだ空気の中、俺達の他にも様々な世代の行楽客が遊歩道を散策している……ああ、なんか、ようやくデートっぽくなってきた。これで山頂まで登って、そこでお弁当でも食べれば……。

「で、これがその埋蔵金の隠し場所を示すという謎の金属板をもとに戦前の研究者がこの山の地形に当てはめて作った地図なんだけどね。これでいくと、どうやらここにある洞窟の中に隠されてるんじゃないかって話なんだあ……ああ、この辺だな。よっと……」

「……え? あっ! ちょ、ちょっと、どこ行くの?」

 だが、そんな俺の微かに見え始めた希望の光を無碍にも消し去るかの如く、乙波は不意に遊歩道を外れると、何を思ったか、脇に広がる木立の中へと躊躇うことなく分け入って行く。

「その洞窟ってのはこっちの方にあるみたいだよ? さすがに遊歩道沿いには隠してないみたいだね」

「い、いや、確かにこんなすぐ見付かっちゃいそうなとこには埋蔵金ないだろうけどさ、そんな道から外れちゃ危ないよ? 迷子になったらどうするのさ?」

「大丈夫だよ。ほら、道ならちゃんとあるし。昔、地元の人が薪とか拾いに来てた頃にはこっちの道が使われてたらしいよ?」

 俺は慌てて乙波を止めようとするが、彼女は澄ました顔でそう答えると、なんだかそこだけ下草の少なくなった獣道のような場所をさっさと歩いて行ってしまう。

「ああ! ちょっ……ああ、もう!」

 やはり平凡なハイキングのままでは終わらせくれないらしい……そんな相変わらずどこまでもマイペースに突き進む乙波に、やむなく俺も愉しく心地良い林道散策を泣く泣く諦め、遠ざかる彼女の後をいそいそと速足に追いかけ始めた。

「ほんとに道になってる……でも、よくこんな道知ってたね?」

 一歩、遊歩道を離れれば鬱蒼とした山林が広がっているため、最初はほんとに遭難でもしかねないんじゃないかと少々不安になったが、目の前のシャベルとつるはしの突き刺さった大きなリュックサックを追いかけて行けば、確かに彼女の言う通り、その人ひとりが通れるくらいの下草の間にできた一本筋はどこまでも山の奥へと途切れることなく続いている。

「この地図を拾った徳川埋蔵金マニアのサイトに、そのマニアが実際来てみた時の話も写真付きでうp・・されてたんだあ。今でも山菜採りの人とかがこの道使ってるみたいだよ?」

「へえ~…それで今もちゃんと残ってるんだ……あ、でも、山菜シーズンといえば、クマとか出ないかな……」

 遭難の恐れはなくなったものの、また新たな危機感が俺の心に去来する……。

そうして、『未知との遭遇』ならぬクマとの遭遇を心配しつつ、昔の生活道を彼女とともにズンズン進んで行くと、その問題の洞窟と思しき大きな岩穴の前に俺達は到着した。

「どうやらここみたいだね……ここもピラミッドの内部へと通じる入口の一つらしいんだけど、その秘密の地下トンネルを転用して、幕府の密命を受けた謎の集団が埋蔵金を隠したんじゃないかって考えられているんだよ。その時はまさか宇宙人の基地だとは知らなかったって話だけど、もしかしたら、ぢつは幕府と宇宙人が密かに協定を結んでいて、それでこの赤毛山にしたって可能性も……」

 山の岩肌にぽっかりと口を開けた、人の半身ほどもあるひしゃげた大穴の前に悠然と立ち、乙波が学者のようにもっともらしく説明を口にする……無論、トンデモ要素てんこ盛りでとても信じるには足りん…てか、アメリカ政府よりも先に徳川幕府が密約結んでいたと言うのか? 最早、鎖国か開国かなんて問題じゃないだろ!?

 それに、仮に一万歩譲ってその与太話に乗ってやったとしても、今、目の前にあるのはとても埋蔵金を埋めたとは思えない、何の変哲もないただの自然洞窟だ。無論、いつもは誰も寄り付かないため、周囲には接近を阻むかのように草木が生い茂り、積もった枯葉に入口は半分ほどが埋もれている。

 ……ん? そういえば、そんな有名な隠し場所候補なら、乙波みたいなトンデモびとやプロのトレジャーハンターとかが掘り返しててもいいんじゃないのか? なのに、このどう見ても長い年月放置されてる感は……。

「でもね、ここが隠し場所だって説は早い時期に廃れていて、今はもう一般的に信じられてないんだ。だけど、だからこそ誰も顧みないここが一番怪しいとわたしは考えたわけなんだよ。ここじゃないって反論も今一論拠に乏しいしね。ひょっとしたら、埋蔵金をここで発見した何者かが、人々の目を欺くためにそんなデマを流したってことも……」

 俺がそうしたそこはかとない疑問を抱いていると、それを知ってか知れずか乙波がまた、そう独自解釈による解説を付け加えてくれた。

 なるほど……それでこの放置状態か。ま、この明らかに自然のままの洞窟見れば、誰だってそう思うだろ……てか、あんたこそデマ吹聴しまくりだよ!

「で、でも、もし埋蔵金見付けたんなら、もうすでに持ち出した後なんじゃないか?」

 それでも俺はハナから聞く耳持たない態度をとるのではなく、まずは彼女の仮説に立った上でそう反論をしてみせる。我ながら、真っ向から相手を否定しない、なんと大人な理解ある人間なのだろうか?

「チっチっチっ、甘いな上敷くんは。見付けて運び出すって言ったって400万両もの金塊、どこに隠しておくって言うの? わざわざ他の隠し場所探すくらいなら、そこにそのままにしておくのが頭のいい方法ってもんだよ。お金が必要な時にだけ、こっそり取りにくればいいんだからね」

 だが、舌を鳴らして人差し指を振る彼女に人を小バカにするような目で見つめられ、俺は上から目線にそう反論されてしまった。妙にイラっとさせられたのはともかくとして、なんか、納得いくようないかないような微妙な理屈だ。

「それじゃ、いよいよお宝とご対面だね。400万両、何に使おうかな♪」

しかし、その屁理屈としかいえないようなパラドックスありまくりな論理も乙波の中では整合性を保っているらしく、さっそく背中からショベルとつるはしを引き抜くと、深い下草を掻き分けて洞窟の入口へと近付いて行く。いや、そんな簡単には見付からんだろ?

「ほら、上敷くんもボケっとしてないで! 一緒に掘ってくれないと分け前あげないよ?」

「あ、ああ、はいはい……」

 ふと見れば、そうのたまわる乙波は早や洞窟掘りにとりかかっている。

 今朝、家を出た時にはよもや山の中でこんなことするとは思いもしていなかったが、もうすっかり埋蔵金を見付けた気になっている彼女に尻を叩かれ、こうして俺も仕方なく世に名高い伝説のお宝を一緒に探すこととなった。

「上敷くん、もっと腰入れて! そんなんじゃ日が暮れちゃうよ?」

「…ハァ……ハァ……ああ、わかってるってっ……フンっ…」

 長年、忘れ去られている間に雨水などで流れ込んだのであろう。濃厚な土と草の臭いのする空気を吸い込みながら、入口を塞ぐ枯葉や土砂の堆積物を乙波とともに黙々と取り除いてゆく……まあ、男女の体力差があるので文句は言えないが、俺がシャベルで彼女が小さな移植ゴテというのはなんとも不公平感が否めない。

「――ハァ…ハァ……とりあえず、葉っぱと土は取り除いたけど……もう、これ以上は無理そうだよ?」

 かれこれ小1時間ほど、昨日に引き続き今日も過酷な肉体労働に従事していると、やがて洞窟の中へも潜り込めるほど、狭かった入口はもとの大きさまにまで拡大した。

「ああ、ほんとだ。なんか硬い岩みたいなのになってきたね」

 ところが、入って僅か1メートルの所で、今度は崩落したと思しき礫の壁に俺達の行く手は阻まれてしまう。

「いずれにしろ、このシャベルじゃもう役不足だな……」

 ガチィィィーン!

「痛っつ~……ダメだ。やっぱりビクともしないよ」

 ならばと得物を取り換え、その岩の壁につるはしを振るってみたが、あまりの硬さにこちらの手の方が痺れてしまう。

「うーん…ここからは人の手じゃ無理か……この洞窟説が間違いだとされるようになったのって、以前、地元資産家の有志がここを発掘した時に何も出てこかったからなんだけど……その時もこの礫の山はあったのかな?」

 手をジンジンとさせて呻く俺の傍らで、対象的に無傷で体力も疲弊していない乙波が礫壁に張り付くと何やらおもむろに調べ始める。

「なんか、人工的に積まれた感じがするな……ぢつはその時、資産家の有志達はちゃんと埋蔵金を発見してて、それを隠すためにもう一度この礫で埋め戻したとか?」

 いや、俺の目にはどう見ても自然の崩落にしか見えないのだが……と、地学や石積みの知識があるとも思えない乙波に俺は心の中でツッコミを入れる。

「ますますここが怪しいけど……仕方ない。今日のところはこれくらいにして、今度はダイナマイトを用意して来るしかないね」

 そんな穿った見方しまくりの乙波先生であるが、どうやら物理的理由により、本日これ以上の発掘はおとなしく諦めてくれたようだ……けど、そう易々とダイナマイトは入手できないと思うぞ?

「ま、できたら牧場の方にも廻ってみたいと思ってたから、これからそっちを見に行こう?」

「え、牧場?」

 埋蔵金発掘調査の中止を決定し、代りとなる新たなプランを提案する彼女の言葉に俺は思わず色めき立つ。

 今、彼女は牧場と言ったか? ……牧場といえば、あの牛とか羊とかが長閑に戯れていて、トンデモ要素などどこにも見当たらない、カップルがデートやハイキングに行くにはもってこいの……。

「これはまだ未確認情報なんだけど、あそこでキャトミューが起きたらしいんだよね」

「きゃとみゅー?」

 なにはともあれ、これでようやく普通のハイキングができると淡い期待を抱く俺だったが、乙波はまたしてもよくわからないことをその小さくカワイらしい口で語り出す。

「そ、キャトルミューティレーション。宇宙人が牛をさらうあれだよ」

 ああ、あれか……宙に浮くUFOから光線が発せられ、地上の牛が空中へ吸い上げられているを誰しも一度はテレビなどで見たことがあるだろう。なんでも、地球の生物を調査するのが目的だとかで、そのキャトミューにあったと思しき、目や性器を切り取られ、血液をごっそり抜き取られた牛の死骸が牧場で見付かるのだそうだ……にしても、その恐ろしげな内容に反して、なんともファンシーな響きの略し方である。

「ここへ来たついでに、ほんとにキャトられた牛がいるかどうか確認もしてきたいんだあ」

 なるほど。俺の牧場に対するトンデモとコラボする可能性認識が甘かった……それは確かに埋蔵金にも増して、乙波の興味を惹く絶好のネタかもしれない……。

しかし、だ。

「あ、あのさ、その前にここらでお昼にしない? ちょっと時間は早いけど、俺、今の肉体労働のせいかお腹ペコペコで……」

 埋蔵金探しを諦めるもすぐに気持ちを切り替え、休む間もなくまた新たなトンデモ調査へ向かおうとする彼女を俺は慌てて引き止める。

「ああ、そういえば、わたしもお腹空いたかも……そうだね。それじゃ、先にお昼にしよっか」

 おし!

 その色良い返事に、俺は彼女に気付かれぬよう密かに脇で拳をぎゅっと握りしめる。

 ……そうだ。この明らかに俺の知るハイキングではないハイキングを世間一般的に言うデートへ近付ける方法がまだ一つだけ残っていたのだ……その唯一無二の方法、それが〝お昼のお弁当〟である。

 実は昨日、乙波に――


「あ、つきあってくれるせめてものお礼に、お昼はわたしが用意していくから持って来なくてもいいよ!」


 ――と、そんなうれしい言葉をあのカワイらしい笑顔で言われていたのだ。昨日は味気ないコンビニにぎりだったが、今日はぐっとレベルアップして彼女の手づくり弁当である。

 長閑な山の中、二人っきりで食べる彼女手づくりのラブラブ愛情たっぷり弁当……ちょっと景色はアレだけど、人気のないここならば、誰にも邪魔されることなく恋人達の時間を楽しめる――


(妄想中)

乙波「――はい、あーんして❤」

俺「あーん…もぐもぐ……うん。このたまご焼き、すっごくおいしよ! やっぱり俺への愛がこもってるからかな?」

乙波「もう! やだあ、上敷くんったらあ……じゃ、次はタコさんウィンナーね。これにも隠し味にわたしの愛をい~っぱい振りかけてあげる♪ おいしく、おいしく、おいしくな~れ♡ はい、あーん」

俺「エヘヘヘ……あーん――」


 ――とかなんとかしちゃったりして……。

 そして、他には誰もいない静かな山奥で若い男女が二人きり、そうやってチチクリ合っている内にお互い感情が高まり、ちょっぴり背伸びして大人でムフフ❤なイケナイことをする方向に行ってしまったり……って、何考えてんだあっ!? 気が早過ぎるぞ俺っ! 落ち付けえ……落ち着くんだあ……まだ二回目のデートなのに早まってはいかん……あ、で、でも、き、キスくらいならそろそろ……。

「はい、これ。これなら歩きながらでも栄養補給できるから便利だよ」

「…………え?」

 しかし、そんな都合のよい妄想に伸びきった俺の鼻先へ、彼女は銀色のビニール容器に入ったゼリー状の栄養補助食品を突き付けてくる。あの、プラスチック製のキャップを取ってチューチューと吸うやつだ。

「え、えっと、念のために確認するんだけど……もしかして、これがお昼?」

「そだよ。わたし、これ好きなんだ……あ、グレープフルーツ味嫌いだった? マスカット味の方がいい?」

 まさかと思いながらも尋ねた俺のその質問に、彼女はニッコリと愉しそうに笑って、そのまさかな答えを返してくれる……頼む! 頼むから「違うよ」と否定してくれ!

「グレープの方がマルチビタミン配合でいいと思ったんだけど……じゃ、上敷くんはマスカット味の方。はい、遠慮しないでいいよ?」

「あ、ああ、どうもありがとう……いただくよ……」

 こちらの心情など知る由もなく、無邪気に差し出すそのコンビニかスーパーで買って来たと思しき栄養補助食品を、俺はぎこちない笑みを浮かべながら、ショックに震えの止まらない手でゆっくりと受け取る……何味がマルチビタミン配合で他のは何配合なのか知らんが、そんな些細な味や栄養素の違いなどどうだっていい!

 ……嗚呼……さらば、夢の手づくり弁当と俺のハイキング・デート……。

 昨日よりもレベルアップどころかコンビニにぎりよりもさらに一段とレベルダウンした……俺のしたかったチューはこんなチューじゃない………。

 俺は、青春のように甘酸っぱい味のするゼリーをチューチューと吸い出しながら、今日も心の中で男泣きに泣いた。

「上敷くん? どうしたの? なんか涙が出てるよ? そんなにおいしかった?」

 いや、どうやら実際に泣いていたようだ。しかも、頬に何か熱いものの流れるのを感じるのでたぶん号泣である。

「ああ、すごくおいしいよ……なんかこれ、ちょっと塩気も利いてるね……」

「そう? よかったあ~。じゃあ、午後のキャトミュー調査もがんばれそうだね♪」

「ああ、がんばるよ……そうだね、人生、がんばって生きてかないとね……」

 その後も傷心の俺を引っ張り回してのトンデモ調査は夕方まで続き、こうして俺と彼女の第二回目のデートも、とてもデートとは思えないものに終わったのだった……。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます