Case2 蓬莱池のホッシー

 そして、今週末の土曜である。

「――こうしてボート漕ぐのなんてっ……昔、親と遊びに行った時以来だよなっ……」

 あの時かわした約束通り、現在、俺は天根乙波と目之頭めのがしら公園へデートにやって来て、園内にある蓬莱池ほうらいいけで彼女と二人、ボートに乗っている。

 この目之頭公園は市内有数の市民憩いの場であり、デートスポットとしてもそれなりに人気のある場所だ。

 水上から園内を見渡せば、家族連れに混じって若いカップルもあちこちに確認することができ、また大きな蓬莱池では古くから貸しボート業が行われているので、俺達同様、ベタで古風なボートでのデートを楽しんでいる者達もちらほらと見受けられる。

「……なかなかっ……一人でオール漕ぐのってっ……体力っ……要るねっ……」

 だが、がんばってオールを漕ぎながら話しかけても、一緒に乗っているはずの乙波はまるで返事をしてくれない。

「……そろそろっ……限界っ……ハァ……ハァ……もしも~し! 乙波さ~ん! 何か見付かりましたぁ~っ!?」

 俺は乳酸の溜まって鉛のように重くなった両腕を休めると、激しく肩で息をしながら一メートも離れていない彼女に向かって大声で叫ぶ。でなければ、おそらく彼女の耳には届かないからだ。

「………………」

 だが、それでも聞えなかったのか? 波風のない静かな湖面同様、舟上にはまたしても時間が止まったかのような沈黙が流れ、独り大声で喚くけったいな俺の言動に、近くを通り過ぎるボートのカップルが不審そうな目で視線を注いでゆく。

ま、例え俺の大声がなかったとしても、そんな目で見られるのも当然のことだろう……なにせ、今、俺の目の前では、乙波が水中眼鏡とシュノーケルを装着し、人目もはばからずに池へ顔を突っ込んでいるのだから。

「…ぷはっ……どうしたの? ボート止まっちゃったよ?」

 俺の声は聞こえなくとも、どうやらボートの失速には気付いたらしく、水中から顔を上げると、彼女はシュノーケルの吸い口を吐き出しながら訝しげに尋ねる。

「…ハァ……ハァ……どうしたもこうしたも……てか……ハァ……ハァ……なんというか、まあ……」

 そのフリルの付いた女の子らしい萌黄色のワンピースに、水中眼鏡とシュノーケルというアンバランスでシュールなファッションもこれまたものスゴイ眺めだ。

 常識ある一般人諸氏の方々は「なぜ彼女がこんなことをしているのか?」という大いなる疑問に当然、捉われていることと思う。かく言う俺だって、突然、彼女が池に頭突っ込んだの見た時にはそうだった。疑問に思わない方がどうかしている。

 だが、彼女は何もふざけたり、ウケ狙いでこんなことをやっているのでもなければ、そうしたお茶目な一面を見せることで、「まったくもう、このカワイイやつめぇ」と俺の気を惹いて、よりいっそうデレデレにさせようという、あざとい作戦を取っている小悪魔なわけでもない。そのような浮ついた気持ちなど微塵も差し挟む余地がないほど、彼女としてはいたって真剣なのだ。

 周りの痛すぎる視線をものともせず、白昼の公園で堂々と、乙波がこんな奇妙な行動を取っているその本当の理由……それは最近、この蓬莱池で目撃されたというUMA(未確認生物)、通称〝ホッシー〟を探すためなのだ。

 なんでも、そのホッシーなる怪物は背にノコギリ状のヒレが生えた爬虫類的な生き物で、一週間ほど前、水上へ覗かせたそのヒレで湖面を波立たせながら泳いでいる異様な姿が、早朝、ジョギングをしていた一般市民によって目撃されたらしい……。

 ローカルなテレビニュースでも取り上げられ、ちょっとした騒ぎになっていたので俺でもその話は知っている。簡単にいってしまえば、いわゆる〝ネッシー〟みたいなやつで、太古の昔に絶滅した首長竜、特にプレシオサウルスの生き残りである云々という説が今のところ有力だ……無論、トンデモの間限定であるが。

 悲しいかな、そもそも乙波がこの公園でボートに乗りたいと言い出したことからして、別に俺とここでデートがしたかったわけではなく、端(はな)っからそのホッシー捜索をすることが目的だったのである。

 けして認めたくはない、できれば目を逸らしたくなるような現実なのであるが……俺はデートの相手というよりも、いうなれば彼女の捜索を手伝う助手といった存在なのだ。

「……ん? 上敷くん、なんか息が荒いね。大丈夫?」

 濡れた前髪を掻き上げつつ、水中眼鏡をツルツルなおでこの上へとずらした彼女は、小首を傾げながら暢気な声で尋ねてくる。

「…ハァ……ハァ……あ、ああ、ちょっと疲れただけだから……で、何か見付かった?」

「ううん。それが全然。アノマロカリスの一匹すら見付からないよ……」

 大丈夫じゃないほど肉体も精神も疲労していたが、男としてはカノジョの前で弱音を吐くこともできず、多少見栄を張って平気な顔を装うと、乙波はそんな俺の心中も知らず、首をふるふると振って残念そうに項垂れる。

「アノマロカリスて……」

 アノマロカリスとは古生代カンブリア紀に生息し、その時代、食物連鎖の頂点に立っていた水棲絶滅生物である。見た目、口元から牙のように二本の巨大な触手が伸びた、身体の側面にヒレ状の脚がたくさんあるエビみたいなやつだ。

 確か〝スカイフィッシュ〟という透明で空を飛びまわる昆布のような形状のUMAは、そのアノマロカリスがぢつは絶滅せずに生き残り、生息圏を空中にまで広めたばかりか、肉眼では捉えられぬほどの超高速で飛べるように進化したものだという説が一時期あったような……ま、その後、そうした超常現象系のスペシャル番組で、実際には飛んでるハエなどをカメラで撮影した場合、機械上の問題で映る残像がその原因だったという説明がなされていたと思うが……。

「はぁ……わたしも疲れたから、一息入れようか?」

「ああ、そうしてもらえると助かるよ……」

 現在、朝の9時から始まって早や2時間が経つ懸命の捜索においても、ホッシーどころか、そのトンデモ系と親和性の高い古代の絶滅生物すら見付からず(いや、見付かったらその方が大ごとなのだが…)、大きく溜息を吐いてそう提案する彼女に、俺は内心、胸を撫で下ろしつつ、その意見に賛同した――。


「――はい、お待たせ。すっごく冷えてるよ」

 ヘロヘロになった身体を引きづりつつも、女性に優しい紳士的な男であるところを見せようと、必死に自販機まで行って買って来たコーラの一本を俺はベンチに座る乙波へと差し出す。

「ああ、ありがと……ん……」

 いったいどこで売っていたものなのか? 濡れた前髪を〝ナスカの地上絵〟がプリントされたピンクのスポーツタオルで拭いつつ、顔を上げて礼を言おうとした彼女だったが、俺の手の中にあるコーラの缶を見た瞬間、その表情が見て取れるほど嫌そうに歪んだ。

「あ、もしかして炭酸ダメだった?」

「ううん。そうじゃないんだけど……」

 強張ったその顔に俺が尋ねると、乙波は申し訳なさそうな様子で首を横に振り、またちょっとトンデモが入ってるその理由を説明してくれる。

「せっかく買って来てもらって悪いんだけど、コーラって骨を溶かす成分が入ってるんだよ?だからわたし、絶対飲まないようにしてるんだ。上敷くんも飲まない方がいいよ?」

「いや、それはただの都市伝説だと思うんだけど……」

 無論、なんら医学的根拠のない都市伝説である。でなければ、今頃メタボなアメリカ人なんざ、ことごとくタコみたいな軟体動物になってしまっていることだろう。火星人が来襲するのを待つことなく、アメリカは既にタコ人間の国だ。

「ううん! 絶対そうだよ! むしろ、そうやって都市伝説だっていう嘘を広めて、みんなを煙に巻こうとしてるんだよ! ここだけの話……わたしが思うにはね、おそらく世界を牛耳ってる某秘密結社が自分達以外の人間を弱体化させるためにコーラを売ってるんじゃないかな? もちろん、みんなを弱らせて支配しやすくするためにね」

 だが、彼女はまっこうからそのガセ情報を信頼し、さらには周囲に目配せをした後、小声になって自分独自の陰謀論まで付け加えてくれる。

「都市伝説ってのはね、もっとこう、科学的根拠がまるでないもののことをいうんだよ。そういうとこ、ちゃんと見極めないといけないよ?」

 いや、コーラの話も充分、根拠がないと思うんですが……そして、あなたにだけは科学的云々ということを言われたくはない。

「そうだな、例えば……あ、そうそう! この目之頭公園にまつわるこんな都市伝説は知ってる?」

 醒めた眼差しで見つめる俺を他所に、彼女は顎に人差し指を付けてしばし考えると、また何かトンデモネタを思い出したらしく、嬉々とした表情で口を開く。

「あのね、ここの公園でボートに乗ったカップルはなぜだか絶対に別れるんだって。ああ、そっか。もし、これでわたし達も別れたら、その都市伝説が真実だってことが証明されるね」

 ……乙波さん……痛い……ものすごく心が痛いです……。

 なんら躊躇いも見せず、むしろ愉しそうに無邪気な笑顔でそう告げる彼女に、俺は心の中で密かに男泣きに泣いた。

「ハァ……」

 そして、そんな傷心を紛らわすべく、手にした缶の栓を乱暴に開け放つと、炭酸たっぷりのコーラを無駄に呷ろうとする。お酒は二十歳になってからだが、本当ならアルコールでもかっ食らいたい気分だ。

「ああ! 飲んじゃうの? 骨、溶けちゃうよ?」

「いいんだ。今はタコにでもなって、深いマリアナ海峡の底にでも沈んでしまいたい気分だからね……ああ、深海ならタコよりもダイオウイカかな……」

 それを見て、乙波が真剣な表情で止めようとするが、俺は遠回しにそう嫌味を言うと、炭酸と心の傷に胸を痛めながら、その骨を溶かす悪魔の飲み物を一気呵成に飲み干した。しかもヤケクソになって、彼女の分も含め350㎖を立て続けに2本。

「うぷ……さて、一休みしたし、これからどうしようか? もうそろそろお昼だし、なんか食べに行く?」

 炭酸ガスで胃の中は充分満たされていたが、時間が時間なので彼女のことを考え、俺はそう提案をしてみる。心はズタズタに引き裂かれたが、それでもまだジェントルメンとしての埃だけは失っていない。

「そうだね。でも、時間もったいないからコンビニでおにぎりでも買ってすまそうよ。早くホッシー捜索の続きをしなきゃ」

 だが、彼女は仕事熱心にも年頃の女子とは思えないほど食べることに感心を示さず、いるかいないかもわからないUMAの捜索をなおも続行しようとしている。

まあ、さっき「一息・・入れよう」と言ってボートを下りたので薄々予想はしていたが、俺はまたしても、あの孤独な重労働に戻らなければならないということだ。

「え? まだ続けるの? ……ねえ、これって、デートなのかな?」

 それを考えると思わずそんな言葉が俺の口をついて出てしまう。カップルでUMA探し……しかも、彼氏はただの漕ぎ手役だなんて、俺の知っている〝デート〟というものとは明らかに次元の違う代物のような気がしてならない。

「うん。デートだよ。デートって、カップルで行きたいとこに行って、したいことすることでしょ? じゃあ、わたしはホッシーの捜索がしたかったんだから全然問題ないよ」

 しかし、彼女はまるで疑問を感じていない様子で、相変わらずのカワイらしい笑顔を惜しげもなく披露しながらそう答える。

「あ、ああ、そうだな……うん。これはデートだ。デートに違いない。これ以上にデートらしいデートがどこにあろうか……」

 惚れた者の弱みか? はたまた男という愚かな存在に生れついたが故の悲しきさがなのか? 完全無欠な彼女の笑顔にもうそれ以上、何か反論するようなこともできず、俺は独りブツブツと念仏が如き暗示の言葉を自分に言い聞かせるようにして唱え、拭いきれぬ疑問も強引に拭い去り、無理矢理感極まりなくも、そう思い込むことにしたのだった。

 その後、コンビニにぎり(俺はスタンダードなカナダ産キングサーモンと紀州産梅干しだったが、彼女は〝NASA監修・宇宙食にぎり〟などという、初めて目にする得体の知れないものだった…)による軽い昼食を挟みつつもホッシー探しは夕方まで続き、遠くの空が綺麗なオレンジ色に染まり、池の水面も黒々と辺りが薄闇に包まれ始めた頃、ようやくにして彼女とのデートらしきもの・・・・・・・・はお開きとなった。

 無論、俺が腕に極度の筋肉痛を負っただけで、謎の未確認生物発見に至らなかったのは言うまでもない。

 だが、その帰り際……。

「今日はつきあってくれてありがとう。じゃ、明日は赤毛山(あかげやま)へハイキングに行こうね!」

「…………え?」

 薄暗い黄昏時の公園で、恋人達が密かにちちくり合い始めるロマンティックなシチュエーションの中、そんな短い会話により、次なるデートの計画が彼女の独断で一方的に決められたのであった――。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます