【第19回えんため大賞特別賞】引きこもり勇者VS学級委員長まおう

作者 ファミ通文庫

20

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

魔界と人間界での戦争が当たり前な時代から一転。主人公である勇者は将来的には魔王を倒して英雄になるはずだったのだが、この物語ではまさかの和平条約が確立され、勇者は勇者としていられなくなった。

倒すものもなく、平和な世界をどう救えというのか、そんな柵から勇者は自ら引きこもりになってしまう。
FPS、ゲーム、お菓子、コーラ……オタクなら誰しもが経験のある生粋の引きこもりニートライフを自分の部屋で満喫していた勇者に対して、現れたのはまさかの宿敵である学生の魔王だった!

引きこもりの勇者と天真爛漫な魔王のドタバタラブコメディ!!
こんな魔王なら自分も勇者になりたいと思わせる、それくらい面白い作品です!

Good!

高校に行かず、引きこもった男子高校生の勇者は、テンションが低く、諦めぎみ。
そんな彼の元を、ドアを壊して登場するのは尊大でおおらかで、膨大な魔力を持つ魔王(女子高校生で学級委員)。
彼女は、再びドアを飛ばし、壁を壊し、勇者と会話する。
この二人の会話のテンションがノリが良くて大好きです。
この、ゆるゆるな二人がどういう風に「勇者を登校させるか」の点において、争うか楽しみ!

こんな魔王にならば、ひきこもり止めてもいいかも?。
貴方の意見はどうですか?

★★★ Excellent!!!

最近はなろう系が大流行してて「ウェブ発じゃないと売れない」「異世界以外は売れない」とも囁かれがちで、ラノベレーベルによっては「ウェブ発異世界専門レーベル」と化してそうなとこまである時代。

『まよチキ!』『お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ』といった学園コメディがブレイクしてたのも今は昔。すっかり鳴りを潜めてしまったわ。
ファミ通文庫もニ〇一三年一月に『四百二十連敗ガール』を刊行し、PV(https://www.youtube.com/watch?v=HHZQuTCw1p0)が制作されるまでの盛り上がりを見せたはいいものの、それ以降は学園ものが話題になることはあまりなく、今ではウェブ小説全盛の流れにノリノリ。
『バカテス』のようなぶっ飛んだコメディはもう現れないのか……と落胆してたわ。

そんな中、第19回えんため大賞受賞作に本作を見つけたの!
「学級委員長まおう」というパワーワードに感動したわ!
だって魔王って、普通は地球じゃなくてファンタジーの住人でしょ!?
それが学級委員長やってるってギャップ大きすぎぃ!

そしてあらすじよ!
異世界の魔法学園が舞台なのかと思いきやもろ日本っぽいし!
勇者って引きこもるんだとか、何で魔王が日本にいるんだとか、プリント届けるのは高校じゃなくて小学校じゃないかとかいろいろあるけど「こまけえことはいいんだよ! 俺は現代で学園コメディをやりたいんだ!」って春日山せいじ先生のパッションが伝わってくるわ!
学校に行かせようとする魔王と、断固拒否して引きこもりたがる勇者のバトルが後に勇者パーティーと魔王軍を巻き込む一大事に発展するとか、動機のくだらなさに反比例するかのごとく無駄に壮大な展開!
これよこれ! ラノベはこれぐらいぶっ飛んでないと!

間違いなく期待の新作よ! 発売が待ちきれないわ!