戦隊モノで俺が黄色だった謎 〜放課後戦隊アフターファイヴ!〜

作者 Un-known

62

23人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

知り合いのラノベ好と本の話をしていたら読めと言われたんだけど、めんどくさくて読んでなかった。でも、カズオ・イシグロの『浮世の画家』を読んだ後に読み始めたら面白くて一気に読んでしまったよ。カズオ・イシグロの直後に読んでも面白かったんたんだから大したものだと思う。人称とか「あれ?書き間違え?」と思ったところが伏線だったりして良く出来てる。まだまだ続きそうだから、続きも楽しみだね。
ついでに著者の他のも読んだけど面白かったよ!

★★★ Excellent!!!

猫をかばってトラックに轢かれた男子高校生が、改造手術で戦隊ヒーローの黄色として蘇り、悪の手先から自分の身を守るために仲間探しに奔走するという、なんともやるせないストーリーが面白い。

主人公の家路君は、勉強も運動も平凡で、いつもエロい妄想ばかりしているけど気になる女の子の前では挙動不審でまともに喋れない。まあ、非モテで地味な陰キャはこんなもんだよねというキャラクター像が、悲しいかな共感してしまう。

戦隊ヒーローの黄色といっても、防御特化型で戦闘力のない彼は悪の手下に襲われても手も足も出ず、世界の平和よりもまずは自分の身を守るために仲間を探し、見つけたかと思えば脳筋な赤色のフォローに回りと、ヒーローらしからぬ苦労ぶりが申し訳ないのだけれど笑いを誘いました。

どうしてこうも世の中、黄色ばかりが差別されるのか! 黄色だって頑張って生きてるんだよ! カレー好きだから世知辛いってか! 次の戦隊ヒーローは黄色を応援したくなりました。

(新作紹介 カクヨム金のたまご/文=愛咲優詩)

★★★ Excellent!!!

黄色=カレーは、もはや世間一般のコモンセンスとなっていますが、
その方程式に彼が加わるなんて、誰が予測できたでしょう?

そもそも偉大なカラムチャンドをバファ〇ンの成分みたいに扱った小説は、多分この作品が世界で初めてなんではないでしょうか。

作者さんがイ〇〇政府に抹殺されないかだけが気がかりです。

★★★ Excellent!!!

そんな風にヒーローが存在するとは*

まさか黄色になってしまうなんて*


黄色の意味に、なるほどと納得しました*


思いがけないできごとからはじまる
衝撃の展開*

大変だけど*
軽快なやり取りが
面白く笑ってしまいます*


悪とヒーローの存在の仕方が
斬新で面白いです*


でも、たしかに*もしかしたら、
そうかもって思ってしまいます*

Hiが呼び寄せる*

困難が待っていそうですが・・*


メンバーも濃い予感がします*