亜人の行進

作者 六連 シロク

31

12人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

 亜人たちの未来をかけた戦いに挑む亜人たちの気持ちと想いが、作品を読んでいる読者にもしっかりと伝わってくる作風が魅力だなと思いました。ドワーフやリザードマンなどの亜人も多数登場するので、ファンタジー特有の異世界を十分に堪能出来る作品です!

 行進曲「出会い」編を読み終えたばかりですが、続きの「戦火」「虚影」編で主人公たちがどんな世界を勝ち取るのか楽しみです!

★★★ Excellent!!!

残酷描写が嫌いでなければホントお勧めです。
あらすじもキャッチも淡々としているのにこの密度!
まるで一流のオーケストラを従えたコンダクターのような指揮。
私は読んでいて恐怖を覚えました。

もし、この方が地獄を奏でよと指揮棒を振ったのなら……と。

★★★ Excellent!!!

 非常に現実的で、残酷なストーリーが目を引きますが、その中には登場人物達の熱い気持ちが煮えたぎっているのがよく伝わってきます。それのよって、各々の行動に思わず感情移入してしまい、一つのシーンが終わる度に深く息をついてしまいます。
 また、戦闘描写も全て最適と思えるような論理に則って、細かく設定されてあり、疑念を挟む隙は一切見せてくれません。
 間違いなく傑作の予感がします。続きがとても気になります!