僕は異世界で、粉物屋を始めたよ!

作者 かず斉入道

137

54人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★ Very Good!!

子供の頃からの夢だった、お好み焼き屋を開いてはみたものの……客商売が上手くいかず、腐りかけていた割とダメ男な主人公。
その彼が妹ドラゴンに異世界へと召喚され、現世との間で接続されてしまった店舗を彼女達の魅力によって異世界人相手に繁盛へと導く物語です。

主人公とドラゴン達の視点で文章は綴られていて、やや変わった語り口調ですが……慣れると各キャラの個性として受け止められて面白く感じます。

ほのぼのとした気分に浸りたい人は、是非どうぞ、お読みになってみて下さい。

★★★ Excellent!!!

生地の上に具材をのせて焼くが如く物語はすすんでいきます。
シンプルにして、それぞれの具材の味が合わさっていく。
見ていて食欲がそそられていきます。

積み上げていくのは、男のロマン? それとも支え合う絆?
味わい深いソースの異文化交流。
一つ一つの具材を合わせて、丁寧に焼き上げていく感じが、物語ににじみ出ている気がします。
非常に軽快で、リズミカルに展開していく様は、ザ・ラブコメ!
よだれを拭きつつ、味わってください。