風の謡*第一章 // 「別れの唄」

その日。俺を閉じこめ護っていた檻は、いとも簡単に瓦解した。

The Overture

「……こっちだ。気をつけて、すぐ上に太い枝がある」

 暗闇の中、押し殺した声でアルトが言った。

 深い森の中である。足がつきにくいだろうと思ってのことだったが、ここには獣道といえるほどの場所もない。好き放題に伸びた枝葉で傷を作りながら、アルトは何度も振り返る。

「頑張れ。もう少し、もう少しの筈だから」

「ばかやろう、俺のことなんかより、自分のことを心配しろ」

 アルトの後へ続くもう一つの影が、低い声でそう唸った。アルトはその威勢の良さに苦笑しながら、手負いの連れが少しでも歩きやすいようにと、辺りの茂みを踏み固めながら歩く。

「俺なら、大丈夫」

「少し前まで宮殿から出たこともなかった奴が、よく言ったもんだ」

 弓のように細い、月夜のことだ。雲はない。夜空には小さな星々が、なんの規則性もなくそれぞれに輝いている。

 突然前方の茂みが揺れて、アルトは小さく身震いした。なんということはない。鳥が飛び立っただけの話だということに気づいてからは、両手の拳を握りしめ、再び歩き始める。胸につけたペンダントが、軽くはねる。落としては大変だと考えて、アルトはそれを、服の内側へとしまった。

「アルト、腹は減らないか」

「大丈夫。でも何か食べたいなら、探してくる」

「いや、いい。お前が平気なら」

「怪我、まだ痛むか?」

「たいしたことはないさ。怪我をしていようが、箱入り育ちのお前さんよりは歩けるぜ」

 しっかりとした声だ。だが平常の彼を知っているアルトには、その声の裏側に隠された疲労がうかがい知れた。

 急がなければ。少しでもはやく、安全な所へ。清潔な場所で手当を。

「――アルト。町に着いたら、頼みがあるんだ」

「あんたが俺に頼みなんて、珍しい。今じゃ駄目なのか?」

「駄目だ。今は逃げ延びることだけ考えろ」

「わかってる」

 連れに聞こえるよう、アルトは笑った。昨日までのように、何事もなかった時のように、明るく笑ったつもりだった。

「大丈夫さ。大丈夫。俺にはあんたが、あんたには俺がいる」

 例えこの先に、闇の道しか見えなくても。

 例えもう、二度と戻れはしない道だとしても。

「大丈夫」

 アルトはもう一度、呟いた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます

新規登録で充実の読書を

マイページ
読書の状況から作品を自動で分類して簡単に管理できる
小説の未読話数がひと目でわかり前回の続きから読める
フォローしたユーザーの活動を追える
通知
小説の更新や作者の新作の情報を受け取れる
閲覧履歴
以前読んだ小説が一覧で見つけやすい
新規ユーザー登録無料

アカウントをお持ちの方はログイン

カクヨムで可能な読書体験をくわしく知る