幼女マスター

作者 ハムカツ

29

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

古今東西、多様な幼女が存在する。
ロリババア、年上ロリ、ガチロリetc…
この幼女はいずれでもない、幼女マスターに他ならない。
妖艶な雰囲気を醸し出す幼き彼女は、言うなれば妖女…私も彼女の魅力にすっかり虜になっている。

日々の疲れを感じる人にこそ、妖女の癒しをば。

★★★ Excellent!!!

 幼女マスター…この言葉を聞いて、どんなことを思い描くでしょうか?勿論、俺のように幼女を調教するマスターというものを考える人もいるでしょう。しかし、それらの全てはいい意味で裏切られます。そして、想像は裏切っても期待を裏切らないのがこの作品。不思議なミスマッチがもたらす、ほんの一時の安らぎの夜。幼女は全てを迎え入れ、そして認め、最後に送り出すのです。全身全霊で奉仕しながらも、媚びずへつらわず、ただただ寄り添ってくれる…この物語は、読んで笑えてしんみりできる作品ですヨ!

★★★ Excellent!!!

「いっそウサギになりたいのぅ…」と呟いた老マスターが、
その後、目の前に現れた幼女を見て、
「いや、できたら幼女になりたいのぅ…」と、言い直したというのは有名な話。
そんなマスターのいる、木組みと石造りの街の古びたお店の日常…

(本レビューはフィクションであり、本編とは全く関係ありません)