共生のイブ

作者 秋田川緑

30

10人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

イブは生きていくために、主人公の体液、特に精液を欲する。
主人公は生きていくために、イブに身を守ってもらわなければならない。
だが、主人公はイブと交わることができない。
なぜなら、主人公は愛を守りたかったから。

しかし……。


読んでいると、「怖い」と意識するよりも先にドキドキする。
これはもしかしたら、無意識に恐怖を感じているのかもしれない。
異形のバトル、そして異形の共生関係が、ドラマを盛り上げる。

主人公の選択は?
そしてイブはどうする?
この結末は……はたして!?

最後までドキドキさせてくれそうな話である。

★★★ Excellent!!!

 『飼育』は愛であるのか、支配であるのか? この作品が全編を通じて読者に投げかけてくる命題だと感じました。それは、作中において二度、描写される『飼い犬』の死というシーンが暗示するモチーフでもあります。主人公、浩介はまさしく『人ならざる者』によって飼育される立場へと堕ちてしまい、ゆえに生きることの意義と理由を求め続ける。それがいかに難しいことであったとしても……。そして、物語は浩介の意志と勇気によって、『オーバーロード』たる存在、イブに予想外の行動を起こさせる。
 本作はある意味、古典的なSF作品として分類される「静かなる侵略者」を題材としています。まだ純粋なSF作家であった頃の筒井康隆氏などもこういった作品を手掛けている、非常に伝統的なジャンルであります。そうした、古き良きSFの香りを漂わせる一作であったと評価いたします。