遺された魔剣

 一夜を明かしてもまったく実感がわかないまま、僕はぼんやりとした目を擦りながら一階のカウンター前に向かった。ベッドはちょっと硬かったけど奴隷の身分でそんなこと思えるだけ幸せなのかもしれない。


 僕が起きてきたのは三番目だったみたいで、もういつもの場所にミオさんとロウさんがいた。ミオさんは見るからに毎日早起きって感じだけど、ロウさんは相変わらずソファに寝ているからいつ起きていていつ寝ているのかよくわからない。


「早いな」


「ベッドが変わるとどうしても寝にくくなっちゃうんです」


 新しい世界にも新しい部屋にも慣れるまで時間がかかりそうだ。それはたぶん今日向かう迷宮ダンジョンの実態にも影響されるだろう。僕より前に川越に来た人たちが何人も脱落しているんだから気の強い方じゃない僕には厳しい世界だろうという覚悟はできている。


「まだ決心つかないか」


「それは、はい。だって死霊ファントムってエレナさんや勇さんでも勝てないんですよね? それを僕がどうにかっていうのは」


「そりゃああいつらじゃ絶対死霊ファントムには勝てない。でもお前になら可能性はあるんだ。ちょっとついてこい」


 そう言ってロウさんは体を跳ね上げるように起こして普段使っている入り口とは逆に歩き出す。なにごとだろう、と思ってミオさんに視線を向けると、無言で首を振ってロウさんの背中を手で示した。まずはついていけ、ってことだ。


「昨日お前を助ける、って言ったよな? 本当は俺たちもお前に助けてもらいたいんだ」


「え?」


死霊ファントムはな、人間にしか倒せないんだよ」


 ロウさんの言っていることはよくわからなかったけど、とにかく僕はロウさんの背中を追いかけて裏口のドアから外に出た。


 建物の隙間に出来たスペースに押し込むように作られた裏庭は三坪くらいのもので、ギルドのみんなが寝転がったらそれだけで埋まってしまいそうな狭さだった。ほとんど何も置かれていない寂しい裏庭の奥に、小さな石と大きな剣が並んで立っていた。


「お墓……」


 たぶんそうだ。綺麗に研磨されてなにか文字の彫られたお墓は僕の知っているものとは少し形が違うけど、見ただけでわかる神秘性を持っていた。


「このギルドの創設者ってとこか」


「人間、なんですか?」


 ロウさんに確認してから僕はお墓の前にしゃがみ込んで文字を読んでみる。やっぱりここでも日本語で書いてくれていて、すんなり読むことができた。お墓の隅に『海斗かいと』という文字を見つけて、これがこの下で眠っている人の名前だとわかる。


「海斗はな、迷宮ダンジョンに行けるほどの実力はなくてな。剣闘士グラディエイターとして闘技場コロッセオで戦っていたんだ」


 ロウさんは準備していたらしい水をお墓にかけてその上をゆっくりと撫でた。


迷宮ダンジョン魔剣アリシアが見つかったってんで、それを賭けた剣闘大会が開かれたんだ。そこで勝てば迷宮組に戻れるって話だった」


「海斗さんは迷宮ダンジョンに行きたかったんですか?」


闘技場コロッセオでいくら勝ったところで木剣ルディスには近づけない。それに剣闘は人間同士で斬り合う見世物だ。同じ人間を傷つけるのが海斗は嫌だったんだろう」


 ロウさんはお墓の隣に刺さっている両手剣ツヴァイハンダーを見た。こっちの方がお墓と言われても信じてしまうかもしれない。僕の背丈より少し短いくらいのそれは、黒ずんだ鉄のように見えるけど、実際は何でできているのか僕にはわからなかった。刃の部分もあまり研がれていないようで、見ていると加工したというよりも最初からこの形をしていたんじゃないかと思えてくる。


「それはそのときの優勝賞品だ。そのくせあいつは一度も握らずに死んじまいやがった。俺にそいつを預けてな」


 抜いてみな、とロウさんに言われて、僕はその両手剣の柄を握った。地面に刺さっていた部分は思っていたより長くて、僕の身長と剣の長さはほとんど変わらないようだった。ずっしりとした重さが全身にかかる。持っているだけでやっとという感じで、とてもこれを振って戦うことなんて想像もできなかった。


「それが昨日話した魔剣アリシアだ。人間ヒューマンだけが振るえる死霊ファントムを斬る剣。それを振るうことができるから、川越ここ人間ヒューマンは存在する価値がある。そう言われる代物だ。大切にしろよ」


「いいんですか? 僕が使っても」


「それがあいつの一生のお願いってやつらしいからな」


 ロウさんは少し寂しそうに笑ってまた海斗さんのお墓を撫でた。


魔剣アリシアに俺たち亜人プルシオスは触れることすらできない。海斗がここに刺してからお前に引き抜かれるまでずっとここで待っていたんだ。存分に振るってやれ、決して手を離すなよ」


 そう言われて僕は無意識に魔剣アリシアを握る手に力がこもった。これを振っている限りは川越で存在価値がある。それは間違いなく人間がここで奴隷として扱われている理由そのものなんだろう。


 死霊ファントムを斬ることができる剣。それを僕に扱えるだろうか。ううん、扱うしかないのだ。元のただ勉強していれば許された平和な世界に帰るためには。あれほど嫌だった受験勉強も今は恋しいくらいに懐かしい。僕は重い魔剣アリシアをなんとか抱えながらギルドの溜まり場と化している一階広間に戻った。


「準備はできたか?」


 広間に戻ると起きてきていたエレナさんに声をかけられた。


「心以外は」


「冗談が言えるなら十分のようだな」


 エレナさんは満足そうに微笑んで僕の頭を軽く叩いた。結構本音だったんだけどな。まだギルドから出てすらいないのに魔剣アリシアを持つ手は震えてきている。このままでは迷宮ダンジョンに辿り着く前に手から離れてしまいそうだ。


 そうなることを予想していたのか、僕の元にミオさんは少し大きなベルトを持ってきてくれた。


「重いでしょうからこれをお使いください。ちょっと大きいですけど」


 皮でできたベルトは肩からかけて大きな魔剣アリシアを止めるようになっている。ちょっとゆるくて外れやすそうだけど、手で持っているより何倍もいい。


「とっさに取り外しやすいようになっているので落とさないように気をつけてくださいね」


「はい、ありがとうございます」


 手で持っていたときよりはずいぶんと楽になったけど、それでも自分と同じ大きさの大きな剣だ。全身にかかる重さはやっぱりずしりとしている。それにこれは海斗さんの形見なのだ。下手な使い方はできない。


「かにゃおにいちゃんかっこいー!」


「うむ、なかなかサマになっているぞ」


 確かに大きな剣を背中にかけた僕はいっぱしの冒険者に見えなくもない。これから行く迷宮ダンジョンに潜んでいる危険に対抗できる力を持っているようにも感じられる。


「今日は俺も出る。誰も傷つけずにここまで帰ってくる。いいな?」


 昨日とはまったく違う声色で、ロウさんが吠えた。


「行くんですか? ロウが迷宮に」


 驚いたような声でミオさんが聞いた。確かに昨日の姿を見ているだけで驚かれるのは仕方がないと思えてしまう。


「なんだよ、そんなにおかしいか?」


「おかしいだろう。昨日変なものでも食べたか?」


「ひさめ、おりょうりしっぱいした?」


 エレナさんと氷雨ちゃんまで追い打ちをかけていく。ロウさんはなんだかなぁ、とつぶやいて、それに答えることなくギルドを出る。


 僕たちはお互いに笑いながら、その背中を追いかけた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます