ねこのおやつ

作者 本間舜久

111

40人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

短い話を読み進めていくうちに、じわじわとこみ上げる面白さに病み付きになっていく、そんな作品です。

よくある言葉遊びもあれば、「そう来たか」という新鮮な発想もあり、次の小話が気になる一心で一気にページを進めてしまいました。
良質なショートストーリーは眠れない夜のお供に最適です。

ぜひご一読を。

★★★ Excellent!!!

よくここまでの不思議で不気味で恐ろしい濃厚な世界を短く読みやすくまとめられるなあと驚きました。
タイトルからは想像もできない背筋に嫌なものを走らせる世界が詰まっています。ホラーだけでなく奇妙なお話もあり、とても面白いです。
ショートショートなのでちょっとした合間に読めるのですが、深い世界に捕らわれると早く次が読みたくなってしまってソワソワします。タイトルの付け方もシンプルゆえにとてもうまいなあとその手腕に惚れ惚れしますね。

★★★ Excellent!!!

何ともいえない、シュールで、怖くて、時に滑稽で……
そんなお話がたくさん収録されています。
一話一話が短いので気軽に読めるという掌編ならではの魅力を損なわずに、それぞれのお話がとても濃厚で楽しめます!

個人的には「ゆでたまご」と「ねこのおやつ」が好きですw

★★★ Excellent!!!

 非常に振り幅の激しい短文の羅列でありながら、どこかレトリックで、どこか深く心に切り込むような感じがする。
 それらに一貫性を感じられるように思うのだが、よく考えるとそうとは限らないとも思う。
 これはおそらく、その人の成長過程や生活環境で大きく感じ方の変わる類の作品だ。
 だから、それぞれが読んで確かめてもらうしかないだろう。