第3話 刺

「あっ、ジャガイモ発見!」

 ローズマリーが棒で突くと、焚き火の中からゴロゴロ出て来た。

彼奴等あいつら、何者ですかね?」

 と、ゼーマンが聞いてきた。

「山賊というなりじゃなかったな」

「何かの運び屋ですかね?」

「食べ頃だよ」

 と、ローズマリーは呑気に構えていた。

「この辺りは余り降らなかったみたいね」

「……」

「どうしたの、ケストナー?」

「そこに誰か居る」

「えっ!」

「静かに。そっちで何かが動いた」

「さっきの奴等?」

「いや……そんなに大きくなかった」

 一帯は低木が群生していた。

 ケストナーはゆっくりと前へ歩を進めた。

「ケストナー、刺が」

 と、ローズマリーが後ろを付いて来た。

「分かっている」

 注意深く踏み入って行く。

 ふと、左下方に視線を遣ると、人影がうずくまっているのが確認出来た。

 やはり子供のようだ。

 逃げられないと悟ってか、動こうともしない。あるいは恐怖がそうさせているのか?

「女の子じゃない。こんな所で何しているの?」

「……」

此処ここら辺の子?」

「……」

 女の子は一言も答えようとしない。着ている服はどちらかと言うと、町の子供のそれだった。

「私はローズマリー。この人はケストナー。私達、旅芸人の一座なの。旅芸人と言っても、軽業師とかじゃなくて、お芝居ね。あなた、お芝居は見た事ある?」

 女の子はおもむろうなずいた。

「そう……嗚呼あぁ、良かったら、お姉さんに名前を教えてくれないかしら?」

「ユッタ」

「ユッタ。いい名前ね。もう一つ、聞いても良いかしら?」

 その、髪の長い女の子は頷いた。

「あなたは先程まで此処ここに居た男達と一緒だったの?」

 再び頷く。

「あの男達は何者?」

人攫ひとさらい」

嗚呼あぁ……じゃあ、あなたもあの男達に攫われたの?」

「別の人」

 攫われた後、少なくとも一回は売買されたのだろう。

「君以外にも、攫われた子供があの馬車に乗っていたのかい?」

 と、ケストナーが割って入った。

「うん……沢山」

「沢山って、どのくらい?」

「私が乗っていた馬車に、十人位。もう一台にも同じ位」

「ねえ、ユッタ。其処そこから出て来ない。此処ここ何時いつまでも長居するのは良くないわ。人気も無いし。じきに陽も沈んでしまうわ。そうしたら、森の中から狼がい出して来て、食べられてしまうわ」

 ユッタは首を縮めた。

「怖がらせてどうする?」

「えー、だって」

 との、ローズマリーのお道化どけた調子に、ユッタがくすっと笑った。

「おっ、笑った……ユッタ。お願いだから、冗談抜きに出て来ておくれ」

 ケストナーが懇願すると、ユッタはようやく重たい腰を上げた。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援した人

応援すると応援コメントも書けます

ビューワー設定

文字サイズ

背景色

フォント

一部のAndroid端末では
フォント設定が反映されません。

応援の気持ちを届けよう

カクヨムに登録すると作者に思いを届けられます。ぜひ応援してください。

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、気になる小説の更新を逃さずチェック!

アカウントをお持ちの方はログイン

フォロー機能を活用しよう

カクヨムに登録して、お気に入り作者の活動を追いかけよう!