第7話 復活

「んん……」

 マルタが漸く目を覚ました。

「痛っ」

「大丈夫かい?」

「あっ、砂男!」

 と、マルタは右手で後頭部を押さえながら、その目を大きく見開いた。

「あれは只の仮面だよ」

 と、ケストナーはお道化どけて見せた。

「気分はどうかな?」

「司祭様……ここは、教会?」

「そう、教会だ。マルタは、何があったか、憶えているかい?」

「……」

「お母さんに怒られた? 叩かれて。突き飛ばされた?」

 マルタはおもむろに頷いた。

「マルタはお母さんの所に戻りたいかい?」

「……」

 マルタは司祭の質問には答えず、ケストナーの方を見遣った。暫し見つめ合い、再び司祭の方を向いた。

「私、暗闇の中に居たの。何も見えなくて。何も聞こえなくて。誰かを呼ぼうとしても、声が出ないの。だから歩いてみたのだけれど、何処までも限りがなくて。疲れて、床に座り込んだら、床が無くて。ちゃんと座っているんだけど、手で触るとそこには何も無くて。底が無いような……そこに落ちるんじゃないかと、怖くて。動けなくなって」

「それで?」

「ずっと長い時間、そこに座っていたの。そしたら突然、目の前がふわっと明るくなって。とても暖かかったの。太陽の陽の光みたいに。私は立ち上がったの。もう、何も怖くなくなって、歩き出してたわ。光の中に向って……」

 マルタは再びケストナーの方を向いた。

「その光の向こうに居た……あなたが」

「マルタ」

 と、司祭は語り掛けた。

「この人が君を生き返らせてくれたんだ」

「私は……死んだの?」

「そうだ。頭を打って」

 マルタは後頭部に手を当てた。未だ傷みが残っているらしかった。

「彼が自分の命を分け与えて、君を生き返させてくれたんだ」

「そうなの?」

「ああ」

 と、ケストナーは短く答えた。

「どうして?」

「なぜかな?」

「半分も命をくれるなんて」

「何で解るんだい?」

 と、ヘルマンが疑問を投げ掛けた。

「まさか、会話を聞いていた?」

「ヘルマン。彼女はもう力を持っているんだよ」

「力? じゃあ、もう妖術師ということなのか?」

「そうだ」

 ケストナーは事実をはっきりと断言した。

「マルタ。君はどうする? お母さんの所に戻るか……あるいは、別の選択も有る」

「別の?」

「私の一座と一緒に、国中を旅して回る。ぐるぐると」

「ぐるぐる?」

「そう」

「マルタ。お母さんと暮らせる事が出来るのなら、それに越したことはない」

 と、司祭が代わりに請け負った。

「だけど、また同じようなことが起こったら。その時、この人は町には居ない」

「……」

「何処かを旅しているだろうから」

「暗闇の中からは二度と出て来れないという事?」

「うむ。良い行いをしている子であれば、そののち天国に召されるであろう。だが、この世にマルタとして生き返ることはない。それだけははっきり言える」

 司祭が優しく問い掛ける。

「どうする、マルタ?」

「行きます」

「彼と共に?」

「はい」

 マルタの顔に迷いは無かった。

  • Twitterで共有
  • Facebookで共有
  • はてなブックマークでブックマーク

作者を応援しよう!

ハートをクリックで、簡単に応援の気持ちを伝えられます。(ログインが必要です)

応援したユーザー

応援すると応援コメントも書けます