終わらないファンタジー

作者 下町ホテル

23

8人が評価しました

★で称える

レビューを書く

★★★ Excellent!!!

一話が短めで、とても読みやすかったです。パドス君が何者なのか、個人的にとても気になります。
少年を助けたリヌクさんも不思議な存在で、彼の旅の目的などは謎に包まれたままです。
パドス君が敵なのか味方なのかわからないところが魅力的な小説で、何となくダークな雰囲気です。なんだか少しずつ危険が後ろから這い寄ってくるような、言いようのない恐怖が侵食してくるようで、これからどうなるんだろうという感じが、逆にすごく良いと思います。リヌクさん、パドス君との旅がんばれ!

★★★ Excellent!!!

生物を石に変える「死の風」。
風の脅威の爪痕が残る地域、メトリタスに訪れた初老の男・リヌクは、1人の少年と出会う。

先の見えない真っ暗な空間の中を、誰かに手を引かれ進んでいくような展開が特徴。リヌクの行き先や少年の背景、そして死の風の詳細など、気になる要素がたくさんあるが、この作品の魅力はそれらの要素を追って行く事だけでは無い。
全体的に退廃的、そしてどこか神秘的に綴られていく物語は、まるで他次元の世界から何かの拍子で飛んできた書物を読んでいるかのような昂揚を生み出してくれる。
終わらない物語の中で明滅する、生命の鼓動を感じてみてください。